サイト内検索

4月生まれさんのレビュー情報

レビュアーランキング
3993
レビュー投稿数
19
参考になった割合
64%

投稿済みレビュー作品

19件中 1 - 19 件目を表示

並び替え

  • 1

おいっ、そこのオヤジッ!!

コンビニでたむろってるヤンキー達にひびったこと、あるだろ?
こそこそと、コンビニに入っていく自分を情けなく思った経験あるよな。

そして、そんなヤンキーのなかに、美人がいるの見たことあるだろーよ。

「なんで、こんな美人が、ヤンキーやってんだ」
「……こいつら、もうヤッてんだろうなぁ」

そう心の中で思いながら、さっきまで残業でパソコンに向かっていた自分が、なんかワリを食っている気がしたことあるだろ。

……オレはあるよ。
ああ、あるともさ。

あのヤンキー達に囲まれた女とやれる……としたら、どうよ?

想像してみてくれ……。


毒づかれながら、重ねる唇。

長い付け睫毛と、濃いアイライン。
その顔が快感にゆがむ。

焼けた大きな胸が、目の前で跳ねる。

罵倒されながら、最後には中だし。

さぁ、目を閉じて……。








どうだ勃ったか?

勃ったら、買いだ。

勃たなかったら、やめとけ。お前の桃源郷は別にある。

21人中、16人が参考になったと投票しています。

この作品は,すごい-言葉では言いつくせない感動-

この作品はすごい。

まずは、女優が美人。
そして、体がエロい。
更に、画像が綺麗。

美人、エロい、綺麗、なんてならべると、「ふーん」とか、「あ、そ」なんて思うだろう。

そりゃ、思うわな。私も思うわ。

けどな、けどだよ、けどですね。

その三つが揃ったときの、KMPの実力はワンランク上がる。
今まで、KMPの作品に欠けていたのは、画質だ。

それがついに、揃った。現実な言い方をすれば、たぶん機材を新しくした。
とにかく、画質がネックだったのだ。

そして、だ。
編集にも、磨きが掛かっている。

密着感がたまらない。
キスがとにかく多い。
ズレは全くない。
距離感も最高。

間近に息づかいを感じられる。
キスをするときに、自分の唇をどう動かすのか考えてしまうほど、リアルだ。

KMPVR-彩- あなどれない……

とにかく、見てほしい。この作品は。
今まで、いくつものVR作品に、騙され、コケにされ、あるいは失望してきた人にこそ、見てほしい。

いま、午前1時30分。
明日も朝早いのに、こんなレビューを書かせてしまうほど、この作品は力がある。

買って後悔したら、私を恨んでくれていい。
あ、でも、藁人形とかは、カンベンな。

15人中、15人が参考になったと投票しています。

画質は、最高レベル 乳首を見ているだけで「お替わりお願いします」

……イイ。

これ良いです。

あれぇ、なんか有名女優を使っていると、出来が悪いっていうのが、今の相場でしょ?

この作品、とってもいいだけど……どうして?

距離感も良いし、女優さんは綺麗だし、演技も、耳元ささやきやキス多めの演出もいいぞ……あれぇ。

対面座位がメインの体位も、私としては高評価。

それになにより、画質がすごく良い。
パケ写の「超高画質」のあおり分に偽りなし。

じゃあ、なんで、星が4つなのか。

それはね。

ブラをいつまでもつけてるから。


半乳をチラ見せするのは、最初の5分だけで十分なんじゃぁぁぁぁああ。
(心からの叫び)

けどな、ツンとした濃い赤色の乳首はすっごくエロいよ。画質は最高だしこれだけでも、抜ける。

ということで、気に入らないのはいつまでも着けているブラぐらい。

まなさんのファンだけではなく、万人にお勧めです。

14人中、11人が参考になったと投票しています。

初めてのメーカーだけど、Good!

