サイト内検索

タンドリーチキンVRさんのレビュー情報

レビュアーランキング
3569
レビュー投稿数
24
参考になった割合
74%

投稿済みレビュー作品

24件中 1 - 20 件目を表示

並び替え

VRの無限の可能性の1つを切り開いた事に星5

「服の中に押し込める撮影機材」「不十分な照明」ってハンデがある以上
画質面の多少の難には眼をつぶるべきかと。

内容面では、モザイク掛けるくらいならパンツ脱がせんでいいんじゃないかと思う。
どアップだと「肌色のモザイク」より「シミの広がっていくパンツ」の方が百倍エロく感じる。

あと「潜り込み方」のバリエーションは欲しいかなぁ。
後ろからや胸元、袖から脇に潜り込むなんてのも良い。
その昔、「図書館の妖精」というエロ漫画があってだな(長くなるので略

23人中、18人が参考になったと投票しています。

「AV観ながら」の可能性に星5

シリーズ化とかよりも「VRにおいてありふれた手法」になってほしい。
「内容に触発される」「参考にする」「隠し持ってたAVを見つかって…」
「(AV女優が貴方の部屋に~系設定で)本人出演AVを実演コメンタリー」
「調教の指示に利用(画面を指して『アレをやれ』だけで何でも指示できる)」
「『ハメ撮り』で撮影中の画像を映す」など可能性は無限大。

ただ残念ながら今作品自体の完成度は低い。
まずモニタの位置が悪い。横方向の視野をもっと広く使おうよ。
内容も「女の子と2人で観る」設定でなぜ「主観モノ」を選んだ?
終盤の山場で「車で外走ってるシーン」流してるのは何の意図が?
バックへの移行の時は、せっかく画面でもバックなんだから
「今度は後ろから突いて」より「私にもアレやって」と言って欲しいし
同じく最後は「私達このまま付き合っちゃおうか」より
「次は〇〇なAVが観たいから借りといてね」。

「AV鑑賞」以外の部分だと、他の方も書いてる通り対面座位の距離が近過ぎ。
「時々しがみついてギュー」なら密着して「背中しか見えない」のもいい物なんだけど
対面座位で「執拗なショルダータックル」かまされて興奮する奴はなかなかレアだろう。
ベロチューもそうだけど、「カメラに密着する時は動きを抑える」のは
そろそろ当たり前になって欲しい。

20人中、15人が参考になったと投票しています。

無駄にカメラ動かすのホントやめて。あと機材丸見え

「臨場感満点の巧みなカメラワーク」のつもりなんだろうけど
VRでは意図に反してフラフラ動かれても没入感は薄れるし不快だし
人によっては3D酔いするだろうし百害あって一利なし。
そして視界の下端に機材が見えてるのが最悪。
視界の下端黒く潰してるんだからその処理の時に気づいたよね?なんでもう少し消しを広げなかったの?
左右のカメラが横に見えちゃうのならまだ分かるし画質や画角と引き換えになら許容できるけど
下に見えちゃうのはダメ過ぎる。絡みで結合部見ようとすると
機材が視界に入り込んでめっちゃ邪魔。
今からでも再処理してあげ直して欲しいレベル。

内容的には相方?と女優の絡みの客観視が短い尺の大半、
最後にちょろっとのしかかり正常位風、
〆がガチめのレイプ物なのにセルフの手コキ(結構長め)なのが意味不明過ぎる。
嫌がってて手もフリーなのに抵抗らしい抵抗をして来ないのも興ざめ。
せっかく手枷つけてるんだから後ろ手か頭上で拘束しちゃえば良いのに。
あと散々楽しんだ相方は自分の絡みの時どこ行ったん?
VRの場合、自分があんまり能動的に複雑に動くと没入感削ぐことあるから
男複数で陵辱するなら自分の絡みのパートではサポートしてくれよ。

それ以外にも尺は短め、画質も今時としては普通かやや悪め、
自分の身体のポジションはズレ気味、
そのくせ価格は強気。
VRではレアな題材なんで応援したいのと、女優は好みなのを
最大限考慮しても★2が精一杯。

