サイト内検索

ゼッタさんのレビュー情報

レビュアーランキング
39906
レビュー投稿数
4
参考になった割合
100%

投稿済みレビュー作品

4件中 1 - 4 件目を表示

並び替え

  • 1

前作『アマツツミ』の精神的続作で、シナリオ重視です。

『ほめらじ』で有名なパープルソフトウェアさんの新作で,前作『アマツツミ』のファンで、興味があったので、プレイしてみての感想です。
まず、パープルさんの作品は、近年は特にシナリオが重視されていますが、固定のライターさんがいなかったためか、クオリティがまちまちな感じでした。が、『クロノクロック』→『アマツツミ』→本作については、メインのライター様が同一となっていますので、ここ2作品程は、かなり安定して、高水準のシナリオのゲームが出せていると筆者は感じました。
シナリオの内容についてですが、パープルさんの公式HPなどで、紹介されているように『アマツツミ』の精神的続作となります(話は直接つながってはいませんが、前作、前々作のファンサービス的な内容も含まれていましたので、従来のファンの方にもおすすめです)。筆者の個人的な見解というか感想なのですが、前作『アマツツミ』はエンターテイメント性は抜群で、面白い作品なのですが、作品のメッセージ性がやや弱い印象で、読解力の弱い筆者のようなプレイヤーは、感動はできますが、物語の意味合いについては、よくわからなかった、という感じでしたので、ほぼ同じメッセージ性をもち、かつ分かり易く伝えて来る本作の方が、より楽しめました。前作をプレイされている方はご存知かと思いますが、「言葉」が1つの大きなテーマとして扱われており、本作のグランドルートのヒロインである、あかりのセリフに「想いは秘めるものではなく、伝えるものです。物事をより良くしようとするなら、それらを正しく言葉にするべきなんです。」という意のものがあるのですが、これにピンと来た方は、是非購入してプレイしてみてはと思います。また、このセリフ回しがあるシーンは端的に作品のテーマ性を示しているシーンであるとともに、主人公からヒロインへの告白のシーンでもあるのですが、上のセリフを踏まえた上での、ヒロインの主人公の告白への反応が非常にいじらしくて、大変よろしいものに仕上がっていましたので、シナリオゲー好きの方のみならず、キャラ萌えを重視するプレイヤーの方にも是非おすすめです。
最後になりますが、前作との相違点として、本作はいわゆる普通のルートロック解除式のギャルゲーで、前作のような途中下車(有名どころだと『シュタインズ・ゲート』)方式でない点もすきずきではありますが、評価できるポイントかと思います。

2人中、2人が参考になったと投票しています。

伝奇モノ+サスペンスに定評のある、あっぷりけさんの新作です。

元々、あっぷりけさんのファンで興味があったのですが、本作品は無料版でメーカーさん、ユーザーともに試行して、そこから拡張していく云々、というコンセプトでした。あっぷりけさんの作品は代表作である『黄昏のシンセミア』(以下、『シンセミア』)などもそうですが、真相に辿りつくまでの過程がすごく楽しいものが多く、初見での衝撃や楽しみがかなりのウェイトを占めるので、筆者のように、あえて所謂、完全版が出るまで待っていた方もいらっしゃるのではないかと考えます。
前置きが長くなりましたが、本作は『月影のシミュラクル』にエロ・グロ両方の18禁要素を追加したかたちで、所謂、完全版です。
内容としては、先にメーカーさんの代表作として挙げた、『シンセミア』のような伝奇モノ+サスペンスの色が強く、ファンの方ならばご存知とは思いますが、主人公・ヒロインともに例外なく、死亡してしまうルートも存在し、メーカーさんのお言葉を借りるならば「CGが真っ赤」な状態になることもあるので、グロい描写が苦手な方は回れ右です。
上記のような内容を踏まえた上で、筆者が本作をよいと思う点は、やはりシナリオだと思います。伝奇モノ+サスペンスに必要な、わかりやすい文章や伏線のはり方や回収の流れ、独特のユーモア、危機的な場面での心理描写などかなり高水準で纏まっており、あっぷりけさんの作品といえばやっぱりこうでなくちゃという要素がミドルプライスという比較的短い尺の中に、凝縮して詰まってますので、メーカーさんのファンの方のみならず、シナリオゲー好きの方には、是非おすすめしたい作品となっています。
筆者的に本作を特におすすめしたいのは、『シンセミア』を楽しんでプレイした方で、この世代のユーザーさんには『シンセミア』→『花の野に咲くうたかたの』とプレイし、「ちょっと期待していたのとは違う」となってメーカーさんから離れていった方も少なからずいると思いますので、原点回帰をしつつ、『シンセミア』ほど長くない尺の本作は、是非おすすめしたい1作です。クラウドファンディングを行うことで少し話題になりましたが、あっぷりけさんの次作『クロスコンチェルト』も基本的には本作ないしは『シンセミア』の路線で開発するということでしたので、次回作も本作が好きな方には堪らない作品になると予想できるので、まずは手頃なボリュームの本作からプレイされてみてはと考えます。