佐々波綾さん、ということと、レビューが高かったので、ポチりました。

オナサポの意味がわかっていなかったけど、新しいジャンルでなかなか楽しめました。

とはいえ、この作品の価値は、ラスト5分にありますね。
対面座位で、キスを何度もしながらの中だしは、興奮間違いなし。

体位は、人それぞれ好き好きでしょうが、私的には、
対面座位がナンバー1。

フィニッシュは、対面座位がジャスティス。

更に言えば耳元の囁きと、キスが多めだと更に良し。

結構、簡単なことのようだけど、これを高いレベルで見せている作品は数えるほど。
この作品は、その中の一つだ。

監督の力もあるだろうけど、やっぱり佐々波綾さんは、VRに慣れてて、視線の動かし方や、台詞回し、それにキスの距離感など、可愛い顔して、ベテランの風格がある。

最後に、このメーカーさん見たことないなぁと思ってたら、まだVR作品はこれだけなのね。
最初に、これだけの作品はつくれるのは凄い。
今後に期待します。

27人中、11人が参考になったと投票しています。

世界の波多野、サイコー!!!

最近、自分の勘違いに気がついた。

有名女優さんのVRは、駄目だ。
そう思ってた。

そんなことない。
そんなことないぞ、同士よ。

騎乗位と、対面座位の二つの視点で、作られているこの作品は、どちらの視点も距離感は問題ないし、チンポジも合ってる。

そして、女優さんの演技がとっても良い。

波多野さん、うまいねぇ。
演技が。

感動した。

会話も、エッチをしながらの囁きも、こちらをしっかり見つめて外さない視線も、どれもばっちりだ。

この作品の中で、一押しは、中出し後の感じているときの目だ。

目を閉じているようでいて、うっすらと半目が開いている。そしてその視線もこちらの視線とあっているのだ。

喘ぎながらの、その瞳はもうたまんないよ。

その顔を思い出していたら、上のほうで書いていていた距離感とか、チンポジなんていうレビューがあまり意味がないような気がしてきた。

すでにVRは、そんな基本的なことで競っているのではない。
監督の演出や、女優の演技のレベルを競う段階にきている。
(もちろん、基本的なところができないメーカーもまだ多いけど)

SODや、KMP、お夜食カンパニーw(このwの意味は、この作品を見てもらったらわかるよ)なんかは、このレベルだろう。

他のレビュアーも書いてるけど、隣の人を追い返す演出もすごく面白い。
女優さんの演技力が、世界の波多野(w)レベルではないと難しいかもしれないけど、ね。

演出や、演技という点からみて、この作品はかなり高いと思う。
買って損はない、というレベルではなく。

買わないと損、というレベルだと思う。


最後に、「世界の波多野、サイコーーーーー!!」

いやね、ワタシね、単純なんですわ。

そりゃあ、女優さんが部屋に来て、「レビュー書いてね……約束よ」なんて言われたら、レビューを書かないわけにはいかないよね。

作品を見て、「このあと絶対に、レビューを書くぞー」なんて思ったのは、この作品が初めてだ。
みんなも、この作品を見て、レビューを書こーぜ。

8人中、8人が参考になったと投票しています。

20回までは数えた

中出し懇願。
この点が、前面に出されてるけど、この作品のすごいところはそこじゃない。

キスだ。

実は、キスが大好きである。
それもVR動画のキスが大好きなのだ。

2DのAVのカラミを見ているよりも、VRのキスシーンのほうが勃つ。
何度もキスを繰り返されれば、それだけで抜ける。
なんだったら、お替わりしてもいいぐらいだ。

同士もいるはずだ。
……いるだろ……いるよな?。

そんなVRキスマニアにとって、この作品はマストバイ。

とにかくキスが多い。
私はキスが好きだから、キスの回数を数える癖がある。
この作品も、途中まで数えていたけど、あまりにもキスが多くて、途中でやめてしまった。

そのキスが、とてもうまい。
小鳥のようについばんだかと思うと、長く重ねたり、舌を動かす湿った猥雑な音なんかも上手く使いこなす。

キスをした後に、耳元への囁きも忘れない。

「赤ちゃん、ほしいな」
目の前で、乃亜ちゃんが恥ずかしそうに俯く。

「子宮の奥で、精子だしてね」

そして、またキス。

これで勃たなかったら、男としてマズくね?

……あれ、なんだかんだいって、中出し要求で興奮しているのかも。

まあ……キスでも、中出し要求でも、どっちでもいっか。
買って後悔はしない作品だと思うよ。

9人中、8人が参考になったと投票しています。

ちょっおぉぉおおおと、待った!!

