サイト内検索

レビュアーランキング
775
レビュー投稿数
55
参考になった割合
83%

投稿済みレビュー作品

55件中 1 - 20 件目を表示

並び替え

生贄の女 桜ちずる

2013/05/03 - DVD(通販)

今後の期待を込めて

監督は高原寿という人だが、なぎら建造が監修ということで、購入してみた。
女優の桜ちずるは所見だったが、愛らしい顔立ちで若妻の雰囲気は十分。
色白な肌、スレンダー気味だが、つくべき肉はついているバランスの良いプロポーション。
犯され役としては申し分ない。
映像もなぎら監督作品同様、自然光を取り入れた美しいものだった。
ただ、ストーリーが…。
冒頭で夫を失うわけだが、その分、背徳感が弱くなる。
序盤で男優の田淵が洗脳的な言葉がけ、ビンタ等の暴力、性技巧による快楽責めといい感じに堕としていくのに、中盤、後半と凌辱者を増やし、その都度弱い抵抗があるのでカラミにメリハリがなく感じる。
どうせなら自ら奴隷として快楽を求めるような結末にしたほうが良かっただろう。
トータルで悪くはない程度。
今後に期待で「良い」の評価。

45人中、40人が参考になったと投票しています。

女優が良い

最近、このシリーズはなぎらが監修で別監督が撮ることが多くなっているが、この作品は良かった。
ストーリーは義弟が義姉を寝取るというよくあるパターンで、映像やカメラワークもこのシリーズでは普通レベル。
しかし、女優の石原莉奈が良かった。
色白でスタイルも(偽乳っぽいが)良い。派手さは無いが、なかなか、かわいらしい美人。
演技力もあり、従順で清楚な若妻といった雰囲気がよく出ている。
BGMの選択がやや的外れといった演出面への不満はあるが、最後のカラミで夫に見られて「見ないで」と言いながらもSEXを止められない若妻の堕ちっぷりが良く、完堕ちパターンが好きな人にはお勧め。
十分、「非常に良い」と評価できる作品。

40人中、38人が参考になったと投票しています。

若妻不倫温泉 28

2012/08/02 - DVDレンタル

シリーズ:若妻不倫温泉

少し考えたほうがいい

 安全性をということである。終盤のカラミで赤い縄で緊縛し、責めた後で、挿入の際に縄を不十分にはずして交わるシーンがある。このとき首にだけ縄がかかった状態でそれを男優が引っ張りながらバックからピストンするのだが、窒息の可能性があって非常に危険。女優もこの時だけは本気で苦しがっている。
 縛ったまま交わったほうが見てる側も興奮できるし、首だけに負担がかかることもなく安全だったはず。
「S級素人」なので名前は出てないが、女優は他のメーカーでも多数の作品に出ている志保。スレンダーでM的資質の高い女優なので、シリーズによくある単純なラブラブの雰囲気よりも、SM的な色彩を入れた作風にしたのだろう。自分もどちらかというとS的嗜好があるので、作り手の意図は買うのだが、せっかくの美しい女優を危険にさらさぬよう、安全性には十分配慮すべき。

32人中、30人が参考になったと投票しています。

実に人妻役がよく似合う女優 愛田奈々

愛田奈々はマドンナ作品で数多く人妻役をこなしてきているだけあって、この手の寝取られモノにはピタリとハマる。一見、手足が長く、すらりとしていてるが胸や尻には十分なボリュームがある。やや下腹に肉がついているのでスレンダー好きには合わないかもしれないが、逆にリアルな女体のエロスが感じられて良い。

