サイト内検索

KSmoothさんのレビュー情報

レビュアーランキング
--
レビュー投稿数
1
参考になった割合
0%

投稿済みレビュー作品

1件中 1 - 1 件目を表示

並び替え

  • 1

まるでわかってない視聴者にはもったいない傑作

同じような白シャツ緑エプロンで接客される某超有名コーヒーチェーン店のアルバイトは異様にかわいい女子が多い。採用倍率5-20倍だと言われていて、採用されて働いているということは、見た目はもちろん作業処理能力コミュニケーション能力が高い人材であるという証明でもあり、リア充で能力も高いイケてる大学生としてひとつのステータスになっている。合コンではモテる、就職は有利。その某有名コーヒーチェーンそのものではないものの、この女子がそのレベル以上にいることは見ればわかる。
CAなどもそうだが、能力と接客能力が高い看板娘は高嶺の花であり、接客営業の垣根を超えて親密な関係にまでなるというのは競合もおり一般には難しい。

仕事ができるカフェの看板娘のリアルガチのバイト先に潜入して働きぶりを観察し、その連続性を損なわないように帰宅時に(シャワー浴びてからみたいな)リセットを一切挟まずそのまま性行為に及ぶ、という作品のテーマの価値を理解している視聴者はどれくらいいるのだろうか?他のレビューを見ているとあんまりわかっていなさそうだな、という印象。

デビュー作の、リアルバイト先のカフェに潜入⇒リアル本人の部屋にあがりこむ⇒そのまま性行為、というのは、おそらく他の作品では一切見られない神シチュエーションだったが、この監督はその神シチュエーションを理解した上で、今回

アルバイト帰りを狙って再びAV撮影!
カフェで働く女子大生が帰宅する前にイキまくったもうひとつのお仕事

とタイトルで作品意図を十分説明している。
よくわかった秀逸な監督だと思う。

セックスが本業のプロが「あー今日は撮影か」と自宅でシャワーを浴びて現場に出勤してくるのと、カフェ店員が本業の看板娘が「あー仕事終わった」とプライベートに戻ろうとするところをさらって撮影するのと、どっちが本物で価値が高いだろうか?

というか、できることならば、バイト休憩中に緑エプロンを着せたまま、撮影車内でというところまで連続性維持に踏み込めていれば良かったのは言うまでもない。

1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1