サイト内検索

ふぃふすさんのレビュー情報

レビュアーランキング
15271
レビュー投稿数
8
参考になった割合
94

並べ替え

  • 1
  • 変わらぬ面白さと取るかマンネリは否めないと見るか

    マイスターシリーズはプレイ済みな上での評価になるかと思います
    正直なところ、ほぼ前作からやることが増えているわけではありません
    今回の題材である砦の拡張、砦での防衛戦や、ヒロインが呼び出す精霊の強化を魔物で行うくらいでしょうか
    シナリオはルートを絞ったせいか前作より一本の密度が上がった気はします

    姫狩りよりも神採りには近いです。魔物も捕獲は出来るものの精霊強化の素材にしかなりません
    ゲーム自体神採りに近い…と言うか、近すぎますね
    全体的に感じは変わってるものの、終わった後で考えるとシナリオ進めて寄り道して素材取って作りたいものを作って、現時点で作れる物を作り尽したらシナリオを進める…と言うように、ほぼ同じことをやっていたような…と思いました

    砦作りに関しても、発展してもシステムが増えると言うよりは自己バフが掛かると言う要素が強いので、街作りをしていると言う感覚は少なかったです

    神採りから色々と追加された豪勢な新作!と思ってやると「こんなもんか…」と言う印象が残るかもしれません
    神採り楽しかったし、舞台だけ変えてくれれば楽しめると言う人には、まだまだアペンドが出るし満足できるかな?と言う感じです

    逆に天結いからやったけど面白かったし、神採りもやってみたいなと思った日とは、前作から劇的に発展してるわけではないのでそのまま楽しめるかと
    シリーズでは一番古い姫狩りもシステムに古さは感じるものの、モンスターを仲間にしてシビアな戦力で時間に限られた中で上手くやり繰りするなど、戦略的な楽しさもあり、シナリオも善悪しっかり別れる等周回の面白さも強いのでこちらもお勧めです




    購入・利用済み

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 周回要素とやり込み要素が強い、長く楽しめるゲームです

    エウシュリーが過去に出した姫狩りダンジョンマイスターの後継作です
    姫狩りはインターバルを挟みつつダンジョンをどんどん潜っていく感じですが、こちらは一か所の街を拠点に色んなことをできる感じです
    姫狩りはルート中で決められたポイントをどう配分していくか?と言った感じで割とシビア目でしたが、神採りは寄り道要素が非常に多く、満足が行くまでその時点で出来ることは結構詰められる感じです
    姫狩りと違ってどのルートも王道の恋愛系です

    物を作り、工房を経営し、仲間を戦闘で育成し、ストーリーを進めて行く感じです
    アトリエ+FEと言う感じですね
    戦闘はFEシリーズの中でも、RPG要素を強く含んだ、FE外伝に近いと思います

    仲間でストーリー上の捨てキャラは殆どいません
    後半になっても前半のキャラ達が会話に参加してくれるのは嬉しいです
    この手のキャラが多いゲームだと空気になってしまうゲームはどうしても多いので
    勿論、抜きんでた強さの連中もいますが、基本的には全キャラを使っていけるゲームだと思います

    二周目からのキャラや難易度の高い所謂エンドコンテンツダンジョンが存在してます
    一度ハマると、時間泥棒です
    ゲーム内時間に追われることなく、満足が行くまでゲームを終われないと言うタイプの人は、抜け出せなくなること請け合いです

    ストーリー、キャラの質、戦闘の面白さ、やり込み、周回要素と高水準のゲームです
    アトリエとFEと聞いて少しでも興味が湧いた方はお勧めします

    難点として、他の方が言われている通りアペンドディスクの入手難度が最大の難点です
    3種類存在するアペンドですが、ハンナの~はDMMでもDL販売されているので入手は容易です
    問題は、特殊錬金ディスクと、パーフェクトガイドについてきたVer.2.0です
    この2枚に関しては、本来価格の倍の値段で手に入れば安いと思っていいくらい高騰しています
    衣装やストーリーが追加されるのがなんとも…もどかしいところですね
    下手すればこのゲーム自体よりも高く付くので、財布と相談しましょう
    Ver2.0は、中古で購入する時は本だけディスクなしがゴロゴロしてるんで、ご注意を

    参考になった4

    投票数4

  • 戦闘システムは人によって好みが分かれるかも

    シリーズ三部作目ですが、今回からタクティクス系のRPGになりました
    ストーリーとしては学園に通いながら、部活の仲間とクエストを受けて鍛えていき、行事と共に訪れる戦闘を乗り切っていく感じでしょうか

    共通ルートでのフリータイムにヒロインを選択していくと好感度が上がっていき、最終的には好感度が高いヒロインのルートに行きます
    話的には前作や前々作に比べると部活の仲間との交流が強く出ている為、一作目や二作目よりも仲間同士でのやり取りが楽しめるかと思います
    ペルソナ4を楽しんだ人なら楽しめるかもしれません

    さて、戦闘システムは奥行のあるコマンド選択RPGから打って変わって、タクティクス物になりました
    前作、前々作や夜が来るをプレイした身からすると、この変化が受け付けづらかったです
    しかもレベルを上げないとイベント戦闘のボスが強すぎて、結構詰まります
    ストーリーは太鼓判を推せる面白さなのですが、戦闘に関してはなんとも言えない部分があるので、体験版なりやってみてください

    参考になった1

    投票数1

  • 1