最近のなぎら作品は照明を自然光に近い状態にして撮影しているが、それが彼女の白い肌に絶妙な陰影をつけ、不倫妻の真昼の情事を上手く表現できている。

安定したシリーズのハズレのないシナリオ。女優の良さも加味されて、観て損のない作品に仕上がっている。

33人中、27人が参考になったと投票しています。

シリーズ中、最も題名とストーリーがマッチしている

このシリーズは夫のために人妻が卑劣な他人の男に抱かれることになり、性的快楽に堕ちていくというものだが、これまでが凌辱者に対して人妻の傾斜が強い結末が多かったのに対して、この作品は快楽に溺れても、夫への愛情は持ち続けている描き方になっている。
その分、凌辱者側からの視点ではやや物足らなさが残るが、けな気な人妻の悲哀が強く感じられ、主演の石原莉奈の好演もあって素晴らしい作品に仕上がっている。
なぎら健造でなくさだおかさだおが監督をしているが、カメラアングルや照明等も石原莉奈のスタイルの良さ、肌の美しさを上手くとらえており、カラミのシーンも申し分ない。
同じ石原莉奈主演で肉尊が監督した「夫の目の前で」に匹敵する出来の良さ。
買って損は無い作品と言える。

28人中、25人が参考になったと投票しています。

かすみ果穂の魅力を再認識

かすみ果穂は最高に魅力的な女性(AV女優)であると再認識させられた。
佐山愛の「あなた許して」と同時購入したが、どちらかと言えば、こちらの方がオススメ。
彼女は美人でスタイルは抜群。明るく、優しげな雰囲気がとても良い。
匂いフェチという変態的な性癖を持つ人妻を演じているのだが(西野翔にも言えることだが)エロくはあるが下品にならないのは女優の清楚な雰囲気が自然であることと、フェチに対して過度にならないようにしている抑えた演出があればこそと感じる。
義弟の股間の匂いを嗅ぎながら性にのめり込んでいく人妻のエロさ全開の作品。
かすみ果穂が好きなら見て損はない。

23人中、18人が参考になったと投票しています。

小川あさ美の良さにつきる

今回の「あなたに愛されたくて」は小川あさ美が素晴らしい。
ストーリーはお決まりのパターンだが、小川あさ美の演技力が光り、引きつけるものとなっている。
彼女は顔立ちが美しく、長身でスレンダー。肌が白く透明感があり、カラミで紅潮すると体がピンク色に輝いて見える。
本格的なカラミは3回。合間にイラマの場面やシャワーシーンなどおなじみの映像が入る。不本意ながら犯されて感じてしまう1回目、なし崩しのように求められ快楽を焼き付けられる2回目、性の喜びを積極的に求めるような3回目と見事に演じ分けができていて、徐々に堕ちていく人妻の様子が伝わる。
彼女は背の高さときりっとした目鼻立ちから、一見気が強そうにみえるのだが、今回は人のいい優しい人妻といった雰囲気が良く出ていた。セリフ回しも自然だし、ちょっとした仕草や表情が可愛らしい。彼女の魅力だけでも見る価値のある作品。


20人中、17人が参考になったと投票しています。

侵入者 芦名ユリア

2012/12/29 - DVD(通販)

シリーズ:侵入者

「夫の目の前で」より「あなた許して」

 暴行魔・田沼が独身女性を狙った話として作られてきたのが「侵入者」だったが、今回は相手が人妻。当然「夫の目の前で」ではないので、夫に気付かれない内に田沼は出ていく。これなら夫の前でのクライマックスを作った方が良いという意見も聞こえてきそうだが、意外にこの作品はよかった。言ってみれば暴行魔田沼で「あなた許して」を作った感じ。
 芦名ユリアは多少バタ臭いクセのある顔立ちだが、なかなか美人。スレンダーだけど胸の形も良く、色白な肌でこの手の凌辱作品にはもってこい。初め嫌がり、抵抗していたのが徐々に田沼の絶倫ぶりに堕ちていく様子をうまくカラミの演技で出せている。夫に抱かれながら覗く田沼に向ける表情が変わっていくという演出もうまい。
 人妻が堕ちる背徳感を上手く描けている分、これまでの「侵入者」では最高の出来と思う。

20人中、17人が参考になったと投票しています。

恥辱の館 石原莉奈

2016/04/06 - DVD(通販)

