サイト内検索

むちむちパンダさんのレビュー情報

レビュアーランキング
1068
レビュー投稿数
224
参考になった割合
84%

投稿済みレビュー作品

224件中 1 - 20 件目を表示

並び替え

広角は不自然です

主観は、IVの方が良いと思います。
AVですとハメシロにこだわって、広角を多用し、説明的な映像になってしまいます。広角で撮ってしまうと、バックによけいな物がいろいろ映り込み、うるさいし、女の子のアップもゆがむし、体もゆがんでしまいます。
実際の主観って、もっと視野は狭いし、何かに集中して見ているのではないでしょうか。
もう少しうまく撮れないものかなぁ、なんて考えてしまいました。
女優がいいので、良いにします。

25人中、24人が参考になったと投票しています。

「常に性交」ビキニマッサージ 2

2014/11/03 - ビデオ(動画)

シリーズ:「常に性交」

このシリーズのファンです

本シリーズは1作目から賛否両論ありますが、私はこのシリーズが好きです。その理由は、
1 スローである。(キャンキャン喘ぐAVに食傷気味なので…)
2 俯瞰で撮るカメラアングルがある。バックのとき、俯瞰で撮ると女優の尻の大きさが強調される。今回は前から撮るシーンもあり、腰の張りが分かってよい。(普通のAVでは、このようなアングルは稀少)
3 挿入しながら仕事をする微妙に感じてしまう表情がいい。(1作目の水嶋あずみとかよかった)
4 中田氏の後、お○○こからだらしなく精液をたらしながら、フェ○するところがいい。

女優については、好みもあると思いますが、十分私の守備範囲でした。本シリーズは抜くというより悶々としたい人向けでしょうか。人を選ぶと思います。私は本シリーズは好きなので非常に良いにします。
 

26人中、23人が参考になったと投票しています。

有りそうで無かった作品

と言っても、自分のAV歴の範囲なので、違っていたらすみません。
この作品見て思い出したのが、ブレアウィッチプロジェクトとかクローバーフィールドっていう映画です。ハンディカムが普及した頃かな?
もちろん、POV(point of view)は、AVにもあって、それはハメ撮りやいわゆる主観モノでした。しかし、ハメ撮りにはストーリーは無いし、主観モノはモキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー?)ではありませんでした。
で、この作品はPOVであって、かつモキュメンタリーになっています。どうしてAVはこの手法を早くに取り入れなかったのか悔やまれます。すごくAVと親和性があると思いました。JET映像さん、凄い。思わず唸ってしまいました。(すごくエッチなビデオなのに…)
女優さんがすごく色っぽいので、サンプル動画でピンときたら買いだと思います。
ただ、サンプル動画にあったテロップが本編には無かったものもあるので、これは有ってもいいのかな、と思いました。

20人中、16人が参考になったと投票しています。

当たり

素の声が自分の好みの声の時ってだいたい当たりが多い。
ちょっと低めで、ちょっとハスキー入ってるとこがいい。
素の声が、喘ぎにだんだん変わっていく変化がいい。
ちょっと上から目線の喋りが、せめられてアヘ顔に変わっていく落差がいい。
挿入されるときの表情がいい。挿入されるときや挿入された後の実況がいい。
顔や耳を赤くして何度もイクところがいい。
そんなわけで当たり判定の☆5つにしました。

10人中、10人が参考になったと投票しています。

AVのようなIVのような、不思議な作品

1年に1作とはなんとも寡作なことですが、今年もリリースしていただけたことに、心から感謝しています。このシリーズは、AVのようなIVのような独特の立ち位置が好きだし、また、そのように鑑賞しています。AVにないアングル(俯瞰や望遠)が多くあり、今回も満足な出来です。跪いてのフェ○や騎乗位もM字でなく膝をついて擦り付けるように動くところも大好きです。女性の体の線が映えるビキニもいいです。癒やされます。
残念なところは、天気が悪かったところでしょうか。強い光で白い建造物を白く飛ばせなかった…。壁にコケとか汚れがついてて、見た目がよくなかったのが残念です(要掃除)。室内の照明はよかったです。バックの壁もいい感じに白く撮れています。夜のシーンもあるとよかったかな。効果音の鳥の鳴き声も癒やし感があってよかったです。
欲を言えば、シーンごとに虫の声やせせらぎの音、屋上だったら波の音も使ってもいいかなと思いました。室内ならヒーリングミュージックもいいと思います。スパ系の音圧のあるタイプの音が好きです。効果音もBGMも使いすぎないのがいいです。
さらに、欲を言うとモデルさんのイクところもあるといいな、と思います。静かに体を赤く染めてイク、なんてどうでしょうか。
まだまだ、このシリーズ、作り込めると思います。来年のリリースを心待ちにしています。

