サイト内検索

レビュー情報

二次オタさん

  • レビュアーランキング

    8306

  • レビュー投稿数

    13

  • 参考になった割合

    81

並べ替え

  • 1
  • バトル物のラノベ作品

     CGや音楽、シーンなどを全て鑑賞した上での感想です。
     率直に言うと、バトル系ノベル作品としては良かった!!って感じです。体験版をプレイされると分かりますが、画が綺麗ですし、世界観もすぐに入れ込めるような感じです。
     主人公の性格に馴染めない方はプレイするのが辛いかもしませんが、やるときはやる男なので大目に見てあげるということで(笑)
     この手のバトル系ノベルとして珍しいのは、主人公が強すぎない、ということですね。最近の作品は大抵、敵が強いと主人公が覚醒して、仲間はmob扱いという流れが多いですが、この作品は俺TUEEEとは少し違った感じでした。これについては賛否両論あると思いますが、チームで戦っている感じがして、自分としては満足でした。まあ、むしろヒロインキャラは覚醒しますけどね(笑)
     ストーリーの大まかな流れは、それぞれのヒロインが抱える問題を解消していく感じです。結構いい話が多く、主人公もしっかり活躍していて楽しめました。
     気になるHシーンですが、本編とは完全に独立しています。本編中にはラブコメイベントはありますが、Hシーンに突入することはありません。ストーリークリア後に別モードでヒロインごとの攻略シナリオを遊ぶような感じになります。
     正直、ヒロイン1人あたりのHシーン数は多くありません。割とあっさり終わってしまいます。逆に、攻略可能キャラクターは結構多いです。「え?このキャラも攻略できんの!?」ということが多々ありました(笑)
     総じて、Hシーンのボリュームは少なめです。完全におまけと割り切ったほうがいいと思います。
     それと、どうしても1つ気になったのが、主人公の特殊な設定についてです。彼は普通の人とは違うので、恋愛なんかできるのか、まして、性知識なんかあるのか、そこらへんが色々不安でしたが、ヒロインルートでは特に説明もなく、あっさり恋愛して、そのままHシーンに入ります。彼の特殊な設定はシナリオとしても掘り下げてほしいところだったのですが、結局これでは「ただの中2病でした」というだけで、それ以上一切触れられていません。その点が不完全燃焼だったので星1つ分マイナスしました。
     長くなりましたが、体験版をプレイして、「普通にシナリオの続きが気になる!」という方は買ってみてはどうでしょうか。逆に、キャラを見てHシーン目的に買うと、物足りないかもしれません。

    購入・利用済み

    参考になった9

    投票数11

    参考になった9

    投票数11

  • 王道ラブコメの良作

     本作は、ただエッチなだけではない、主人公とヒロインとのやりとりに愛を感じることのできる純愛ラブコメです。
     純愛といっても、イチャコラしているだけではなく、笑いあり涙あり、山あり谷ありで、読み手を飽きさせないストーリーに引き込まれてしまいます。
     ある程度の好みは分かれると思いますが、はずれヒロインはいないと思います。どのルートもしっかり満足できる作りになっていて、全ルートをプレイし終えた今、むしろどのヒロインを推すべきか、かえって悩んでいますw