12人中、12人が参考になったと投票しています。

客観パートは常時カメラ移動。主観パートはほぼ拘束なし

■客観パートのカメラ移動ホントやめて欲しい。
VR酔いしない様にすごく気を使ってるんだろうとは感じるけど、
VR酔い云々以前に、VRで「自分の意思と無関係なカメラ移動」は要らないどころか「没入感を削ぐ」から邪魔でしか無い。
あと客観VR、特に低フレームレートなら「密着どアップ」も要らない。「画面一杯のモザイク」やら「ハードピストンでワープする乳首」やら見せられてどうしろと。
一方で「股下から顔を覗き込むアングル」なんかは思い切りが足りない。あそこはカメラ上向けて股下に突っ込んじゃって欲しい。
「熟練のカメラワーク」に誇りがあるのか知らんけど、それなら「カメラ移動や密着に頼らず『観たい物を出来るだけ色々観れる視野』と『必要十分な臨場感と迫力』を両立できる固定カメラ位置」を見つける事で示して欲しい。もしそんな矜持があるなら「潮吹きが光る照明ワーク」くらいちゃんとやってくれ。
「男優がVRカメラに拘束されず自由に女優を責め立てる様を至近距離で観られる客観VR」には「主観VR」とも「2DのAV」とも違う良さがあるので頑張って欲しい。

■主観パートは首輪でベッドに鎖で繋がれてる以外は拘束要素なし。体位を変えれるだけの余裕はある長さだから拘束感はほぼ無いし鎖は画面の左端に繋がれてるから支配感とかにも繋がらない。「手枷足枷が残ってる」か「鎖が自分側に伸びてる」だけでも大分マシだと思うんだけどなぁ。
プレイ自体はそこそこ「責めてる」部分もあるんだけど、要所で「イチャイチャしいキスやおねだり」が入るせいで台無し。
このタイトルみて買おうとするユーザーの大半は「拘束した女優を責め立ててイカせまくるVR」を求めてるんじゃないのかね?

■女優さんは顔も身体も表情も割と好みなんだけどタイトルほどイッてる感はないしVRカメラを意識してたりしてなかったりマチマチなのが残念。

★VRでは少数派なこの分野、応援したいんだけどそれでも星2が精一杯。

9人中、7人が参考になったと投票しています。

全体的には素晴らしい。冒頭の余計なセリフがとても残念

とにかく玉木くるみの表情がいい。
至近距離で嬉しげに楽しげに愛しげに笑いかけられると
それだけで多幸感に包まれる。

ただもったいないのが脚本で、いきなりVRゴーグルを
「こんなニセモノ」呼ばわりはやめていただきたい。
メタなギャグかなんかのつもりなのかもしれんけど
自己否定にしかなってない。
こっちは百も承知で「極上のニセモノの幸せ」に
浸ろうとしてるんだから邪魔せんでくれよ。

あと欲を言えば、「先生役のお姉ちゃん」が
あんだけ潮噴き散らかしてイキまくってるんだから
弟にはもうちょっと積極性出して欲しいかな。
何故か持ってる電マかなんかで調子に乗って責め過ぎて、
盛大に漏らしちゃって顔真っ赤にした
ふくれっ面のお姉ちゃんに叱られる、なんて展開も
Mっ気豊かな玉木くるみには合うんじゃないかと。
趣味丸出し失礼。



10人中、7人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 没入感より迫力優先?

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
巨人というよりカメラ位置が低くて違和感があるので
没入感はほぼ無い。
その分まさしく「眼の前」で揺れまくる乳をはじめ
「女体が近い」のは絵的には面白いし単純にエロいので、
これはこれでVRの1つの手法としてあり。
ただ「VR=主観」以外受け付けないユーザーは多いだろうし
「これは主観VRではない」というのを明示すべきだけど。

あと、バックの時だけいきなり距離が離れて
はるか上空から見下ろす視点になるのが残念。
正常位では近め視点維持してるから
機材の都合ではないだろうし。
むしろ逆に視点を下げて「波打つ尻肉」を
眼の前で見せて欲しかった。

レビューを表示する

7人中、7人が参考になったと投票しています。

2人それぞれ実用性は充分だがタイトルで期待したのと違う

霧島さくら編後半の快楽堕ちしてからの絡みは迫力十分エロさ満点なんだが
「悪徳エステ」はどこ行った?
唐突な積極的キス連発やパイズリからの騎乗位のイチャラブっぷりは
前半が「恋人同士のエステプレイ」だったのかと錯覚するレベル。
そう思って見れば充分過ぎるほどエロいんだけど、このタイトルと前半の流れなら、「エステでこんな事しちゃダメだ」という理性の部分が
媚薬で狂った肉欲に流され溺れていくその過程をもっと見たかった。