追記
星5つは、自分の主観が多分に入っているからです。私は、このシリーズの全体的なムードとか、音楽、絵作りが好きなのであって、抜けるかどうかという観点からすると評価がすごく低くなってしまうと思います。これは、仕方無いです。でも、このシリーズは、打ち切りにしてほしくないのです。細く長く続けて、育てていってほしいシリーズです。

11人中、10人が参考になったと投票しています。

最高

とにかくお顔が僕の好み。かわいいです。
セックス中もいろいろな表情を見せてくれます。笑ったり、いたずらっぽい目をしたり。表情が豊かです。
次は「僕をこっそり誘惑する親戚の○○おばさん」で見てみたいです。

サンプル動画では、スローモーションのカットがあるのですが、本編では玄関に走る部分だけ使われています。ふすまの隙間から撮っているカットも本編では使われていません。こういう演出も好きなんですけど、本編に無かったのはちょっと残念でした。

9人中、9人が参考になったと投票しています。

こんなAV初めて見た

初めの感想は、寝取られというよりは、不倫ドキュメンタリーという感じ。
ちょっと上着をはだけたり、上着を脱ぐタイミングとか、ちょっとスカートを上げて太ももを見せるタイミングとか、こんな風に女性は誘ってくるのか…。次のシーンはどうなるのか、どきどきしながら見ました。だめよだめよと言いながら主導権は女性の方にある段階。浮気の罪悪感もしっかり入っています。幼稚園の子どもがいる設定、子どもを親に預けて浮気なんて罪です。学生バイト君の自己中sexは最後の最後のまで下手くそです。しかし、これから妻が本格的に不倫sexに溺れていくのだろうと示唆するようなエンディング。続編は無いと思いますが、次は学生バイト君にsex指南でもするのでしょうか。そろそろラブホに行き始める段階だと思います。完堕ち後は、主導権は学生バイト君へ…。妻は泥沼へと…。でも、定点カメラだし…。続編は無いでしょうね。
3カメ、定点という設定だけど、そんなことはありません。ヘタにカメラがナメないところがすごくいいです。構図、カメラ割りもすごく計算されている感じがします。フレームアウトの妙味。見せないで魅せる。撮影も時間かけている感じがします。編集もみごとだと思います。丁寧に作られている感じがします。渾身の一作。納得の165分。ヘタなドラマものじゃ、こんなに見てられないです。シーンが少ない上に、つまらないsexでやたら尺とったりして…。
不満な点を少し。妻の浮気を感づいている夫だったら、パートが終わる時間を見計らって電話をかけると思います。着信で妻に電話かけさせるのは不自然。それと、最後のsexで、お決まりの台詞が、言わされ感満載です。この部分も女優にまかせてみてはどうでしょうか?
今までに有りそうで無かった作品だと思いました。(自分のAV歴の範囲だけど)
この手法で「僕のねとられ話しを聞いてほしい 浪人生の教え子に寝盗られた家庭教師の妻」をリメイクしてもらえないですかね。抜きどころで男のアップが出てこないのもいいし、有名女優じゃないのでリアル。

10人中、9人が参考になったと投票しています。

素人図鑑 File-07

2016/10/16 - ビデオ(動画)

シリーズ:素人図鑑

一粒で二度おいしい

本作品を買って、随分と時間が経ってしまったのですが、最近、思うところがあって、レビューを書きます。
そもそも、小生、アイドルとかアニメとか声優とか、とにかくそういった類いのモノには、全く興味がありません。まして、紅白歌合戦なんて、見たいとも思わないのです。そんな自分がですよ、たまたま、紅白歌合戦に出場したことがあるアニメの歌を歌う声優のアイドルグループのライブをテレビで見たわけですよ…、すると、なんということでしょう、みるみると堅くなってくるではありませんか。やばい…。
それは、きっと「素人図鑑 File-07」を以前に見たことがあったからでしょう。まさに、一粒で二度おいしいとはこのことかと思いました。本編もリアルでよかったと思います。