    参考になった9

    投票数12

  • ヒロインが可愛いテンプレ系

     私が購入したのは初回限定版の方でしたが、全シーンプレイ済みでの感想です。
     まず、最初に断っておくと、ストーリーに過度の期待は抱かない方がいいと思います。ストーリーは完全なテンプレ系で、伏線も非常に分かりやすいです。とはいえ、私の場合はテンプレ目当て、かつ『近未来×刀』という世界観が好きだったことも相まって特に問題はありませんでした。むしろ不満だったのは、ストーリーが意外と短かったことと、Hシーンが各キャラ3つずつしかなかったことです。
     一方で、圧倒的に良かったこともあります。それは、ヒロインがメチャクチャ可愛いこと。絵が綺麗なため、ビジュアル面で映えるのは言うまでもなく、主人公との関わり方が非常にグッド。私は体験版をプレイして、「しおんちゃんをプロデュースしたい!」と思ったことから購入を決意したのですが、内容はまさしく期待通り。主人公が前に出てガンガン戦うのも好きですが、ヒロインを横から支え、彼女達の信頼をどんどん勝ち取っていく過程には特有の充足感があります。しかもこれは、しおんルートに限った話ではありません。
     作中でほぼ無敵の椿さんのルートでは、主人公が椿さんを支えることになるのですが……ネタバレ回避のため多くは語りませんが、椿さんは非常に救ってあげたいと感じるキャラでした。シナリオでは、彼女のルートが一番好きです。
     ダークホースだったのが桜夜。真面目で可憐なメインヒロインで、よくいるタイプのキャラだと侮っていたのですが、Hには意外と積極的。そして、桜夜、椿、しおん、では埋められない性癖の穴を見事に満たしているのがフリージア。死角無しの完璧な布陣です。
     後、フリージア以外のヒロインは髪飾りが凝っていて、Hシーン中でも、綺麗だなぁ…と思わず見惚れてしまうことも。他に、地味に嬉しかったことと言えば、システム面が意外と充実していたことです。『次の選択肢までスキップ』『Tips』『お気に入りボイス登録』『ルートロック解除機能』など。
     総じて、テンプレ系としては完成度が高かったと思います。もう少しボリュームがあれば、完璧でした。

    参考になった7

    投票数7

  • 美しくないのに目が離せないヒロイン

     本作には、織部 こころ、朝比奈 響子、恋塚 愛、水無月 ほたる、の4人の少女たちが登場する。全員可愛らしくHシーンのボリュームもそれなりにあって満足だったが、このゲームの一番の売りはそんなところではないだろう。
     このゲームの最大の魅力は水無月ほたるの人間性にあると言っていいと思う。残念ながら体験版では、ほたるがそこまで掘り下げられていないので、体験版しかプレイしていない人は実感が湧かないかもしれない。
     誤解のないように予め断っておくと、ほたる以外のヒロインに魅力がないわけではない。それぞれの少女に悩みがあり、それを解決していくシナリオはそれだけで十分に楽しめたし、気になるヒロインとは、固定ルートに入れば存分にイチャつけるので、体験版で好きなヒロインが見つかった人は安心してこのゲームを買ってよいと薦められる。
     ただ、ほたるルートのインパクトが強すぎた。私個人の感覚では、彼女の存在がこのゲームの価値を倍にしていると思う。水無月 ほたるは非常に『人間らしい』キャラクターなので万人受けはしにくいかもしれないが、少なくとも忘れられないキャラではあった。美少女ゲームのヒロインから、ここまで『人間らしさ』を感じられるとは。それは、腹黒いとか小悪魔とか、そういうありきたりな属性ではなく、もっと重く、切実だったが故に、見る人の心を縛るヒロインだったと思う。
     実は彼女の抱えている悩み自体は、他作品でもチラチラと見かけるようなものだ。しかし、私には彼女が最も『人間らしく』苦悩しているように見えた。
     まだこの作品をプレイしていない人には訳の分からない文章だったかもしれないが、少しでも興味を持ったら是非プレイしてみてほしい。忘れられない作品になると思う。