これ良いよ。

良いっすよ。
なんか、友人夫婦ものと比べると評価が低いみたいだけど、こっちのほうが私は好きだな。

まず、心配している人がいると思う。

このパッケージは、「ジャケマジじゃね?」というヤツだ。
(ジャケマジ=ジャケットマジック=ジャケ写真では綺麗なのに、動画を見るとどう見ても別人)
いやね、私も以前、SODに騙された口だ。
具体的に言えば、「斎藤○ゆ」。

安心してほしい。
このジャケ写真に嘘はない。

「いやいや、あれだろ、麻里梨夏でしょ、こんな可愛くないよね。これじゃ、紗倉まなレベルでしょ」
(麻里梨夏さんファンの人、すんません)

いいたい気持ちはよく分かる。
私も、騙されるのは覚悟して買ったのだ。

結果、本当に可愛い。
なぜだ。

ライトの当て方なのか?
下から見上げる角度がいいのか?
それとも、この撮影のときだけ、お化粧ののりが良かったのか?
本当に、めちゃくちゃ可愛いのだ。

いや、それとも、これが恋?

……それはともかく。
本当に可愛い。これだけでも、買って良いと思えるほど可愛い。

シチュエーションも良い。
友人夫婦ものは、妻や友人は寝ていたために、寝返りうったりするぐらいしか、邪魔しようがなかったが、今回は妻も起きている。

それが面白い。

カーテン越しに話しかけてくるのだ。

妻 「ねぇねぇ」

ここで、梨夏さんが体を硬くする。
なにせ、梨夏さんは私に騎乗位で跨がっている。

カーテンの向こうの妻が本当に嬉しそうにこちらに声を掛ける。

妻 「子供ほしいねぇ。新婚旅行で子供つくろう」

梨夏さんがニンマリする。そして、耳元に口をよせる。

梨夏 「もう、子作りしちゃってるね」

梨夏さんの瞳が小悪魔のように妖しく輝くと、肉付きの良い腰が生き物のようにいやらしく動きだす。


……な、いいっしょ。
最高っしょ。

買いだと思うよ。

11人中、8人が参考になったと投票しています。

佐々波綾さんは、やっぱり唇=キスだろ?

佐々波綾さんの魅力は、唇にある。

異論は、まぁ……認める。
だって、胸も綺麗だし、かわいいし。

でも、やっぱり唇だ。
さらに言えば、下唇だよね。

ぽってりとしているのに、小さくなくて、テラテラしてる。

だから、綾さんの作品では、キスが一番の楽しみ。

安心して良い。
いや、期待して良い。

この作品は、キスシーンが一杯ある。
目一杯だ。

それだけで、満点だ。

さらに言おう。
そのタイミングが絶妙だ。

綾さんが対面座位でいった後に、必ずキスが入るのだ。

「気持ちよかった」「いっちゃった」
そこで、キスだ。

サウナで上気した頬。
しっとりと汗をかいたうなじ。
二の腕には、玉のような汗が光っている。

そして、濃厚なキス。
あの、ぽってりとした唇で、だ。

サイコー。
みんなに見てほしい。自信をもってお勧めする。

9人中、7人が参考になったと投票しています。

あそこの匂いがする

この作品、女優さんのあそこに匂いがします。

嗅(か)げます。
あそこの匂いが嗅げます。

くんかくんかと、嗅げるのです。

本当に、匂いが嗅げます。
目の前にうめぼしがあれば、唾がでるでしょ。

あれと、おんなじ。

目の前に、あそこがせまってくるので、匂いがするのだ。
錯覚じゃなく。

いやぁ、すごい。

「菊川みつ葉」のあそこの匂いが嗅げて、この価格。
超絶、お買い得だ、さぁポチれ。

8人中、6人が参考になったと投票しています。

駄作!!!

駄作だよ。

コメントするのもつらい作品ですが、あとから続く人のためにレビューします。

あ、ちなみに、星ひとつになってますが、本当はマイナス5です。


ハードは、PSVRです。

まず、はっきりといいます。
距離感が間違っている。

VRなのに、キスが届いていないってどういうこと?