シリーズ:恥辱の館

ちょっと外れるが・・・

石原莉奈は美しい。なぎらの描く人妻は魅力的。これらの事は分かっていることなので、作品のレビューの本質からは外れると思うがちょっと作品を観て感じたことを蛇足的に。
アタッカーズでレーベル名が無意味になって久しい。まだBDや高画質ダウンロードどころかDVD以前、映像はVHSをレンタルしてた当時、アタッカーズのレーベル名にはそれなりの意味があった。凌辱系ハードAVのアタッカーズにおいて「蛇縛」は拘束具に縄を用いた和テイストのSM、「龍縛」は拘束具に手錠やチェーンを用いた洋テイストのSM、拘束具を用いずレイプ中心の凌辱ものが「死夜悪」だった。「死夜悪」の人気シリーズだった人妻凌辱ものの「夫の目の前」から、「龍縛」への派生的に「あな許」のシリーズが出てきたが、凌辱をソフトにし不倫性を強調する形が強まり今は「大人のドラマ」レーベルへ。
ただ、この作品、人妻を監禁し手錠等で拘束するところは「大人のドラマ」というより「龍縛」であり、原点回帰を思わせた。最もなぎららしく、川村慎一のように暴力的でなく、あくまで性的快楽を教え込ませるような内容は好感が持て、今後このシリーズへの期待が持てた。

17人中、16人が参考になったと投票しています。

カラミに迫力があり、シリーズ中屈指の出来

かすみりさは長身でグラマラスな身体。丸顔で厚手の唇。
美人というよりイイ女という言葉の方がピタリとはまる。
これまた体格の良い花岡じったが、彼女のポテンシャルの高さを上手く引き出し、終始迫力のあるカラミが展開される。
ストーリーはこれまでのシリーズ同様で、真面目な人妻が初めは無理矢理に男に犯されるのだが、そのSEXに徐々にハマっていき不倫に堕ちていくというオーソドックスな流れ。
目新しさはないが、カラミの映像がとにかく良いので全く不満を感じさせない。
個人的には恒例のシャワーシーンの前にある、オイルマッサージに感じてカラダをくねらせる場面が美しくて気に入った。
今作では、女優の性器がよく映されているが、モザイクがあっても、その肉厚さが垣間見られ、締りの良さを想像させる。
こんなオンナを一度は抱いてみたい、そう思わせる映像の目白押し。
シリーズ中でも屈指の傑作。見て損はない。

17人中、16人が参考になったと投票しています。

このシリーズは良い

人気の回春マッサージもので4作目になるのだが、このシリーズはどれも良い。
今回は今人気のさとう遥希も登場する。
このシリーズは、他のマッサージもののように、盗撮感を敢えて出そうとしていない。
まず、つかっている女優が、単体で通用する有名女優がほとんどで、レベルが高い。
次に、カメラアングルが演者に近く、盗撮風の作品に比べ非常に見やすい。
それでいて、作中の会話は自然で、マッサージテクもなかなかである。
4時間の長尺ものということもあって、お得感もある。
見て損はない。

17人中、16人が参考になったと投票しています。

本城小百合の良さに

正直言って、目新しさは無い。
「あなた許して」以上に物語の状況設定に縛りのあるこのシリーズ。
どの作品をみても同じ流れになる。
あとは女優次第ということになるが、今回の本城小百合はさすがにベテラン、高い演技力で徐々に堕ちていく人妻を演じていた。
今回は、完堕ち後に男を心待ちにする様子が描かれているが、その不倫を楽しみにする様子が自然に見えた。
カラミの反応もドラマに合わせ、大げさにならないように抑えられていてよかった。
彼女は「ひと昔前のAVアイドル復帰組」の中では容姿に衰えのない方。
昔の痩せすぎだったころより油がのって、逆に美しくなったように感じる。
ただ、タレ目な顔立ちは、自分としては好みだが、一般的には好悪が分かれそう。
女優が好きなタイプであれば十分見る価値のある作品。