1人中、1人が参考になったと投票しています。

ワンコとリリー【Windows10対応版】

2018/07/10 - アダルトPCゲーム

「余計な事を考えなければ、世の中って意外とシンプルなものだわ」

文章力に定評がある、トノイケダイスケ先生のCUFFSでの2作目の作品となります。知る人ぞ知る名作と言って相違なく、当時、夏コミのみの限定販売の予定でしたが、予想以上の反響があったため、製品版も追って発売された、という経緯のある作品です。そのため、古参のゲーマーの中では知る人ぞ知るといった立ち位置にあるのですが、特に評価されたのはシナリオで、かいつまんで説明すると、「主人公とヒロインがペット(ワンコとリリー)と一緒に散歩する」だけなのですが、何故か感動し、場合によっては涙する方もいるという不思議な作品です。
筆者は涙してしまったプレイヤーの一人なのですが、特に印象に残ったのが、レビュータイトルのセリフ回しが出てくる場面です。基本的にこの作品は、ワンコとリリーの様子を基に、主人公とヒロインの透子さんが雑談をする展開が多いのですが、主人公が怖がったり喜んだりを大げさに表現するワンコの単純っぷりに皮肉を言ったときの透子さんの返しがレビュータイトルのセリフで、この後、「余計な事って何?」→「色々。必要じゃないものは余計なもの?」→「じゃあ必要なものって?」と続くのですが、この後のセリフ回しが非常に俊逸で、作品の世界観やメッセージ性を端的に示しているので、興味を持った方は、是非プレイして、確かめていただければと思います。
トノイケ先生の作品は、回りくどい作品が多いことでも知られていますが、本作は読むのが早い人だと、ボイスが無いのも相まって、3~4時間ほどで読了できる程度の尺で収まっているので、あまり回りくどい描写が少ないというのも良い点だと思います。作品の系譜としては『さくらむすび』→本作→『Garden』となるのですが、間違いなく本作が一番わかりやすく、トノイケ先生の持ち味を端的に表現出来ていると思いますので、作品を咀嚼するように楽しむといった嗜好の無い方でもおすすめです。また、前後の作品と比較すると鬱要素がほぼ無いに等しく、始終優しい世界観を味わえますので、現実に挫けそうな方に是非おすすめしたい作品です。
長くなりましたが、サントラがついてくるverがあるという点もかなりお得だと思います。というのも、現在のようにデジタルで売られる前までは、サントラ自体がかなり希少で、冗談でなく1万を軽く超える値段で取引されていたので、よい時代になったなぁ、としみじみ思いました。

1人中、1人が参考になったと投票しています。

シナリオゲー好きなら是非ともおすすめしたい作品です。

「ほめらじ」で有名なパープルソフトウェアさんの準新作です。筆者は元々『ハピメア』などで同メーカーさんのファンになったのですが、その後の評価があまり芳しくなかったため、少し離れていました。が、本作がネットで高評価されているのをみかけて、興味があったので購入・プレイしてみての感想となります。尚、次作である『アオイトリ』もプレイしているので、比較しつつレビューしたいと思います。
まず、本作品の1番の評価点はシナリオだと筆者は考えます。シナリオゲーで高評価を得ているものは、大体2種類に分類されると筆者は考えます。1つ目はプレイヤーを飽きさせないようなエンターテイメント性に優れた動的な作品。2つ目は多少冗長気味になってでも、物語や作品のもつテーマを丁寧に語りかけてくる静的な作品です。その上で筆者は本作『アマツツミ』を前者と捉え、次作『アオイトリ』を後者であると考えています。
というのも、本作は『シュタインズ・ゲート』や『穢翼のユースティア』などと同じ、途中下車方式のシナリオ展開をしているのですが、かなり序盤からシナリオの大きな山場がある上に、各ヒロインの物語にしっかりと起承転結が描かれており、かつグランドルートのヒロインである、ほたる√は、世界観を覆しかねないインパクトを秘めている、と言った具合にプレイヤーを飽きさせない工夫が幾重にも仕込まれているためです。そのような都合から、エンタメ性には優れているのですが、情報量が多く、それを1本のシナリオ上で表現しているので、読解力の低い筆者のようなプレイヤーは、最後までプレイしても、「感動はしたし、面白かったけど、メッセージ性については、よく理解していない」という状態に陥りがちです。
物語上のメインヒロインである、ほたるの目線で情報をまとめると当作品が「言葉」を真摯に扱った作品であり、次作『アオイトリ』の前提となってくる価値観にも繋がるのですが、いかんせん情報整理しにくい作品であると筆者は考えます。ただ、序盤でほたるが主人公に「僕はみんなの笑顔と幸せを守る。みんなのために自分を守る。」という意の誓いを立てさせるのですが、それを軸に考えると案外シンプルな作品です。
長くなりましたが、エンタメ性重視の方は本作を。物語性重視の方は次作をプレイするとよいと思います。もちろん両方プレイするのも是非オススメです。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1