サイト内検索

yago1624さんのレビュー情報

レビュアーランキング
5994
レビュー投稿数
4
参考になった割合
92%

投稿済みレビュー作品

4件中 1 - 4 件目を表示

並び替え

  • 1

「常に密着」?「傍観」でしょう。

この世界に君臨してきたメーカーであるが故に、過去の技術やノウハウの常識を捨てきれずに変化できない巨象の様な存在なのかと思える。

VRが出来る体験は、これまでのAVと本質的な変革の可能性を持っている。「傍観」から「体感」、「他人のセックスや女の裸を脇で眺める」ことから、「自分がセックスしている実感」が視覚的に可能になること。
多くは「眺める」より「自分でしたい」でしょう。

セックスは女を抱き、密着して行うもの。視覚的な錯覚であれそれが可能になるのがVRの本質であり、AVこそこれを活かせる世界ならば、まずはその特質を活かそうとしそうなものだが、どうも技術が追いつかないか、そもそも気付いていない。
なぜなら、VRの特質を活かす条件は、視覚的に密着するシーンや体位を多くすること、実物大でること、リアル(高画質)であること。そのどれもが今ひとつ。バイノーラルなどの工夫も無い。
2次元コンテンツの「主観」ものの域をほとんど出ていない。
一流ならば投資も可能だろうに。他の新興メーカーでも気づいているところはある。一部だが。
女優がかわいいだけにもったいない・・・・。
1980円ももったいない・・・・。

AVにおけるVRは、目先50cmまでの空間に対象をどう置くかが勝負とおもう。
某メーカーの360°もズレている。ゲームでは無いのだから。
「近いと左右の画像がずれる」は具の骨頂。ずれるから近さを感じる。酔いは別の話。





50人中、50人が参考になったと投票しています。

鎖骨で抜けるような対面座位を

前作”-家出少女-”で対面座位の評価が高かったが、
個人的には、特に紗藤まゆとのシーンで、
胸を抱きしめているかの様な、顔に吐息を吹きかけられるような、
胸に顔を埋めているような、鎖骨にしゃぶりつくような感覚が、
まさにSEXしている錯覚を与えてくれた。
これぞVRの本領発揮と思う。
私の場合、ストーリーはどうでもよく、
はっきり言ってここだけで抜いてます。
監督は意図して演出したのか?と思いきや、
今回の作品を見ると、残念ながらそうでもなさそう。
たまたま紗籐まゆの演技がもたらしたもののようだ。
今回は、対面座位も多く取り入れているようだが、
ほとんどのシーンで顔は近いけど体は遠いという感じ。
近すぎて左右の像が合わないことを欠点として避けてしまうのだろうか。
他のレビュー同様評価できる点も多いけど、
一番期待した点でがっかりしたので厳しめ評価。
初登場の子の芝居がかったセリフもこれまでに比べてちょっとマイナス。

10人中、10人が参考になったと投票しています。

少し勘違いしているか?

肌の色の白飛びが著しい。それにましてひどいのは、
はじめの6分半ほどまで、明らかに左カメラのピントが合っていない。
非常に目が疲れる。
シーンが変わると正常になるが、つまり途中で気づいて調整したとすれば、ピンボケ商品をそのまま意図して販売したことになる。
序盤のシーンとはいえ映像が命の商品。
KMPといえばVRの世界では先駆け的存在だが、その姿勢を疑う。
カメラワークも不満。
察するに、女優との密着感の要求が高い一方、騎乗位のシーンは女優の体が遠くなってしまうというジレンマを解消するため、体位はそのままカメラを近づけた、あるいはズームしたとみえ、最近他でもよく見る手法ではある。
気持ちはわからなくも無いが、自分の胸あたりから生えたチ○ポがはねて顔に当たりそうになるのは勘弁願いたい。
VRだからこそできることは、その場に居るかのような現実感を再現すること。
まずはその基本を踏まえた方法を模索することを忘れないでほしい。
騎乗位でしながら股間やおしりを近くで見せたいのかもしれないが、
実際のSEXでそんな視点はない。本当の密着感も得られない。
近くでみせたければ騎乗位をやめればいい。
どうしてもやりたければVR以外でやればいい。
まだ試行錯誤の段階だとは思うが、基本を外した小細工はあとでやってくれ。

佳苗るかにつられて久々にKMPに手を出してみたが、発売数の実績だけか?と思えて残念。
またしばらく離れそう。

8人中、3人が参考になったと投票しています。

密着感は最高だが・・

・全編通じて顔やおっぱいが目の前にあり、体を抱きしめるような、胸に顔をうずめるかのような密着シーンが多いのは大満足。人によっては”近すぎ”と思う人もいるかも。
・冒頭の、肩を抱きたくなるような横向きで密着してくる体制が意外と良い。メインのシーンでも取り入れてほしい。
・コスパ的にどうかという問題もあるが、長い前振りや余計なシーンが無いのもスマホの容量的に助かる(たぶん同じ撮影の別作品でのアクリルチ○ポいじりは自分的に不要)。

残念なのは、
・画質が悪くて(肌が白飛び)リアル感がそがれる。
・耳元で囁く時に体が完全にフレームから外れていなくなる。
・対象がフレームの下寄りぎみで、下を見るとすぐフレーム枠になる。男優がいないのを隠すためか?男優がいないのは私的に全然OKなので、女優の体を多く見せてほしい。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1