    購入・利用済み

    参考になった7

    投票数8

    参考になった7

    投票数8

  • ラブコメとしてはピカイチ

     本作は個性豊か(過ぎる)登場人物による学園ラブコメです。正直、抜きゲーとして使うのはお勧めしません。良いシーンもありますが、基本的に静止画しかないので、動く画像を期待されている方は不満を感じるかもしれません。
     しかし、ノベルゲームとしてはかなり良く出来ているのではないかと思います。主人公も含め、明るく個性豊かなキャラが織り成すシナリオは、程よく笑いもあって個人的には好きでした。また、ヒロインはそれぞれコンプレックスを抱えており、中には結構重い話もあって、ただ面白いだけではないテーマのあるシナリオでした。ギャグセンスがハマるかどうかは体験版で確認できます。
     しかし、ヒロインの本当の可愛さは体験版では実感し辛いと感じました。というのも、本作の売りの1つが「ヒロインのギャップ」だからです。体験版ではストーリーの前半部分を遊べますが、実際にヒロインと付き合い出すところまで行かないので、ギャップを感じる機会が少ないのです。
     このギャップですが、ツンデレによくある「あ~、こいつデレてる」とすぐ分かるような子供騙しではありません。「えっ、このヒロインにこんな一面が!?」という感じの、イメージと逆の性癖が判明したりもします。また、普段は主人公に絡んでくるだけで一向にデレなかったヒロインが、あるイベントをきっかけに隠していた想いを溢れさせるシーンなんかも胸を打つものがあります。人前のときと2人きりのときとで(キャラ崩壊しない程度に)差があり、それがとてつもなく可愛いらしいです。体験版のときには意識もしなかったヒロインが、固定ルートに入ってから一気に可愛さうなぎのぼり、ということも珍しくありません。
     このギャップを「不自然」と感じるか「可愛い」と感じるかで、この作品を買うべきかどうかは判断できる、といっても過言ではありません。体験版の分岐でイサミさんのシーンを選択すれば、ギャップを実際に感じることができると思いますので、本作を買おうか悩んでいる人はこのルートを選んでみてください。
     ヒロインたちが皆、個性的なので人によって好みが分かれるところだとは思いますが、とりあえず全員分のルートはプレイしてみてほしいです。後、製品版は、ルキナのルートを1番最後に遊ぶのが1番楽しめると個人的に思っています。

    購入・利用済み

    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9

  • エッチなお姉さん好きにはたまらん作品

     とりあえず、巨乳お姉さん好きの自分としてはストライクゾーンド直球の作品だった。アトリエかぐやの他作品でも見られるような、お姉さんたちが積極的にリードしてくれる感じのエロゲだ。ストーリーはそこまで重要ではないので、それ目当ての人にはお勧めしない。しかし、突飛な設定上、通常在り得ないシチュエーションでのエッチができたりもする。
     ヒロインが3人しかおらず、その点は少ないかとも思ったが、あまり似たようなキャラばかりをたくさん出してもかぶってしまうので、これくらいがちょうどいいのかもしれない。その分、1人あたりのHシーンの数は多く、ボリュームに不満を感じることは特になかった。あくまで個人の感想だが、外れヒロインはいなかったと思う。誰でもかなり抜けた。動くHシーンが多いのも嬉しかった。
     プレイの幅も基本はしっかり押さえていて、セックス、フェラ、パイズリ以外にもクンニやアナル責め、バイブ責めや手コキ、パンツコキ、素股など、やるべきことはやる(笑) 後、お姉さんのコスプレはエロ過ぎたw
     ちなみに、シーンは少ないがハーレムルートも用意されており、夢の4Pが実現できた。お姉さんたちと組んず解れつ、アンナコトやコンナコトができたりする。
     そんなわけで、巨乳お姉さん好きなら買って損ということはないと思う。ただ、賓乳好きやロリ好きには、言うまでもなくお勧めしない。

    購入・利用済み

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ドキドキしながら読める推理モノ

     まず、OPが格好良かったので興味を持ち、プレイし始めました。
     美少女ゲームで推理モノをプレイするのは初めてだったのですが、概ね満足のいく作品だったと思います。
     ゲームデザイン賞を取っているだけあって、推理パートは中々楽しめました。自分自身で推理をしていくことで、物語により没入でき、犯人を追い詰めたときの感動もひとしおです。推理パートは最後のほうを除けばトライ&エラーできるので、推理に自信がない人でも安心してプレイできます。(ルート分岐に関わる推理は難易度が高めなので、セーブして腰を据える必要があるかもしれませんが)逆に、「推理とか面倒」と感じる人にはあまりオススメできません。
     また、主人公の『他人の心の声を聞く』という能力も作中でうまく効いていて、推理の材料になるだけでなく、日常のやり取りに彩りを添えてくれています。
     いくつかある不満な点は『エッチシーンが少ない(1人あたり2シーン程)』『すっきりしないEDが意外と多い(ヒロインEDなのに関わらず)』『犯罪に超能力が関わる(できればちゃんとトリックを考えて欲しかった)』といったところでしょうか。
     とはいえ、よく考えられたシナリオで最初から差後まで夢中になってプレイできました。買って損のない作品だと思います。