8人中、8人が参考になったと投票しています。

寝取られものの楽しみ

何だかんだで、ついこのシリーズ見てしまいます。
寝取られものの楽しみは、男と関係を持つ前、関係を持った後の女の変化ではないかと思っています。ですので、いろいろなシチュエーションがあり、必然的にドラマ仕立てにならざるを得ないし、女優の演技力も大切になってくると思います。ですので、このレーベルの存在の意義は大きいと思っています。
 本作品では、一回目の挿入のとき、目を開き、「何コレ?」という演出があり、そこがよかったです。ただ、全体的に女優の演技力には、やや不満がありました。でも、このレーベルは、今後も頑張って欲しいと思っています。

8人中、8人が参考になったと投票しています。

ツンデレかな

いわゆるツンデレだと思いました。
特に二番目の子の台詞とか、表情とか、ムチムチ感とか、最高です。
抜けます。この二番目の子につきる。
私も女優名知りたいです。

8人中、7人が参考になったと投票しています。

高評価

高評価に釣られて購入しました。
評価通りでよかったです。
碧しのの演技、小ぶりな胸がリアルでよかったです。
監督の演出、カメラワークもよかったです。
ですので、エロだけでなく映像作品としても高評価です。

6人中、6人が参考になったと投票しています。

悪くはなかったけど…

光井ひかりは、初見です。色白で、がたいがよく、胸は小ぶりですが、お尻が大きく、下半身の魅力的な女性です。後背位のカットが多めだったのは、女優を生かすためだったのかもしれません。食事のシーンでほうとう鍋が出てきますが、こういうこだわりが好きです。
タイトルに7日目とありますが、厳密に7日という訳でもなさそうです。以前は、7日後に上司が転勤したり、旦那が7日間出張だったり、7日で処理しなければならない事案があったりしましたが、最近は7日に特に意味はないみたいです。
全体的にはよかったのですが、不満な点を少々…。
6日目のベッドのシーンでパンティをはぎ取られるところがありましたが、半分くらいずらしておいて、あとは自分で脱いだ方が堕ちた感があってよいと思います。最後のからみで、上司のセックス指導があります。これは2~3日前からやっておいて欲しいです。最後は、上司がしゃべるより、妻の方が、隠語を言った方がいいと思います。からみの前に「旦那が子ども欲しいって言ってるんです」と言うより、からみの最中に言った方がいいように思います。ですので最後は中出しで終わった方がいいと思います。その方が、最後の電話が効いてくると思いました。もっと、パケにあるような台詞を言ってくれたらいいのに…。

7人中、6人が参考になったと投票しています。

ぐだぐだ感がよい

英会話講座の普通のダベリのぐだぐだ感がよかった。
ダベリながらはめるというのが個人的にツボでした。

7人中、6人が参考になったと投票しています。

これはレアです

ふつう、電話のシチュエーションでは、女が生の声で、男がモニターの音声の場合が多い(ない場合もある)のですが、この作品(2人目)は逆で、女がモニターの音声で、男が生の声です。これはとても珍しいと思います。一度、女のモニターの音声を聞きたいと思っていたので、とてもうれしく思います。予想通り、エロかったです。
そもそも、電話のシチュエーションでエロさを感じるのは、女の息づかいだったり、不自然に言葉が途切れたり、間延びしたりするときの奇妙な違和感ではないでしょうか。バレるギリギリのところだと思います。電話のシチュエーションで大切なことは、女が嘘をつくこと、喘がないこと、背徳感があること、ではないかと思います。本作品では、このような条件をクリアしており、電話のシチュエーションが好きな方には、ぜひ、おすすめしたいと思います。

6人中、5人が参考になったと投票しています。

こ、これはオススメです!