目の前のスタンドとキスされても、まったく興奮しないよ。
これだけでも、駄目だよね。

これだけで、私は星一つにします。

更に、機材の問題なんだろうけど、右と左に丸い黒い影が大きく突き出ていて、一般的なVRどうがよりも視界がすごく狭いです。

だけど、これで終わらないのがつらいところ。

この女優さん、大根だよね。
綺麗なのは、わかるけど、なんでこんなに演技が駄目なの。

新婚っていう設定なんだよね。
スタッフの中で、結婚したことある人いないんですか?

初々しさや、ラブラブ感とかまるでないのは何かの嫌がらせですか。
耳元で囁くことすら、嫌なんですかね。
なんで、「好きだよ」とか「愛してる」とか、耳元で言えないの。

それからさ。
紹介文に、「興奮させてきてパイズリ、オ○ンコ丸見せピストンでいっぱい何度も発射させてくれます」ってあるけど、これテコキやフェラのことだからね、注意ね。

本番は最後に一度だけあるけど、わざわざゴムつけてます。
新婚なのに、なんでわざわざゴムを目の前でつけるんですかね。
そういうことを気にしなくなるのが、新婚なんじゃないの。

いやね。
AVなんだから、ゴムつけてもいいのよ。もちろん。
女優さんも、体大事なんだからさ。
でも、そういうのは、編集で隠すもんでしょうよ。

あ、それから、小人感はなかったよ。
よかったよかった、はいはい。

111分も、酷い演技と、裸体の出し惜しみをする女優さんと見つめ合うのは、そりゃあもう苦行ですよ。

私は、たぶん10分も見ていない。
それよりも、このレビューに時間を掛けてるぐらいだわ。

なぜ、先輩諸氏のレビューを待たなかったのか、自分自身に腹が立つ。

あーあ、馬鹿馬鹿しい。
佐々波綾ちゃんの作品を見て、寝よーっと。

4人中、4人が参考になったと投票しています。

ほだされる

祐奈さんは、決して演技は上手くない。

例えば、祐奈さんが「すっごく感じるよ」と言う。だけど、「すっごく感じて」はいないことが分かる。

ただ、祐奈さんは一生懸命に演技をしている。

「すっごく感じている」と言う祐奈さんが、懸命に演技をしているのが、伝わってくる。
VRのレンズ越しに、イヤホン越しに、伝わってくるのだ。

ああ、この娘、私のために一生懸命だなぁ、ってなっちゃう。

だからね、ほだされる。
その一生懸命な姿にほだされちゃって、なんだかすごく感じるのだ。

何しろ、二回した。
いい年したオヤジが、続けて二回。

対面座位(騎乗位が二回と書いている人がいるけど、あれ間違い)、騎乗位のどちらでも出た。
それも気持ちよく。

若い娘の一生懸命な姿にほだされちゃいたい、そこのオヤジ。
買いだよ。

7人中、2人が参考になったと投票しています。

ネタバレ まぁ、ちょっと聞いてくれ。そこに座ってさ。

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
なぜだろう。
……不思議だ。

この作品のアピールポイントに誰も触れていない。

これは……わざとなのか。
それとも、敢えていうほどのこともないのか。

いやいや(激しい首振り)、やはりこれは最も重要なところだろう。

いいか、これからそれをバラす。
もしかしたら、購入してからの最大の楽しみを奪うかも知れない。
だから、購入を決めている人は読まないでほしい。

いいか。

いいんだな。

よし。

まずは、サンプル画像を見てほしい。

パケ写が1枚目に来ているな。

次、2枚目。
うむ、三人で勉強しているシーンだ。


3まーい。

4まーい。
うむむ、やはりまなさんは可愛い。

5まーい。


そうだ、順番に数えてほしい。
番長皿屋敷のようにだ。

6まーい。

7まーい。

いよいよだ。


8まーい。

……どうだ。わかったろ。


……何?
わからんだと。

しょうがない。もう一枚めくってよい。
ただし、いいか。
卒倒するかもしれない。覚悟しろ。

9まーい。

……さぁ、これが答えだ。
いますぐ買いだ、そうだろ。


……おいおい、ブラザー。
これを見ても、「買い」じゃないだと。

バカヤロー、そこに正座だっっっ。
三つ指をつけ。
顔をあげるなっ、土下座だ。

いいかっ、これからありがたくも説明してやるから、耳の穴を耳かきと綿棒と、小指で掃除から聞くがいい!!