14人中、13人が参考になったと投票しています。

残念ながら・・・

 夏目彩春はスレンダーで美しく、復帰後人妻らしい雰囲気が出てきていたので期待したのだが、残念ながら最近のシリーズ中でもかなりの駄作の類に入るだろう。
 まず、人妻が徐々にレイパーの与える快楽に堕ちていく様子がない。中心となるカラミは3回。それぞれが尺を長くとっているのだが、ほとんど反応に違いが感じられない。いつまでたっても弱い抵抗のイヤイヤなカラミを繰り返すだけ。序盤と中盤のカラミをもう少し短くしても、繰り返し犯されているような短いシーンを入れて、徐々に堕ちていく様子を描くべき。
 単純にシリーズの構成をなぞらえただけで、面白味の全くない作品になっている。女優の美しさに☆1つおまけしているが、実質は☆1個。ただ、ヤッているだけの様子を見たいのなら客はドラマAVを購入したりしない、ということを制作側は肝に銘じて作品を作ってほしい。

12人中、12人が参考になったと投票しています。

冬月かえでの美しさが際立つ

冬月かえでは、スレンダーな超美人。
過去にアイポケ版「夫の目の前で」や「あなた許して」に出演していて、西野翔、かすみ果歩と並んでなぎら作品にハマっている女優と言えるだろう。
ただ、今回は女優より、寝取る男側に焦点をあてた演出が目立った。
男優の田淵はいつもの変態的な演技をやや抑え気味にし、最初に寝取る場面での「優しくするから」のセリフなど卑劣な上司ではあるが、執着していた女に対する愛情が伺える演出になっていた。
最後の電話の使い方も、よくある交わっている最中に妻に夫と話させる形ではなく、男が相手に電話しながら人妻にフェラさせるものになっていた。
全体的に背徳感は薄めで、そのかわり男の支配感の感じられる作品になったいた。
カラミは女優の美しさが際立つ綺麗な映像で満足できる。
受容的な雰囲気のM女優なので作風にマッチしており、見て損はない作品に仕上がっている。

11人中、11人が参考になったと投票しています。

不自然ではあるが・・・

 今回の性癖は匂いフェチとかではなく、ア○ル。いきなりのファーストレイプがア○ル姦であったり、その際「痛い」といいながらすんなり入ったり、掻き出したザーメンが汚れていなかったり(明らかに浣腸済み)と序盤が実に不自然極まりない。
 但し、同時購入した夏目彩春の「夫の目の前で」に比べ、快楽に堕ちていく人妻の様子をうまく描いていること。体位やカメラアングルを工夫し、モザイクの小ささと相まって、ア○ルものでは重要と思われる股間中心の映像がかなりよく撮れていること。なにより主演の江波りゅうの肌の白さ、自然な演技とカラミのエロさが良く、AVしての実用性は十分に満たしていると思われる。
「大変良い」とは言えないが「良い」の評価は十分得られる作品だと思う。
 

10人中、10人が参考になったと投票しています。

なかなかの作品

これまで「調教」と名のつく物はSM的な作品が多く、女優を痛めつけてるだけで、本当の意味の「調教」とは言えないんじゃないかと思っていた。
(勿論、この傾向はアタッカーズより他のメーカーの方が顕著だが)
しかし、この作品は一味違った。
拒み続ける人妻に性の快楽を教え込み続け、最終的に堕としていく。
正に「調教」と呼べる作品になっている。
凌辱、調教を行うのは田淵一人。
全編通して自宅に上り込んでという内容。また、堕とし方がとてもスローなため同じようなことを繰り返してる印象を持つ人もいるかもしれないが、かすみ果穂の美しい体と真に迫る田淵の怪演で自分としては見応えのある作品と感じた。
「こんな所で…」のように是非シリーズ化し、犬神涼の代表作にして欲しいところだ。

