ヘルプ

レビュー情報

yasuhisaさん

  • レビュアーランキング

    37562

  • レビュー投稿数

    4

  • 参考になった割合

    75

並べ替え

  • 1
  • よくまとめられているループもの

    様々な伏線が張られ、回収されていく様は圧巻。
    鳥肌物の展開もいくつか用意されており、飽きさせないテキストも相まってとても楽しめる。
    コンパクトながら非常によくまとまっている作品のように思う。

    多少ボリューム不足のように感じることはあれど、プレイする価値はアリ。

    もう少し主人公が賢く動いてくれればなおよかった。

    購入・利用済み

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • トリノライン

    アダルトPCゲーム

    演出はピカイチ しかしシナリオは……

    立ち絵の演出は類を見ないこだわりが感じられる。
    キャラの前後関係やぼかし効果、アップ表現なども相まって一見たくさんの一枚絵が用意されているように感じるほど。
    瞬きや口パクも実装されているため臨場感は申し分ない。

    シナリオに関しては重いテーマであるにもかかわらず浅いと言わざるを得ない。
    文章量はそこそこあるが、大半が主人公の葛藤で、物語の動き自体はそこまでない。
    その葛藤も描写が丁寧といえば聞こえはいいが、その実同じ内容を繰り返している。

    主人公が「それは悪手だろう」という行動をナチュラルにとっていくのもストレスフル。
    ご都合主義な展開も多々あり、テーマに対しうまく広げることも、まとめることもできていない印象が強い。

    購入・利用済み

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 迷ってるなら即購入

    芸術を題材に主人公の生き様をこれでもかと見せつけられる作品。
    周囲の幸せのために彼が何を行い、何を失い、何を得るのか。
    読む手は止まらず、最後には胸を打つ結末が待っている。
    是非ともプレイしてみてほしい。

    難点としては、心情の機微を描写するために歴史上の詩や本からの引用が多々あって理解しづらい部分があるところ。
    ただ別にそこは深堀しなくても問題ない。
    わかってなきゃいけないことに関してはちゃんと説明してくれる。
    また物語の性質上主人公がプレイヤーに多くの情報を隠すため、それをストレスに感じる人は注意。

    購入・利用済み

    参考になった1

    投票数2

    参考になった1

    投票数2

  • 1