サイト内検索

作品カテゴリから探す

ジャンル

ランキング

シリーズ

題材

対応デバイス

  • CG

【20%OFF】 おねえちゃんは年下好き!? おとなりのナマイキかわいい男の子にイタズラしちゃうよ!

トータル販売数
2,834
( 5 件)
お気に入り登録者数:1,034人

近所の男の子と久々に再会したおねえちゃんが色々と性的なイタズラをして、男の子をオモチャにしてしまいます。
精通から童貞喪失、他にもいろいろなプレイをおねえちゃんが男の子に体験させてあげちゃうお話です!


【あらすじ】

大学生の米倉春菜は学校が冬休みなので、実家に帰省中。おとなりの家にお呼ばれして、ひさびさに幼なじみで年下の男の子の翔太に再会する。
大学でぼっちの春菜は翔太との会話を楽しむが、翔太は春菜のことをからかうようなナマイキ盛りに成長していた…!

会話の最中、春菜は調子に乗った翔太にイタズラで胸を揉まれる。が、なぜか春菜は抵抗できず、勃起した翔太の股間に目が釘付けになってしまった。思わず翔太の股間をなでてしまう春菜だったが、ちょうど翔太の母親が帰宅したことでその日は何事もなかったかのように帰宅した。
帰宅後、自室でそのことを思い出しオ◯ニーにふける春菜は、自分が年下の男の子に興奮していることを自覚する。

翌日から、春菜は自分からおっぱいを揉ませてあげたり見せてあげたり、翔太へ性的なイタズラをするようになる。
春菜のイタズラはだんだんとエスカレートしていき、恥ずかしがる翔太に精通を体験させ、しまいには童貞までいただいてしまう!

その後も春菜は翔太に様々なプレイを要求していき、ふたりのエッチな冬休みは続いていく!

【ヒロイン】

■米倉春菜(よねくら・はるな)

大人しくて引っ込み思案な性格の大学生。
大学ではぼっち街道を突き進んでいる。
近所の男の子の翔太とは昔からの顔馴染みであることと、自分よりも年下の男の子なので、心を許している。
ある日、翔太にいたずらで胸を揉まれ、それがきっかけで年下の男の子に興奮する性癖を目覚めさせてしまう。

【プレイ内容】

・ヒロインの胸を揉んで勃起したち◯ちんに手コキ。
・手コキを思い出してオ◯ニーにふけるヒロイン。
・おっぱいを見せる代わりに勃起したち◯ちんを見せてもらう。
・ち◯ちんにいきなり咥えてフ◯ラ、からの初射精。
・69でち◯ちんをしごきながらの初ク◯ニ。
・ヒロインが男の子を押し倒して、むりやり挿入しての童貞&処女喪失!
・母親がいるすぐそばで、バレないように足コキ。
・母親が買い物に出かけた隙に中出しセ◯クス。
・男の子に女装させてデート。試着室でこっそりフ◯ラ。
・試着室で店員にバレないように挿入中出し。
・授乳手コキして男の子を自分のものにするはずが…。
・散々オモチャにされた男の子の逆襲のアナルセ◯クス。
・最後は仲直りセ◯クス。

◆「イラストと文章」で綴るCGノベル
◆基本CG12枚 本編/文字なし擬音あり/文字擬音なし版の3種
◆合計656枚のボリューム
◆スマホ閲覧用のPDFファイル2種(通常版・軽量版)を同梱

20%OFF

サークル設定価格 972円

価格

777

クレジットカード決済なら:7pt獲得

新着通知設定

このサークルの新作が配信された際に、メールでお知らせいたします。

サークル

  • B
  • t
  • f
対応OS
Windows:2000/xp/vista/7/8/10
Macintosh
動作ブラウザ
ブラウザ視聴作品はInternet Explorer8以降、Firefox3.6以降、Safari4以降対応

補足

Adobe Reader
JPEGローダー
PNGローダー

※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
※Windows2000、XP(SP1、SP2)、2000以前のWindowsOSはDMMサポート対象外とさせていただきます。
※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、DMMサポート対象外とさせていただきます。
※ブラウザ視聴可能なコンテンツは容量などを考慮してDMMで決定しています。
 それ以外のファイルはPCからダウンロードしてお楽しみください。
※マイライブラリ(購入済み作品一覧)の動作環境はiOS9以上を推奨しています。
 それより古いバージョンはサポート対象外とさせていただきます。

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
同人サービスご利用方法説明ページへ   会員登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.8点

総評価数 5(0件のコメント)

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう