サイト内検索

yago1624さんのレビュー情報

レビュアーランキング
3791
レビュー投稿数
20
参考になった割合
79%

投稿済みレビュー作品

20件中 1 - 20 件目を表示

並び替え

  • 1

「常に密着」?「傍観」でしょう。

この世界に君臨してきたメーカーであるが故に、過去の技術やノウハウの常識を捨てきれずに変化できない巨象の様な存在なのかと思える。

VRが出来る体験は、これまでのAVと本質的な変革の可能性を持っている。「傍観」から「体感」、「他人のセックスや女の裸を脇で眺める」ことから、「自分がセックスしている実感」が視覚的に可能になること。
多くは「眺める」より「自分でしたい」でしょう。

セックスは女を抱き、密着して行うもの。視覚的な錯覚であれそれが可能になるのがVRの本質であり、AVこそこれを活かせる世界ならば、まずはその特質を活かそうとしそうなものだが、どうも技術が追いつかないか、そもそも気付いていない。
なぜなら、VRの特質を活かす条件は、視覚的に密着するシーンや体位を多くすること、実物大でること、リアル(高画質)であること。そのどれもが今ひとつ。バイノーラルなどの工夫も無い。
2次元コンテンツの「主観」ものの域をほとんど出ていない。
一流ならば投資も可能だろうに。他の新興メーカーでも気づいているところはある。一部だが。
女優がかわいいだけにもったいない・・・・。
1980円ももったいない・・・・。

AVにおけるVRは、目先50cmまでの空間に対象をどう置くかが勝負とおもう。
某メーカーの360°もズレている。ゲームでは無いのだから。
「近いと左右の画像がずれる」は具の骨頂。ずれるから近さを感じる。酔いは別の話。





51人中、51人が参考になったと投票しています。

【VR】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR

2018/01/19 - ビデオ(動画)

遠い

終始密着感ほとんど無し。最後のchはロッカールームで着替えシーン。VRでなくもいいんでない?

13人中、10人が参考になったと投票しています。

鎖骨で抜けるような対面座位を

前作”-家出少女-”で対面座位の評価が高かったが、
個人的には、特に紗藤まゆとのシーンで、
胸を抱きしめているかの様な、顔に吐息を吹きかけられるような、
胸に顔を埋めているような、鎖骨にしゃぶりつくような感覚が、
まさにSEXしている錯覚を与えてくれた。
これぞVRの本領発揮と思う。
私の場合、ストーリーはどうでもよく、
はっきり言ってここだけで抜いてます。
監督は意図して演出したのか?と思いきや、
今回の作品を見ると、残念ながらそうでもなさそう。
たまたま紗籐まゆの演技がもたらしたもののようだ。
今回は、対面座位も多く取り入れているようだが、
ほとんどのシーンで顔は近いけど体は遠いという感じ。
近すぎて左右の像が合わないことを欠点として避けてしまうのだろうか。
他のレビュー同様評価できる点も多いけど、
一番期待した点でがっかりしたので厳しめ評価。
初登場の子の芝居がかったセリフもこれまでに比べてちょっとマイナス。

10人中、10人が参考になったと投票しています。

超接写とはいうが・・

椅子の上で前に後ろに向きを変えながらオ◯ニーする娘を、床に座り込んで近くから眺める設定。
男優は登場しない。
近いことは近いが、頬ずりしたりぺろぺろできるところまで近づくことはほぼない。
動きも単調で物足りない印象。
きれないお尻を眺めるだけでよければありでしょう。
「超至近距離」を期待する人は裏切られるかも。

7人中、7人が参考になったと投票しています。

もっと近くていい

おしり好き変態さんにはたまらない設定ではある。
VR初監督のようなのであまり期待しなかったが、
やはり考え方が2Dものから抜けきっていない感じ。
立体的に眺めるだけならVRじゃなくてもいいのですよ。
触れたいのです。ペロペロしたいのです。
それが出来るのがVRなのに。
ピンクの娘は結構近くまで持ってきてくれるんだけど
オレンジの子はほとんど寄ってくれない。
これみても、距離のとり方は女優任せって感じです。
エロVRは目の前の空間でどう対象をおくかが勝負と思うんですが。
それと、間近で激しく動くのはやめてほしい。
じっくりゆっくりなまめかしく動くならともかく、
機械のようにパコパコ動かれては見たいものも見えないしエロくもない。
むしろ怖い。
設定はありなので、VRの価値と手法を研究してほしい。

7人中、6人が参考になったと投票しています。

そのうち打ち切りかな?

SODの実験につきあってポチってみました。
自分が妖精になる設定という。
確かに自分が小人にならないと服の中には完全に潜り込めない。
実際、頭突っ込んでるだけで奥まで潜り込んでいる感覚はちょっとない。
だって自分の大きさは女の子と同じままだし。
たとえば自分が1/10に小さくなれば、
ということは女が10倍巨大に見えるよう設定すれば、
リアルに潜り込んだ感覚が味わえるだろう。
でも、果たしてそれに興奮できるか・・・?
あるいは頭突っ込んでる状態で興奮できる人は今の方向でも良いかもしれないが、
そんなに需要があるかしら。
いろいろ実験してくれるのは良いと思うが、
その前に本筋を極める努力もお願いしたい。

17人中、5人が参考になったと投票しています。

男優のお腹との密着感は抜群

「ち◯ぽ視点」は正確な表現と言えない。
お腹の上に生えた頭からち◯ぽを間近に見る視点。
よって自分のモノと重ねて没入するのは不可能。
実験的ではあるかもしれないが、自分には男優のおヘソをぺろぺろ出来そうな気持ち悪い視点でしかない。
女優は近いところで喘いでいるが、密着感はほぼ無い。
間近で眺めてるだけでお預け食らってる気分。
女優との密着感を味わえることにこそVRの意味があると思う自分には完全に失敗作だが、
痴女的演技を眺めるのが好きな向きにはまあ良いかも。
おっぱいもきれいだし。
SODのいろいろやってみたいという意欲は分からんでもないという意味で☆2。


9人中、5人が参考になったと投票しています。

VRだからこそできること=密着して疑似オーラルプレイ

男優の身体とカメラの位置関係に無理があり、
それに自分を重ねて見るのはほぼ不可能。
また、「添い寝」の割に女の子の体が遠い。
カメラの位置もちょっと高すぎ。
せっかく新しい設定を提案し、女優の質もなかなかなんだけど、
肝心な見せ方が失敗してて何もならないし、もったいない。
「添い寝」でなくてもいいんだけど、
20-30cmくらいの低い視点から寝そべっている女の子の体を間近でみる、
密着する。ぺろぺろする。
胸、顔、脇、首筋、お尻、いろんなところをカメラに密着。
そんな設定はとても可能性があると思う。
待ち望んでいるんだけどなかなか出てこない。
内容は1、女優で+1、チャレンジ姿勢に+1 で3
本質を解らずにチャレンジしても空回り・・・・
とならないよう期待するしかない。

3人中、3人が参考になったと投票しています。

確かに超接写

「超接写」としながら、「どこが?」と思える作品を同じSODで見たばかりだが、こちらはタイトルに偽り無し。
1chでは座位でイチャイチャから。おっぱい顔に押し付け。次はバックスタイルでお尻を顔面に。そして前向きでクンニと、存分にオーラルプレイの疑似体験をたのしませてくれる。
2chは仰向け。座位はないが、フェラの後またも69でアナル真正面。よくある片足立てた犬ションスタイルでないため密着感抜群。その後は基本騎乗位だが、こちらの肩付近に手を突く姿勢で胸や顔が真近でよい。

SEXは密着してするから心地よい。
その密着感を視覚と聴覚で錯覚させてくれるのがVR。
だから顔に近いところで行うオーラルプレイは擬似体感の効果が高い。
近くで眺めるだけなら通常のビデオでやればよい。

VRだからこそ出来ることをよく理解し、実現してくれている作品と思う。
ただ同じSODでも全く理解していない作品もあるので要注意。
同じ製作スタッフで同じコンセプトの次作を期待。

3人中、3人が参考になったと投票しています。

少し勘違いしているか?

肌の色の白飛びが著しい。それにましてひどいのは、
はじめの6分半ほどまで、明らかに左カメラのピントが合っていない。
非常に目が疲れる。
シーンが変わると正常になるが、つまり途中で気づいて調整したとすれば、ピンボケ商品をそのまま意図して販売したことになる。
序盤のシーンとはいえ映像が命の商品。
KMPといえばVRの世界では先駆け的存在だが、その姿勢を疑う。
カメラワークも不満。
察するに、女優との密着感の要求が高い一方、騎乗位のシーンは女優の体が遠くなってしまうというジレンマを解消するため、体位はそのままカメラを近づけた、あるいはズームしたとみえ、最近他でもよく見る手法ではある。
気持ちはわからなくも無いが、自分の胸あたりから生えたチ○ポがはねて顔に当たりそうになるのは勘弁願いたい。
VRだからこそできることは、その場に居るかのような現実感を再現すること。
まずはその基本を踏まえた方法を模索することを忘れないでほしい。
騎乗位でしながら股間やおしりを近くで見せたいのかもしれないが、
実際のSEXでそんな視点はない。本当の密着感も得られない。
近くでみせたければ騎乗位をやめればいい。
どうしてもやりたければVR以外でやればいい。
まだ試行錯誤の段階だとは思うが、基本を外した小細工はあとでやってくれ。

佳苗るかにつられて久々にKMPに手を出してみたが、発売数の実績だけか?と思えて残念。
またしばらく離れそう。

9人中、3人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 新規格ってどんな?

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
目新しい技術が導入されているようには見えないし、
何かが進化している風でもないし、新規格ってなに?
画質はシャープでない。
ピンボケというよりカメラの光学性能の限界って気がする。
白飛びも著しい。自然光での撮影のようだが、
もっとコントロール出来るはず。機器や技術の問題と思う。
てことで、むしろ退化してないか?

内容も特筆すべきものはあまりない。
おっぱいを顔に押しつけるほどの密着シーンがある点は良いが、
時間的にわずか。69も含めて全体的に密着度は物足りないと感じる。
キスを多めに入れているのはわかるが、自分に届かないことが多い。
パ○ズリシーンなどでは、間近で見せるために視点を腹の付近まで下げているが、自分には不自然。

あえて探せば、尺は50分超だが、4.7GBのファイル1つにまとめているのは珍しいか。切れ目無く視聴できるのは良い点ではあるが、機器の容量に余裕が無いときに不要な方だけ削除ってことも出来ない。

キャプチャ画像で不安を覚えながらも購入したが、ほんとにここまで画質が悪いとは・・・
高めの価格設定とあいまって、他メーカーと競争する気あんの?って感じでした。

レビューを表示する

2人中、2人が参考になったと投票しています。

「ガンキ」にしては

ガンキって「顔騎」っすよね。
下から見てはいるけど、
顔には殆ど乗っかってきません。
お尻が近くにやって来ても
無駄に動くのでよく見えません。
カメラの位置確認してじっくり見せてよ。

2人中、2人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 全裸は無しです

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
着衣が好きな方は良いかも知れません。
前半はお話と、寝ちゃってるとこお触りくらいで終わり。
後半は1/4くらいでやっとおっぱい登場。
一瞬顔に押しつけるくらいまで近づけてくれます。
半分くらいからフェラ、騎乗位、対面、バックの流れ。
シャツもスカートも最後まで着たままです。
密着感はあまりありません。
対面座位でも、キスしに顔は近づいてくるけど
体はちょっと遠いって感じ。
同じ監督の-彩-「リアル密着彼女」の密着感に期待したが
はずれ。
全裸と密着が好きな者としての3

レビューを表示する

3人中、1人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 密着感今ひとつ

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
1ch
複数の女優を出す作品は、ハーレム感、お得感を狙ってるんだろうが、二人ものでよくみる失敗は、両眼の画像が合わせにくく、歪みも大きく、画質も落ちる側方に女優が分かれてしまい、画質的においしい中央間近をガラ空きにすること。
やはりAVにおけるVRは、正面に対象を置くことが基本。
さらにはカメラ、つまりは自分の顔間近がおいしいところでしょう。
VRだからといって無理にキョロキョロする必要も無いとおもう。
二人出演もいいけど、そこを工夫してほしい。
後半、ち○ぽに接近視点でパイズリがあるが、個人的に現実感の無い視点はNG。
2ch
前半見どころは69。しかし唯川は距離が中途半端。近づけても左にずれてイライラする。
一方佐倉はしっかりお尻を顔面まで近づけてくれる。ところが唯川が邪魔な手を出してまたイライラ。
わかってる女優とわかってない女優の差が出てる感じ。監督の存在価値やいかに?。
後半の騎乗位は主に唯川。たまにキスしに顔がやってくるが、ほぼ立ちっぱなしで体の密着感なし。
3ch
ほぼすべて佐倉の正常位。たまに腹筋使って無理なキスをするが、やはり密着感なし。

佐倉の69が良かったのでオマケの☆3。


レビューを表示する

0人中、0人が参考になったと投票しています。

テーブルの上でいろいろ見せてくれる視点

冒頭の近接シーンがこの作品の一番の特徴。
テーブルの上でおっぱいや脇の下、
アナルを顔面に押しつけてくる。
エロい。
この設定、他の作品にあまりないし、
現実のSEXでも特殊なシチュエーションだけど、
低くて近い視点から女の体を堪能するによいアングル。
ぜひ他の作品でもとりいれてほしい。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

首筋で抜ける

肩・首筋が目の前に迫ってくるとき、
おっぱいやお尻を見るよりもゾク!っとする。
女を抱いたことがある人ならわかるはず。
リアルなSEXの景色です。
2Dだったら何これ?となるでしょう。
VRは撮るべき絵が2Dと全く違うことがわかるシーンです。
でも、なぜかこういう作品が少ない。
シックスナインではたっぷりとお尻の割れ目を押しつけてきます。
リアルなSEXでもそうしますわね。
でも、なぜかこういうのも少ない。
30分ではありますが、無駄な前振り少なく
抜けるシーンの密度が高い。
業者か?と思えるレビューが多いワープですが、
他作にも期待して裏切られることが多いワープですが、
けだるい女優に評価も分かれがちですが、
自分的にはVRの本質をついた貴重な良作です。





0人中、0人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 対面座位のレベルさらにアップ

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
家出少女シリーズのVR2作目
とにかく長い。でも、女優の質にしろ内容にしろ密度が高く、
少なく見ても他作の5-6作分以上の価値がありそう。

女優それぞれとの対面座位の密着感は秀逸。
過去の評価や最近のニーズにちゃんと対応している印象。
オマケ含めた13chのなかで、各女優毎4~6chでプレイを展開。
セリフが前回より多めだが、ウルサくない程度で良い。

一通りのプレイが入っており、ch8では脇でレズプレイも。
ただ、この長さを考えれば女の子だけでなく
ch毎プレイのバラエティがもっとあって良い気もする。
個人的な欲を言えば、ア○ル真正面の69がほしいなあ。
69はいくつかあるけど、どれも犬のションベンスタイルで密着感は低め。

自分的に圧巻はch8と11、各後半。
女の子が入れ替わり立ち替わりの対面座位が続く。
胸元や首筋、顔に唇が届きそうな距離感。
前作で紗籐まゆが見せたような密着感たっぷりのシーンが盛りだくさん。
これが人やデバイスによっては「近過ぎ」となるのでしょうか。

さらに、その紗籐まゆがch9から登場してびっくり。
解説では4人のハズ。サンプル写真にもないのに。
前回の無言、吐息のみのほうが自分的にはリアルで良かったのだが・・
でもうれしい驚きが加わり、100作以上見た中で最高位の1本になりそうです。

オマケch12では友人飛び入りの設定。
前作とは別の男優がウザセリフ控えめに脇で3Pを展開。
これはこれで立派に1本分の価値ありでは?
できれば紗籐とともに個人的好みの涼宮琴音が正面にきてくれたら最高でした。
気に入らなければ削除できるオマケとして設定しているところが、
前回の酷評を反省して受け止めるメーカーの姿勢として好感。

さらなるオマケのch13で、なんと前作のウザ男が登場し、
セリフのウザさそのままに、なにやらしきりに謝っているのには笑った。
がんばれ。

レビューを表示する

0人中、0人が参考になったと投票しています。

テーブルを使った低い視点をもっと活用して

エロVRの本領は、自分が女に触れる疑似体験だと思っているので、
本来このような設定の作品には手を出さないのだが、
エロタイムは比較的品質が良く、アナルをしっかり近づけてくれる作品が多いのと、
同じ川村まやで「馬用興奮剤・・・」の密着感が良かったことの期待もあってポチってみた。
結果、やはり遠い。見てるだけ。これではVRの意味はあまりない。
ただ、男優はあまり主張せず、女体をよく見せるよう配慮しているのは感じられた。
仰向け姿勢で男優の腹や乳首を間近で見せられる気持ち悪さに比べれば、それほど気にはならなかった。
一番興奮したのはマングリスタイルで抱えられて近づくシーン。
もうちょっとこっちこい!!と叫びたかった。
他人のSEXでも、距離を工夫すれば抜ける作品の可能性はあると思う。

メーカーさんに今後是非研究してほしいと思うのは、
この作品や「馬用興奮剤・・」でも取り入れていた、テーブルの上に女優を乗せる設定。
低い視点から横たわる体や、四つん這いのおしり、まんぐりの局部を
舐めるような距離で見られたら興奮すること間違い無しと思う。
そこから密着座位に移ってフィニッシュ、なんつうのを作ってほしいなあ。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

シックスナインに期待したが

私が待望するものの、VRではなぜか少ない69。
ジャンルにカテゴライズされていたので買ってみた。
69のシーンでは、はじめから片足立ち犬のションベンスタイル。
フェラやおっぱいが同時に眺められるお得な体勢として
AVでは定番化しているようだが、
リアルなSEXでこんな格好する人いるのかしら?
せっかくバーチャルな体験が出来るVRなのだから、
AVの型から脱してリアルなスタイルにしてほしいと思うのは私だけでしょうか。
69だったらペロペロしたいのに、クンクンしたいのに。
VRだからこそそれが疑似体験できるのに。

もう一つ最近のVRで気になるのがいわゆるベロチュー。
キスはVRならではの人気シーンとして定着しているが、
まるで蕎麦をすするような音出すベロチューがとっても多い。
本物のキスでこんな音出すか?

ということで厳しめの評価です。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

密着感は最高だが・・

・全編通じて顔やおっぱいが目の前にあり、体を抱きしめるような、胸に顔をうずめるかのような密着シーンが多いのは大満足。人によっては”近すぎ”と思う人もいるかも。
・冒頭の、肩を抱きたくなるような横向きで密着してくる体制が意外と良い。メインのシーンでも取り入れてほしい。
・コスパ的にどうかという問題もあるが、長い前振りや余計なシーンが無いのもスマホの容量的に助かる(たぶん同じ撮影の別作品でのアクリルチ○ポいじりは自分的に不要)。

残念なのは、
・画質が悪くて(肌が白飛び)リアル感がそがれる。
・耳元で囁く時に体が完全にフレームから外れていなくなる。
・対象がフレームの下寄りぎみで、下を見るとすぐフレーム枠になる。男優がいないのを隠すためか?男優がいないのは私的に全然OKなので、女優の体を多く見せてほしい。

0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1