サイト内検索

かんなかんなさんのレビュー情報

レビュアーランキング
26287
レビュー投稿数
3
参考になった割合
69%

投稿済みレビュー作品

3件中 1 - 3 件目を表示

並び替え

  • 1

社会と向き合うあなたへ

 やりたい事が見つからない。
 でも生きるには、社会価値を示さなければならない。学生時代に、己と向き合えなかった人ほど、楽しめる作品。
 出来れば、まだまだ社会に染まらない若い内。
 出来れば、一度は、なにかに失敗した人達へ。
 この世界を読み終えて、ゲームを終了した時。
「試してみるんだ、もう一度」
 と、思える心が、あなたへ届くかもしれない。

 萌えゲームとして。
 操作性。不快感はなく。ミスは、多少ありましたが、重大な場面では、ありませんでした。

 CG。素晴らしい。想像力が強い方なら、視覚への刺激を通して、匂いや触感、体温すら感じられるでしょう。
 感受性が高ければ、重みすら感じるかもしれません。

 サウンド。適合しています。少なくとも、私が思った世界を、壊す音はありませんでした。
 ある一つの曲は、個人的な思い入れがありまして、物語への運命をくれました。ありがとうございます。

 シナリオ。グランドまでに伏線を重ね、回収をしエンドを迎える構成、と言えましょう。
 あの終わりが、ハッピーかバッドか。
 個人の感想です。あえて、私見であり愚見は述べません。
 前述しましたが、出来れば若い内に。ひねくれすぎる前に、味わってほしい。

 エロシーン。CG面と、感想が合わさりますので、あえて不満だけ。
 素直に言うならば、もっと欲しかった。
 無論、存在するエロシーンに、不満はありません。
 リアルでエロい。

 からこそ、もっと。予算の都合、世界観もあります。
 爛れたエロスは、想像しづらい世界です。分かります。
 でも! もっと! エロシーンが欲しかった!! 
 ――欲しかった!! 超、欲しかった! 
 
 なかったエロとか言わないけど! 要望とかは書かないけど!
 エロを! もっとエロを!! 凄い絵なんだから!!
 本当にね。いや、良かったけど。受賞の通り、良い萌えゲーだと、思いますけど。

 最後になりますが。
 受賞、おめでとうございます。この世界を用意してくださって、本当にありがとうございました。
 そうして、もしかすれば、これからプレイするあなたへ。
 何よりも、既にプレイして、社会的価値があると、認めてくださった皆様へ。

 私が愛せた作品へ、あなたの時間をありがとう。
 次回作が、良い作品とは限りません。この会社が、潰れるかもしれません。
 それでも、この世界があり、あなたが注いだ全てへ。
 ありがとうございました。

7人中、6人が参考になったと投票しています。

楽しかったです。

 多くの伏線。その全てを、回収したエンディング。
 無意味な文章や、描写は殆どなく。起伏がなされ、楽しめる物語でした。
 退屈をしない。読者を楽しませる。
 物語として、とても素敵な作品だったと、私は思います。

 キャラ。
 愛らしい女性キャラはもちろん。何よりも、男性キャラが魅力的でした。
 意味深な、それでいて、味わい深い敵役。知略、思考の競い合い。
 燃え、頭を使い、結末、決着を見たときに、ああ…素晴らしい。と。
 退屈させないやり取りが、大きな魅力だと、私は思っています。

 エロシーン。最高でした。主人公は、紹介の通り変態で、最高でした。
 愛情があるからこその、エロエロです。素晴らしい。素晴らしい。

 サウンド。深い印象はありません。ボイスも含めて、ならば。
 さいっこうでした! 何度、萌えて、燃えまくったことか。
 ヒロイン達の、愛らしい声。主人公の熱い…熱すぎる戦闘シーン。
 素晴らしい。此ばかりは、シーンを確かめていただきたい。

 シナリオ。とても、完成度の高い物語だと、私は、思います。
 伏線回収の美しさ。熱い展開。落ちる時の、不安と焦り。
 足掻き、手にしたエンド。甘い、からこそ求めた、優しい世界。

 あのエンドを考えるに、或いは、滑稽かもしれません。
 だけれど。それでも、彼ら、彼女たちは。
 生きている。たしかに生きて、いるのだと。
 そう思わせてくれる程に、良い物語でした。

 最後に。良い世界を、ありがとうございました。
 まだまだ、楽しませてもらえる事を、願っております。

4人中、2人が参考になったと投票しています。

あのあけいろの景色を、忘れない

 まずはじめに、とても良い物語を、ありがとうございました。
 どのルートに入っても、後悔がなかった物語であり、本当に楽しませてもらいました。
 まず前提として、怪奇の話。所謂、心霊モノであり。
 完全に、後味の良い話であった、とは言いがたい作品です。
 だからこそ、心に刻まれた。完全無欠のハッピーとは、言いがたいから。
 この作品を楽しめた。ああ…終わったのだな、と。感じられました。

 構成する要素として。
 シナリオ。素晴らしい。伏線も良く。キャラのぶれもない。
 進めていくごとに愛着が湧き。皆、良いキャラでした。
 掛け合いも面白く。気の置けない仲間同士の、楽しいやり取りでした。
 結びに至るまで。きれいだったと思います。

 サウンド。オープニングに惚れました。印象が深く。
 bgmとして、流れた時は、更に惚れ直しました。良い曲たちです。
 逆にエンディングは、オープニングほどの惚れはなく。
 もっとも、好きなのがopなのであって、全体的に、素晴らしいと感じました。
 
 cg。あまり使いたくない言葉ですが。
 完璧と言っても良いでしょう。少なくとも私は、求めていた要素を、完璧に満たしてくれた。とあるエンドにて、そこは絵がいるだろ! と思った直後に。
 思い描いた通りの。いや、遙かに超えた一枚絵。最早、噛みしめるばかり。
 欲は果てなく。満たされはしない。のに、満足ができました。
 エロも良し。最高に良し。うっひょお!!

 バグもなく。ナビも完備。良いゲームでした。値段以上の価値がありました。
 不満点を、あえて上げるのならば。
 この世界線系列の話が、もっと読みたい。続編とかで、もっと。
 でもなあ。壊したり、劣化するのは、絶対に嫌だなあ。
 前作がまだなので、プレイをしてみたく思っております。

 最後になりますが。
 全てが救われる終わりは、ありません。ご都合主義は薄く。悲しい流れもあります。
 だからこそ、始まりと終わりのあけいろを、その眼で見てほしい。
 

2人中、1人が参考になったと投票しています。

  • 1