一方で河南実里編は「悪徳エステ」である事を理解した上で
ノリノリで受け入れちゃってる感じで、
これはこれでエロいけど、「悪徳エステ!一般客に媚薬を飲ませ~」という感じではない。

という訳で絡みは2人ともタイトル詐欺。
個人的には「空気も内容もタイトル通り」の「霧島さくら編の前半」がどストライクだっただけに残念だった。

ただ繰り返すけど実用性は充分でしかもこの尺でこの価格なので星は文句無しに5。

8人中、6人が参考になったと投票しています。

ネタバレ イチャイチャってのはこーゆー事だ

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
「私がイクんじゃなくてイって欲しいの」「コレ気持ちいい」「動いちゃダメ、イっちゃう」「バカぁ!『動くな』って言ったでしょ」「私がイクんじゃなくて…」の良い意味で頭の悪いイチャイチャ無限ループが痴覚過敏な永井みひなにジャストフィットで個人的には理想のVRにかなり近い。
不満点は・フレームレート ・冒頭の謎茶番 ・背面騎乗位「髪が当たる」つーより目に刺さる&顔が見たい 程度。
フレームレートはまあ普通なんだけどガンガン動く時の「驚いて感じ過ぎて怯えて拒絶して抵抗して結局イっちゃう」目まぐるしいリアクションの変化がくっそエロ可愛いくて是非60fpsでじっくり見たい。 冒頭の茶番は設定も話の流れもよく分からん。TE×GAに嫉妬したり、TE×GAを投げ捨てて見せた時の一瞬めっちゃ嬉しそうに笑うみひなちゃんはバ可愛いが、それなら単にプレイの途中で「秘密兵器」として取り出して来るだけでいいのでは。 背面騎乗位ではみひなちゃんのテンションが一際高い様に聞こえるのでどんなヨガり方してるのかめっちゃ見たかった。せっかく姿見?あるんだから多少遠くて見難くても顔を写して欲しい。背面騎乗位ならカメラが映りこまない位置と角度あるでしょ?あとキレイな髪は「当たってくる」というより顔に刺さってくるw 少し左右どちらかにヒネってくれると顔も少しは見えるし髪刺さる感も軽減すると思うんだけど。

という訳で是非「みひなちゃんがこちらをイかせようと頑張るけど返り討ちに合う続編」を希望。
手枷でこちらを拘束して一方的に責めるつもりがあっさり外された手枷で逆に拘束されてメチャクチャにされるみひなちゃんとか見てみたい。
画質は多少落ちても構わないので是非fps60で。

レビューを表示する

11人中、6人が参考になったと投票しています。

残念過ぎる。視点移動が不快。主観の絡みは完全受け身

前半から中盤のオラオラ3P客観視パートは
内容的には(好みは分かれるにせよ)
それなりに見応えがあるはずなのに、
「視点移動」のせいで台無しなのが残念。
カメラの「左右への回り込み」や
「後退」はVRではやめて欲しい。不快なだけ。
同じ監督の霧島さくらの「瞬間移動VR」でも
視点移動が不快だったけどさらに悪化してる。
2Dでは当たり前の「ゆっくり滑らかなカメラ移動」が
VRではマイナスにしかならないと早く気づいて欲しい。

そしてそれ以上に残念なのが、終盤の主観騎乗位パート。
タイトルの「緊縛セックス」の文字を見て、
中盤までのオラオラ3P見て、その後「さあ自分の番だ」で
「縛られた女に一方的にヤラレる」のを期待する奴いる?
主観・固定視点だからって身体まで完全マグロにならんでも。
VR主観で「自分」がアレコレ動くのが違和感あるってなら
「寝てる自分を加えて4Pに移行」とかでもいいのに
なんでよりにもよって「縛られた女主導」になっちゃうのか。

イチャラブ御奉仕VRに阿らないその姿勢だけは評価して☆2つです。

7人中、6人が参考になったと投票しています。

【VR】VR長尺 超リアル痴漢VR

2017/07/10 - ビデオ(動画)

シリーズ:超リアル痴漢

ネタバレ コスパは素晴らしい&VRの多様化歓迎

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
それぞれパターンの違う痴漢モノ4本と
王様ゲーム長尺VRおまけ動画でこの価格。