    購入・利用済み

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 堕ちる人妻 ~Animation~

    アダルトPCゲーム

    最高の寝取りゲー

     寝取られ作品が多い一方、寝取りを主題とした作品はそれほど多くない。人妻系のエロゲも、未亡人だったり、夫の許可を得ていたり、和姦っぽい雰囲気になっていたり、寝取ってる!!という実感を抱かせてくれるものが意外と少ない。そんな中、私が出会ったのがこの作品。
     控えめに言っても、背徳感が凄い。最初は抵抗していた人妻たちも快楽には勝てず、結局は夫のことなど忘れて自分から腰を振るようになる。まさしく、私が求めていたものだ。快楽のために家族を裏切り、淫語を口にしては、浅ましく性交をねだる人妻のなんとエロいことか。しかも、エッチシーンはヌルヌル動くアニメだ。タイトルに『Animation』と付いているのも納得のクオリティ。処理落ちなど当然なく、かなり滑らかに色々な部分が動くし、そもそもアニメ対応のシーン数が多い。

    ・・・これで、ロープライス。何かの冗談のようだ。寝取り系の作品が好きな人には自信を持って勧められる。そんな作品だった。

    参考になった1

    投票数1

  • ”普通”の少女の物語

     本作「アオイトリ」は前作にも増して浮世離れした印象だ。主人公も含めて登場人物のほとんどがただの人間ではなく、舞台は閉鎖的なミッション系女学園。本作の概要を知ったとき私は「共感できるだろうか」という一抹の不安を覚えた。例えば、吸血鬼には吸血鬼の悩みがあるだろうが、ユーザーである私は人間なわけで、「そんなこともあるかもしれないな」とは思っても、共感を覚えることはないだろうからだ。
     しかし、プレイを終えた今、それは完全な杞憂だったと分かる。むしろ、特殊な力だとか立場だとかは、この作品のテーマを際立たせるための舞台装置でしかなかったのだ。
    「凡人には何も成し得ないのか」「弱い人間にも生まれてきた意味があるのか」「何をもって人は特別たり得るのか」
     私たち凡人が一度は考えるこの問題を、この作品はテーマとしている。
     ただ、ゲームの構造上、この1番面白いシナリオに行くまでに3つのルートをクリアする必要があるのだが、理沙ルートは少し物足りなく感じた。それと、ヒロインである海野あかりの根底にある感情には共感できるのだが、「だからってそこまでするか?」というのが率直な感想だった。前作の水無月ほたるに関しては、動機が動機なだけに、あそこまでやるのも納得だったが、今作の海野あかりの場合、そこまで彼女がやらなければならないという必然性はない。むしろ、本当の意味で平凡であるならば、主人公たちと関わらないようにするのではないかと思う。客観的に見て、彼女の精神性は決して「普通」の範疇に収まるものではなかったように思う。
     長々と書いてしまったが、この作品は見る者の心に何かを残してくれる、あるいは、何かを思い出させてくれる、そんな作品だった。