いいかっ、あの紗倉まなが、熊ミミのついたバスローブで、恥じらいつつ誘惑してくるシーンだ。

おにいちゃーん、眠れないの……と言いつつだ。

これをっ、だ。
これをっ、崇めないで、どうするのだ。

わかるだろ。
なっ、ブラザー、兄弟、同士よ。

もじもじしながら、熊ミミの紗倉まながだ、近くで、仰向けになったお前の胸の上で、甘えてくるのだ。

「おにいちゃん」と。

熊ミミで、胸のうえで、だ。

距離感もばっちりだ。
胸の上に、間違いなく紗倉まなの重みを感じるはずだ。
もちろん、ぬくもりもだ。

さあ、もうこれ以上の言葉は不要だろ、な、ブラザー。

なぁにぃぃぃ、わからんだと。

バカヤロー、そこに正座だっっっ。
三つ指(以下、エンドレス

レビューを表示する

9人中、2人が参考になったと投票しています。

AV女優は、やっぱり女優だった

AVの良さってなんだろう?

抜けるものなら、いろいろあるよね。

小説もあるし、漫画もありで、音声なんてものもある。
アニメやゲームも抜けるものはある。

じゃあ、AVを見るのはなんで?

それは、やっぱりAV「女優」を見たいからだと思う。
スタイル、表情、声音、美人、演技、その全てに期待しているからAVを買うし、見る。

「女優」だからこそ、AVには演じる「役」がある。

一般的な女優さん(つまりAVではない)は、「役」を演じるのが上手い。
自らの演技で、「役」を引き寄せる演技力がある。

けど、AV「女優」さんは、そこまで演技が磨かれていない人が多い。
だから、「役」が「女優」を呼ぶのだと思う。

三原ほのかさんは、今回の「独り身」「さみしげ」「年上」こういった「役」にはまっていた。
どの場面を見ても、三原さんのためにあるような、「役」だった。

そして、ここがすごいところなのだけど、からみシーンに入っても、あくまでその「役」として、セックスをしているように感じた。

AV女優というのは、いうなればセックスシーンを見せるのが、本業だ。
だからだろう。

どんなに演技がいまいちでも、からみになると、突然息を吹き返したりする。
さっきまでの、大根みたいな演技はどうしたの、というほど、輝いたりする。

でもね。
そのからみは、「役」ではなく、AV「女優」さんが自分のセックスをしているだけというのが、よくある。
だから、ストーリー部分と、からみシーンが上手く繋がらなくて、違和感がある。

それはそれで、別にいい。
それがAV女優の個性だし、そこにファンは付くのだ。

けれど、この作品は違う。
「役」のなかで、セックスをしている。

そこが凄い。

監督の力と、女優さんが、この「役」になりきろうとする熱意を感じた。

しっかりとした作品になっている。
そして、もちろん、しっかりエロい。

自信をもって、お勧めします。

7人中、2人が参考になったと投票しています。

実験的な作品

評価に迷いました。

この作品の面白い点は、ドライブデートから始まるところです。

隣に綺麗な女優さんがいて、楽しそうに話しかけてくる。
そして、お菓子や弁当を食べさせてくれます。

このシーン。車の中で、撮ってるんですが、実際に男優さんは運転しています。
当然、風景は動いていて、対向車や、家並みが流れていく。

私は、こんなVRを初めて見ました。

そのあと、車が停止しているシーンになり、カーセックスという流れです。
カーセックスそのものは、通常の室内のシーンとそれほど違うことはありません。

私が感じたことを列挙します。

1.ドライブシーン
 全体的に、色が飛んで真っ白な風景。
 一方で、女優さんは綺麗に映ってます。車内にピントを合わせると、風景は色飛びするのかも知れません。

2.食事シーン
 お菓子や、食事を喉辺りで食べている……。
 運転しながらの撮影の制約かも。

3.キス
 助手席側からのキスが届いていないうえに、女優さんが歪んでいる。
 でも、運転席に移動してから、正面のキスは距離感ばっちり。隣からのキスというのは、VRとして撮りにくいのだろう。