ただコンセプトから全然違う4本なので
各ユーザの「ツボにハマる」のは1本か2本かも。
逆にいうとタイトルの「超リアル」な痴漢モノを
求めてない人間でも楽しめる動画がある可能性がある。
実際自分が気に入ったのは「自分メインで集団痴漢する」
多分「痴漢モノとしてのリアリティ」からは1番遠い2本目。
というか「自分」が本番出来るのがこの1本だけ。
個人的には痴漢VRってことで後ろから「べったり抱きついて
肩越しに覗き込む視点」とかを期待したんだけどそれはなかった。
あとリアリティに本気でこだわるつもりがあるのであれば
「満員電車内の痴漢でまだ抵抗してる相手にフェラ強要」は
色んな意味で現実味を感じないのでやめた方がいいと思う。

王様ゲーム長尺VRおまけは普通に良作。
「発情した女の子が自分に乗って腰振ってイキまくる」
個人的にはこれが「現状のエロVR動画の理想形」かも。
むしろ他のVR動画はなんでやたらと「こちらを気持ちよく」したがるのか
疑問にすら思えてきた。
こっちがメインだったら迷わず☆5だけど、これはあくまで「おまけ」なので。

レビューを表示する

17人中、6人が参考になったと投票しています。

肩透かし

タイトルにある刺激的な単語の数々が
「ウソではない」ものの全て肩透かし。
基本「完全に調教済み」で何でもすんなり受け入れちゃうので
全然責めてる感がない。

女優さんは可愛いし一生懸命なんだけど、
少なくとも現時点では演技力豊かな方ではないので
変に設定凝ったドラマ仕立てにしたのも失敗では。
Mっ気狙った「常に敬語」が残念ながら
「演技」感にしか繋がってない。

5人中、5人が参考になったと投票しています。

【本番なし】意図的にミスリードを誘うタイトル・コメントで大減点

「イキまくった挙句、僕のチ○ポに我慢できず手が伸びて…」の「…」の中身が
10分間の手コキ9割フェラ1割で挿入なし、って話おかしいやろ。

「手コキとフェラのVR」なら普通にあるし、
「薬とオモチャでメイドを目の前でイカせまくるVR」なら
それもそれで成り立つと思うけど、
それにこのタイトル・コメントはつけちゃダメだよ。

「薬とオモチャでメイドを目の前でイカせまくるVR」としてなら内容は決して悪くなく、
適正なタイトル・コメントがついてさえいれば
価格を考慮しても★4はつけたのに。
演者さん達やスタッフ(ライター除く)が可哀相だ。

5人中、4人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 他の男は別に気にならんかと。

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
「ファン感バスツアー」という設定からすればかなり控えめで、むしろ「安定のこあら太郎的イチャラブご奉仕VR」にちょっと手を出してくるギャラリーがついた程度。
女優の質も映像面でも不満はないのでVRでは比較的珍しい構成を評価して星5を進呈。

つかコレで他の男が邪魔だって人はタイトルやサムネ見ないで買ったの?
「女1男多数が嫌」なら買わなきゃいい思うんだけど…
「大槻ひびき目当て」で買ったなら「合わない」のは仕方ないと思うけど
あんまり自分の狭い了見で他人の癖を否定しないで欲しいかな。

個人的には「可能な限り女性を攻め立てたい」ので男多数は自分が「蚊帳の外」になっちゃわない程度なら歓迎。特に今のVR動画で「自分の手が勝手に動く」のは違和感を感じるので、「乳揉み役」は第三者の方がいい。その辺、この作品は悪くないバランスだと思う(理想を言えばもっと道具やローションとか使ってハードに攻めて欲しいけど)。
最初のフェラは(その後「自分」がテッシュ渡していい雰囲気になる、って演出含めて)邪魔臭く感じたけど。

レビューを表示する

5人中、4人が参考になったと投票しています。

ネタバレ プレイ内容はほぼ満点。映像面もやや改善

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
内容的にはほぼタイトルやパッケージで期待した通りで、
「強引で無理やり(色んな意味でw)な脚本」が
嫌いじゃないなら試して損はないかと。
「物理的に受け身がしっくり来る」VRだからって
「主導権まで完全に握られる」必要はないと思ってる自分としては
少しずつこーゆー作品が出て来つつあるのは嬉しい。

ただ「顔とセリフでは嫌がってるけど、
命令されると言われるがままあっさり」と
自分でパンツ脱いで跨ってくるのは拍子抜けだし
その状態が最後まで変わらないのも少し残念。
挿入後にはスパンキングなんかもあるんだから、
最初はもっと抵抗してスパンキングされて渋々、
イクたびに従順あるいは積極的になってく、とか
何かしら変化があるともっと良かった。