    参考になった0

    投票数0

  • 純愛ドM調教

     最初に断っておくと、この作品のヒロインはサキュバスであるものの、主人公に対する愛が感じられる。愛のない逆レイプや、男を心底馬鹿にしきった態度を期待している方には少々物足りないかもしれない。この作品におけるサキュバスとは男を食い物にする悪女ではなく、勇者候補の主人公を支える従者といった立場だ。
     しかし、誤解しないで欲しいのは、プレイ内容そのものはドMを唸らせる調教フルコースだということ。言葉責めや野外プレイの他にも、魔法を使った特異な状況下でのアブノーマルプレイもばっちり完備。Hシーンの数は約20で、主人公が絶倫のため、1シーンあたりの尺も十分。絵が綺麗なことも相まって、ドMにとってはヌキどころ満載だ。
     人によって好みの分かれるところだが、主人公も終始受け身のマグロではなく、サキュバスの調教を通して卓越した性技を身に着け、一方的な関係ではなく、互いに求め合えるような関係になる(勿論、サキュバス優位のプレイが多いが)。対等だからこその純愛なのだ。
     総合的に見て、「ドMだけど、ちゃんと自分のことを愛して欲しい!愛した上で変態調教して欲しい!!」という方にこそ、この作品を薦める。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 【期間限定】絆きらめく恋いろは 藍原しおん 添い寝CD同梱Ver.

    アダルトPCゲーム

    キャラクオリティの高いテンプレ系

     全ルート攻略済みでの感想です。
     ストーリーは、よく言えば王道、悪く言えばありがちなテンプレ系です。優秀なのに燻っている主人公→あるきっかけからヒロインのサポートをすることに→本来の才能を発揮→やがてヒロインと強い信頼関係に……というのが、大まかな筋です。伏線が分かりやすく、序盤の段階で今後の展開が予想できてしまいますが、テンプレ好きなら問題ないかと。ただ、予想以上に展開が速く、終盤まで引っ張るのかと思われた伏線が結構早い段階で回収されてしまい、物語全体も想像より短かったのが不満点でした。各キャラのHシーンも1人につき3つで、合計12シーン。8000円以上のゲームとしては、ボリューム不足が否めません。
     不満を述べましたが、勿論良かったところもあります。それは『とにかくヒロインが可愛い』というところ。各ヒロインの可愛さをルートの感想と共に説明します(ネタバレは無し)。

    桜夜ルート
    ルートロックのかかったメインルート。真面目で清楚な桜夜ですが、Hは意外と積極的で、そのギャップにグッと来ます。凛々しく格好いい彼女の、自分にだけ見せる変態性………破壊力がありました

    椿ルート
    私が1番好きなルート。『強いけど、脆い』そんな椿を支えるルートです。彼女には本当に幸せになって欲しい。お姉さんキャラの椿ですが、Hなことには初心で、恥じらいを見せてくれます。嫉妬で凄んでくるところも個人的に好きです。

    しおんルート
    私の一推しキャラ、しおん。主人公と似た境遇で、天才的な才能があるのに、燻っています。そんな彼女をプロデュース!!するルートです。健気な性格で、Hなことも主人公のためになら頑張ってくれます。胸の大きな後輩のご奉仕……

    フリージアルート
    明るいフリージアらしく、他のルートよりもシリアス色は薄く、山場も少ないです。天真爛漫な友人が、自分を意識し出して、いつも通りに振舞えなくなる…そんな状況にニヤニヤ必至。恋人になってからは積極的にくっついてきてくれます。

     そして、地味に嬉しかったのが、システム面が充実していたこと。『お気に入りボイス登録』『Tips』『次の選択肢へスキップ』『ルートロック解除』などです。
     総じて、テンプレ系としてはハイクオリティの作品だったと思います。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • キトゥンフィリア

    同人(二次元)

    独特の世界観とヤンデレktkr

     まず、プレイしてみて最初に驚くのが絵の美しさ。同人ゲームの中ではかなり高いクオリティなのではないだろうか。曲も雰囲気があって、ダークな世界観とマッチしている。
     だが、なによりも素晴らしいのはヒロインであるミオだ。普段は穏やかな姉のようであるのに、エッチシーンでは積極的に乱れる。しかも、ヤンデレ。苦手な人は好きになれないかもしれないが、ハマればとことん好きになれるキャラクターだ。加えて、CVは花澤さくらさん。あの癒しボイスがヤンデレと調和し、『穏やかなのに攻撃的』という一見矛盾した感覚に襲われる。他のヤンデレキャラとは一風変わった魅力は、このゲームでしか味わえないものだろう。
     ヤンデレが好きなMの方には是非遊んでみてもらいたい作品だ。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 1