サイト内検索

FANZA通販で商品を販売しませんか?- DMM.Shops

サイミンアプリ Another-終わらない寝取られゲーム-

お気に入り登録数33

発売日: 2018/11/30
メディア: DVD-ROM
シリーズ: サイミンアプリ
ブランド: スタジオ奪
ゲームジャンル: 寝取られ頭脳バトルアドベンチャー
ジャンル: 女子校生 催眠 寝取り・寝取られ デモ・体験版あり アドベンチャー 学園もの
原画: さめだ小判
シナリオ: 高尾登山
ボイス: ----
品番: 1973ubai007
平均評価: 4点レビューを見る

メインヒロイン、サブヒロインの6本の短編をクリアすると、新ヒロインのシナリオが解放される。

▼「春日日向」編
催眠術によって自覚のない浮気をしてしまい、それをネタに教師に脅迫され続ける日向。
催眠ゲーム終了後もその関係は続いていた。
罪悪感の板挟みにあっていた彼女だが、ある日ほかの生徒に教師との関係がバレてしまい…。

▼「紫藤エマ」編
催眠ゲームに敗北し、塔矢と引き離され、島田の言いなりになることが決まってしまったエマ。
半分自棄で「好きにすれば」と強がるが、意外なことに島田は解放を条件にしたゲームを提案してきて…。

▼「小野里水奈」編
事件が終わったあとも、接触した男性に恋人と同じ感情を抱いてしまう、厄介な催眠が残り続けている水奈。
恋人である塔矢に悪いと思いつつ、彼女は今日も自分の心に抗えなくて…。

▼「若島美由紀」編
厳しい指導で恐れられている女教師、美由紀。当然、彼女を逆恨みしている学生は少なくない。
催眠アプリを手に入れた一部の生徒は、彼女を学園の肉便器に貶めるべく、復讐を計画する。

▼「櫛田鈴」編
催眠ゲーム期間中、本命の日向に手を出せない井出武雄が目をつけたのは親友の妹、鈴だった。
生意気な彼女を、せっかくだから催眠術ならではの普通ではない方法で辱めていく井出。
本人も知らぬまま、彼女の身体はその快楽に染まっていく。

▼「菊池香央」編
水泳部を中心に活動していた、催眠ゲームの参加者、香央。
本編では比較的後半まで勝ち残っていた彼女が、もし序盤に同じ水泳部の新崎将に敗北していたら――というifストーリー。
調子にのって彼女をいたぶる新崎だが、その責めは香央が普段から西木にされていたことに比べれば生ぬるいにも程があって…。

▼「宮守柚希」編
新キャラクター。
本編ではまったく出番のないまま、序盤のどこかで敗北していた女子。
表向きはおとなしく内向的だが、実際は妬みと欲望の塊である彼女が、もしもそのまま勝ち残っていったなら――というifストーリー。

「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
サンプル画像 画面は開発中のものです

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 

ご購入はこちらから

参考価格 4,104円
販売価格 3,840円(6%OFF)
送料無料 (全国一律)
1注文2,000円以上で送料無料

クレジットカード決済なら
38pt獲得

注文方法の説明はこちら

※価格は全て税込み表示です

ダウンロード版はこちらから


この商品はダウンロード版を今すぐ購入できます

デモ・体験版ダウンロード

デモムービー
DMMダウンローダーで
快適にダウンロードできます。
※Internet Explorer専用です。
DMMダウンローダーとは?

マーケットプレイス予約・出品

マーケットプレイスでこの商品を買おう
マーケットプレイス予約注文
マーケットプレイスでこの商品を売ろう
マーケットプレイスに出品

マーケットプレイスの説明はこちら

  • B
  • t
  • f
製品情報
対応OS   動作環境   推奨環境
WindowsWindows   対応OS:Windows7/8/8.1/10  
CPU: PentiumIII 1000MHz
HDD: ----
メモリー: 2000MB
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 4点

総評価数 3(2件のコメント)

並び替え

  
  •   ネタバレ いかんせんボリュームが…

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    タイトルや概要からも分かる通り、本編のアペンド的な扱いの作品。
    なので値段を鑑みてもボリューム不足はしかたないのだが、それにしても少し物足りなさを感じる。

    また、本編と同様、催眠要素は他催眠特化ゲームに比べると薄く、キャラによっては本編の事後なのでほぼ催眠要素0のシナリオもある。
    (アプリで条件付された後遺症という意味では全くの0とも言えないが…暗示が増えるとか掛け直すという事がない)

    その為、寝取り寝取られオンリーでも楽しめる方は問題ないが、「催眠」目当てで購入すると更にボリューム不足を感じる事になる。
    一応、妹(鈴)と先生(美由紀)のパートは催眠メイン。

    1キャラ大体2~3シーン、値段と見合うかどうかは個人に委ねます。

    レビューを表示する

    kzm23さんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 新キャラ宮守のルートがとてもいい

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    まず、本作の構成は前作6人の個別短編、加えて新キャラ宮守の個別ルートとなっている。
    前作メインの3人の短編はNTRシチュ、前作サブの3人の短編は催眠シチュという感じだった。
    認識操作、ペット化、なりきり、強制レズセックス観賞、官能小説公開朗読、
    など催眠ならではのものが多く、
    (前作メイン3人の短編に催眠要素が薄かったのが少し残念だったが)
    個人的には大満足だった。

    新キャラ宮守のルートについて、
    他の短編よりもボリュームがあり催眠シチュがメイン。
    このルートでは、前作で少し物足りなかった点として挙げられていた
    「主人公が催眠アプリを使うことに積極的でない」
    という点が改善されている。
    今作では宮守が積極的に催眠アプリを使う主人公として活躍する。
    先ほどの個別ルート短編ではNTRが主だったメインヒロインたちも、
    宮守ルートでは彼女の毒牙にかかり、催眠ならではのシチュに巻き込まれる。
    エンドは1つのみだが、宮守ルートでいろいろなエンドが見たかったと思うほどには、
    本当に満足できる内容だった。

    最後に、これは個人的な所感だが、
    催眠シチュでのCGの虚ろ目率が前作に比べて高くなったように感じた。
    ヒロインが虚ろ目状態の立ち絵も何度も登場するので、
    日常を催眠アプリが侵食している、見えない敵に操られている、
    といった感じがよく演出されていると思った。

    総じて、催眠シチュ目当てで購入したため、個人的には非常に満足できる内容だった。

    レビューを表示する

    おきはらさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。