時節、挿入されるモノローグがすごくいい。モノローグは多くなく少なくなく、ポイントを得たところで挿入される。淡々と読み上げる台詞は、一層背徳感を盛り上げる。このような女性の心情を上手に表現したモノローグは、AVでは稀少に思う。台詞は、1日目の「イヤ」から徐々に「イヤ」「気持ちいい」、さらに、「大きい」「奥まで入っている」など、日を追うごとに数が多くなり、変化していく。大島優香の演技はうまい。もともと喘ぎ声も上手な女優だが、さらによいものにするためにリクエストしたい。イク前に過呼吸になるあの時の息づかいと奥を突かれたときの喉の奥から出る低い声も再現してほしい。呼吸、高い声、低い声、隠語などバランスよくメリハリをつけて演じてもらえたら最高だ。大島優香ならできる。ラストのカバンが落ちるカットで終わったところはよかった。その後は視聴者の想像力にまかせればよいと思う。映像化すると茶番になってしまいそうで…。
他にも見所がたくさんありすぎて書き切れない。いい買い物をしたと思う。

5人中、5人が参考になったと投票しています。

KAORIの違和感

本シリーズは、台詞や構図、アングルなどほぼ原作を忠実に再現するところが好きです。きとるね監督はすばらしい。今回は、実写に原作の絵を挿入するところが、新しい演出のようですが、これで少し違和感のようなものを感じました。タカスギコウの描く女性の方が色っぽいのです。多分、原作とKORIの醸し出すオーラがマッチしないのだと思いました。なんとも言いがたいのですが、KAORIには、母親というオーラは無いように思います。兄嫁とか、ちょっと手の届かないような、そんな役の方が合っているように思います。KAORIが悪いんじゃないんです。原作の持つテイストとKAORIのキャラが微妙にミスマッチしてるのではないかと…。メイクもなんか変だし…。とは言え、KAORIのナイスバディのおかげで抜ける作品になっていると思います。

6人中、5人が参考になったと投票しています。

需要はあると思う

AV女優がIVに出ることのメリットは、エアプレイがうまいってことでしょうか。
エアコンのボクカノと見比べてみました。IVの方がすとーりー性があり、台詞も抑えられて妄想をかき立てられ、エロいと思いました。
ハックツ美少女Revolution さくらゆらと見比べてみました。IVの方が化粧がケバくなく、フレッシュでかわいいと思いました。
IVとAVの中間というコンセプトは需要があると思います。今後に期待して、良いにしておきます。

6人中、5人が参考になったと投票しています。

スピンオフ?

浅野えみは、明るく健康的で、体も厚く丸みを帯びていて、ムッチリしていて、私の好きな女優の一人です。
本作品のタイトルに「?」を感じつつ、鑑賞しました。
後日、「SOD宣伝部 入社2年目 浅野えみ カメラの前で思いっきり感じた、・・・」を見たら、最後にREbeccaに取材に行くというところで終わったので、「?」は解消されました。普通は、SOD作品を先に見るのでしょうけど。
女の子の撮り方は、やはり、イメージビデオの方が上手だなと思います。でも、イメージの脳内補完のためにAVも必要かなとも思ったりしました。
こっちの浅野えみの方が、可愛く撮れていると思います。

7人中、5人が参考になったと投票しています。

台詞の「間」がいいです

「…それに、いつだって、ダメとは言うけど、やめてとは言わない…」
「わかってないわね…」
会話の間、そのときの表情、場面転換の短い風景のカットなどの編集もうまいなと思いました。
原作は読んだことはありませんが、原作があるということは、台本やプロットがしっかりしているということです。
AVドラマ=粗製濫造とは思いますが、よい台本、演出、編集、監督、女優が揃うと、ドラマとしても見られる。
本作品は、私には結構ツボでした。
また艶々作品の実写化を希望します。

6人中、5人が参考になったと投票しています。

よくしゃべる

前作に比べてよくしゃべります。
ご主人のちんぽと比べてどっちが気持ちいいですか。
そんなこと聞かないで。
どうですか。
横山君の方が・・・気持ちいい。ついて、もっとついて。
という感じで、スィッチが入るところがいいです。
セックスにいたるまでがやや強引ですが、セックスに入ってからの台本が気に入りました。
最後のところで、ご主人と目が合うところがあります。
初めから、目を合わせるので、見られていたことに気づいていたのでしょうか。自分としては、見られていることに気づくところの演技が見たかった。あと、ここのシーンはドアを写して、隙間から見ている感じを出してくれたらいいなぁ、と思いました。

8人中、5人が参考になったと投票しています。