ヘルプ
MENU

デバイスから探す

とにかく美形、とにかく美乳!有栖花あか
【準新作】

お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子

お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子

お気に入り登録数214

対応デバイス: パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、テレビ、PS4
配信開始日: 2020/07/08
商品発売日: 2020/07/09
収録時間: 135分 (HD版:135分)
出演者: 高宮菜々子
監督: chinta.
シリーズ: お願い…許して…今日は危険日なの…
メーカー: グローリークエスト
レーベル: GLORY QUEST
ジャンル: 単体作品  ハイビジョン  アナルセックス  3P・4P  アナル  人妻・主婦  鬼畜
品番: 13gvh00088
平均評価: レビューを見る
銀行の支店長をしている夫とその妻「菜々子」は新婚1年目。とても仲睦まじい夫婦でそろそろ子供が欲しい時期であった。そんなある日、朝食後のコーヒーを飲み終えて夫を会社へと見送った後に玄関のチャイムが鳴る。無警戒にドアを開けてしまった菜々子は見知らぬ男達に羽交い絞めにされてしまう。そして、その男達に犯●れそうになった菜々子の口から発せられた一言「今日は危険日なの…お願いします…オマ○コにだけは…中出ししないでください…」夫との子供を産みたいがためにマ○コへの中出しを全力拒否する菜々子の運命や如何に…。

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

特集

サンプル画像

お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子 お願い…許して…今日は危険日なの… 高宮菜々子
画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 

ご購入はこちらから

※価格は全て税込み表示です

  • t
  • B
  • f

平均評価 4.33点

総評価数 3(1件のコメント)

並び替え

  • 1
  •   普通の主婦が鬼畜レ●プ

    レ●プものって犯●れて堕ちるまでの時間が違うと思うけど、旦那のため、危険日のため、色んな理由で最後まで抵抗してたのが印象的。堕ちないから鬼畜感が増したのかな。涙目で抵抗する姿、ちょっとアヘりながらも逝くのを我慢する姿に興奮。イラマチオも結構見もの?拒絶しながらブフォブフォ咥える菜々子嬢。こちらも涙目。白目までは向いてないけどね。涎が止まらず「常識のある普通の主婦」が戸惑いえずく感じもかなりよかった。叫び声聞いてるだけでズコズコ犯してみたくなるし、とにかくズコズコ鬼畜扱いされる普通の主婦感がたまらなかかった。もっとハードに2穴されるかなとは期待してたけど、まぁドラマものだからそれはないのかな。もっと2穴いけると思ったのと、男優の陰毛が菜々子嬢の太ももにつきまくってるのがそそられた(笑)しかし普通の主婦が、可哀想に。ところどころ朦朧として諦めてるのもリアルな感じでした。オシッコシーンとかね!人妻っていぅかなんか普通の主婦感が今回はよかったです。

    sskoさんのレビュー -ビデオ(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1
  1. 動画
  2.  > 
  3. ビデオ
  4.  > 
  5. グローリークエスト
  6.  > 
  7. GLORY QUEST
  8.  > 
  9. お願い…許して…今日は危険...
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
ビデオサービスご利用方法説明ページへ 会員登録
※月額動画会員の方はこの作品を購入する場合、月額料金に加え別途料金が必要となりますのでご注意ください。