4.カーセックス
 可もなく不可もなく。
 ただカーセックスの現実味を持たせるために、服を脱がないので、期待している人は注意。

 ドライブデートのシーンについては、今後、このようなシーンをもっと綺麗に自然に撮影できるようになったら、VRAVの幅がかなり広がる。

 ドライブしながら、会話して、移動する。これを自然に撮る技術が確立すれば、没入感を得るという意味では、重要なツールとなる。

 ぜひ、がんばってほしい。

 ただし、星は三つぐらいが妥当だ。
 こういう実験的な作品については、無条件に評価を高くしてもいいのだろうが、風景の白飛びや、やや女優さんの演技が堅いので、仕方ない。

 はじめてVRAVを見る人にはお勧めしない。
 むしろ、ちょっと違う作品を見てみたい、というベテランの人にはちょうどいい値段と尺の作品なので、お勧めしたい。

2人中、2人が参考になったと投票しています。

「年上好き」「巨乳好き」は、避けるべき作品

高評価付いているのに、こんなレビューも何ですが…。

合わなかった。
まだ、VR動画が5本目の素人ですが、今までで一番良くない。
ハードはPSVRです。

まず、距離感。
他にも書いている人がいますが、どうも距離感が掴めない。
具体的には、顔が大きく見える。
女優さんには悪いけど、アドバルーンみたいに見えた。

演技が良いという評価が多いが、特段良くも思えなかった。
頬を膨らませる表情が随所にあるが、どうにも「演技」臭かった。
恐らくは、かわいい年下風の演技なのだろうけど、私、年上属性なのよね。

それから、これが決定的なのだが、「胸がない」本当にない。
まったくない。
太った男のほうが、「胸がある」くらいだ。
写真を見たら、わかる、わかるのだが、ここまでないとは。
そして、私は、ここまで「ない」と、全く興奮しないということがわかった。

いや、VRじゃない動画だと、そこまで気にならなかったんだが、VRだとどうにもそこの部分が強調されてしまった。

ラストの正常位の演出も、女優さんはがんばっていたけど、ぴくりともあそこは反応しなかった。

結論、「年上好き」「巨乳好き」はやめた方が無難。
いや、、、、、やめとけ。

8人中、2人が参考になったと投票しています。

蓮実クレアと小旅行はいかかですか?

蓮実クレアって、演技うまいなぁ、そう感心した。

最初は。

でも、見ているうちに、わかった。
「ああ、これが彼女の素の顔なんだ」、と。


だから、違和感がない。
自然。
ストレート。

そして、こっちが照れちゃう。

かわいいなぁ。
ほんと、かわいい。

不倫って、いうのもいい。

AV女優って、いろんな仮面をかぶらないといけない。
ねとられや、痴漢や、SMなんかだと、どうしても演技が入る。
女優さんも、力が入っちゃう。

恋人同士ってのも、ちょっと大変。
だって、見る人と、見られる人は、恋人同士じゃないよね。

だから、不倫っていうのが、一番自然な感じがする。
見る方も、そうだし、見られる女優さんも、不倫というシチュエーションが一番演じやすいんじゃないかな。

だって、みんな、奥さんや、彼女、または家族に内緒で、AV見てるでしょ。

だから、不倫、ね。
いつも、ちょっぴり背徳感を持ちながら、AV見てるんじゃない?

内緒で訪れた露天風呂で、不倫相手に、「そのうちバレちゃう」とか、「もっとうまい言い訳なかったの」とか言われて、その言葉の裏に、この関係が崩れるのがいやだなぁ、とか匂わされたら、そりゃあ、可愛くなってくる。

だから、最後に、「中に出してくれて、嬉しい」と、はにかみながら、上目で見られたら、そりゃあ萌えますわ。

クレアちゃん。
最高だよ。
また、どっか行こうね、二人で。


……とか、いいたくなるんだよ、こんちくしょう!!!!

なに、こんな長いレビュー書いてんだ、私は。
でも、ま。

このレビューを見て、この作品を見て、一人でも幸せな気分になったら、書いた甲斐もあるってもんだ。

癒やしを求めているあなたに、蓮実クレアちゃんとの、野外露天風呂のひとときをお勧めします、強く。


蛇足
画像はきっちり綺麗。
距離感にバッチリ。
あと、エロシーンはしっかり抜ける。やっぱ、この女優さんはお尻が良いね。

1人中、0人が参考になったと投票しています。

キスが届いていない

PSVRで視聴。

キスが届いていません。

それだけで、VRの価値なし。
美人だとか、スタイルがいいとか関係ない。

2人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1