12人中、10人が参考になったと投票しています。

過去の2作品以上の出来

このシリーズは夫のためを思って体を差し出した妻が、相手のSEXにハマり、快楽に溺れ、不倫に堕ちていくというものだが、今回のかすみ果穂は、その堕ちていく様子をカラミの演技の中で非常によく表現できていた。
1作目はやや堕ち方にわざとらしさがあったし、2作目はカラミ自体がねちっこくて良かったが、堕ちるという点ではあまりカラミに違いを出せてなかったように思う。
今作では3回のカラミにメリハリがあって、堕ちていく様子が良く伝わった。
かすみ果穂はビジュアル的にも素晴らしい。
小柄だが均整のとれたプロポーション。
派手さはないが、清楚な美しい顔立ち。
人妻役がピタリとハマっている彼女が最後に乱れまくる様子は興奮する。
SEXの最中に夫と電話というベタな演出も彼女がやると、快楽に負け、夫を裏切る妻の様子が伝わってくる。
外れのないシリーズの中でも最高の出来。

13人中、10人が参考になったと投票しています。

織田真子がとてもいい

 前作の長身、スレンダーな西野翔とは対照的な小柄で肉感的な織田真子だが、こちらも人妻のエロさが強く感じられる演技でとても良い。初回のカラミですでに感じまくっている様子は、夫思いの妻としては、堕ちるのが早過ぎると感じる人もいるだろうが、このくらいエロかったらAVとしてOKだう。
 シナリオは、夫の仕事を支えるために体を差し出すことになる、いわゆるパワハラもので、ストーリーとしてはありがちな話だが、その分不自然な破綻がなくてよい。
 男優の田淵がネチネチと人妻を嬲り、官能地獄へ堕としていく卑劣な男を怪演していて、寝取られ物作品としての完成度を高めている。
 とにかく、これでもか、といういうくらいネチっこいカラミが続く。エロさ満点の作品。
 

11人中、9人が参考になったと投票しています。

丁寧なつくりのAVドラマ

 夏目彩春はスレンダーな美人。清楚な若妻役が良く似合う。肌は白くはなく、小麦色だが、肌理が細かく美しい。ドラマ部分の演技力もかなりある。
 最近はこのシリーズもっぱら、さだおかさだおが撮っているが、夫のために仕方なく体を開いていく人妻のストーリーを上手く作り上げている。序盤10分ほどドラマ部分が続くため、とにかくカラミが見たいという人には間延びして感じるかもしれないが、ここでしっかり状況を押さえているため、その後の展開に無理がなく感じる。
 ファーストレイプ、セーラー服を着せての2回目、店内で口を使わせる場面やつなぎの風呂場シーンなどを経た段階では、抵抗は弱まるものの完堕ちといった雰囲気はなく、堕ちる人妻を見たい側としては欲求不満も残るが、ラストのカラミではしっかり男が「何が欲しい」や「気持ちいいか?」など質問し答えさせる形で人妻の堕ちを表現させているので興奮させられる。
 美しい演技力のある女優を使った、丁寧なつくりのドラマになっている。十分評価5に値する。

11人中、8人が参考になったと投票しています。

これぞ人妻のエロさ「あなた、許して」の真骨頂

「夫の目の前で」からかなり間のあいた形になったが芦名未帆が「あなた、許して」に登場。
ストーリーは人の良い人妻が、隣人への同情から不倫に堕ちていくというオーソドックスなシリーズの流れ。
冒頭の登場シーンが眼鏡にだぼっとしたロングスカート。野暮な田舎出の人妻を演出し、不倫を繰り返す中、徐々に美しくなっていく女を見せようとしていて、一見成功しているとも言えるが、これだけの美人女優でやると逆にワザとらしくも見えてしまう。
でも、そんな演出への不満を吹き飛ばすほど芦名未帆が良い。
美人で肌のキメも細やか。均整のとれた抜群のプロポーション。恥じらいながら感じまくるその姿は人妻のエロさそのもの。
作品中盤で相手役の吉村卓が「なんで、こんな所まで美しいんだ」とアナルを舐めるシーンがあるが、全く同感。
シリーズ中屈指の傑作に仕上がっている。見て損はない。

11人中、8人が参考になったと投票しています。