映像面では同メーカーの過去作よりは改善されてて
画質も少し良くなったし、「小人感」はかなり軽減されてる。
(とはいえこのメーカーはとっととDMMに
「PSVRアプリへのズーム率調整機能追加」を要望した方がいいと思うが)

残念な事にFPSは荒いので、VRでは珍しいくらいの
密着ハードピストンが禍いしてチラつきが少しキツいのが難点か。




レビューを表示する

4人中、3人が参考になったと投票しています。

普通の美咲かんなVR

単に「縄ブラ」してるだけの普通の美咲かんなVR。
拘束感やSM感は皆無。
逆に言えば、「いつもの美咲かんなVR」が好きなら
タイトル通り「Sではない」人でも楽しめると思う。
拘束やSMを求めてるのであれば
「緊縛イラマ~」の方がまだオススメかな。

3人中、3人が参考になったと投票しています。

【VR】PRIVATE LESSON あおいれな

2017/06/29 - ビデオ(動画)

ドラマパートは再現度高・エロ皆無。エロパートは上質だが原作要素薄

某VRゲーム(CERO:B)の完全再現を目指したドラマパート(エロ成分ほぼ0)と、
その「二次エロ創作」であるエロパート(原作要素薄め)の二部構成。

企画自体はいいと思うし次回作?も応援したい。
ドラマパートの再現度はかなり高いし、
エロパートのエロさ&画質も十分なんだけど
もう少し原作要素とエロを両立・連動させて欲しいし、
エロパートの実用価値だけで見ると少し価格が高いので☆4つ。


ドラマパートの「再現度」はかなり高く、シナリオはほぼ完全再現wだし
室内の小道具などにはスタッフの異様な熱を感じる。
ただ、ヒロインの「無自覚無防備な巨乳」が原作の大きなエロ要素なだけに
女優さんが貧乳なのが少し残念。
顔や雰囲気は近い気がするのでそっち重視で選んだのかな。
それを含めてドラマパートの「エロ要素の再現度」は低い。
例えばメイド服やワンピ、胸元や脇の甘さ、下着のぞき込んだりクルクル回らせて怒られるシーンとかの
原作のエロ要素はほぼ入っていないし
かといって追加のエロ要素もあまり無く、せいぜいウ●コーワを塗るシーンで
刺された場所を
フトモモに変更(原作では首筋)して下着を見せたりしてる程度。
こーゆー「エロパロ」を随所に入れなきゃ「原作モノのエロコンテンツ」の意味がないのでは。
「原作が大好きだから実写で完全再現されたエロ動画を買う」…なんて需要はないだろうし。

そしてドラマパートでほぼ無視されたエロ成分を一手に担うのが
30分のエロパートで、こちらは女優さんの可愛さエロさと画像の質は合格点。
ただこちらは逆に原作要素が薄くせいぜい「せんせい」呼びと部屋と衣装くらい。
予備知識無しでエロパートだけ見たら原作に気付くのは難しいのでは?
少なくとも「家庭教師が教え子に手を出す」という状況をもっと活かして欲しいし
別衣装やケーキ・ウ●コーワ・イヤホン・アイマスクなどの小道具も使えたはず。
行為の最中に家庭教師派遣事務所から電話が掛かってきて
生徒に手を出してないか問い質されるなんて方法もあるだろう。
あるいはドラマパートで色々とエロいレッスンをさせておいて
エロパートではそれを踏まえて実践させて「大変よく出来ました」でしめるなんて形でもいいし、
とにかく次回作では原作とエロを上手く融合させて頂きたい。




5人中、3人が参考になったと投票しています。

単なる「VRカメラでのハメ撮り」。VR酔いに注意

「男が寝たままのVRでいいのか!?」「男が攻めるVR」の謳い文句には賛同するので応援半分に人柱購入しましたが、残念ながら「VRの特性」を一切考慮せず単に「VRカメラでハメ撮りをしてる」だけでした。結果、
■カメラが常時意図も法則もなくユラユラしてるのでVR酔いしそう。
■手持ちでカメラ位置や距離に違和感がある上に「自分」の動きが予想できないので没入感は皆無。……こうならない様にたどり着いた打開策・妥協策が「男が寝たままのVR」なんだから、その辺の課題ほっといて「男が攻めるVR」作っても、むしろ「これじゃダメだ。やっぱVRは男受け身がいい」になっちゃうだけかと。特に「VR酔い」はかなり強烈で、3D酔いやVR酔いほとんどしたことない自分が開始5秒でクラクラしてそれ以降ずっと「酔わない事」が最優先。それでもシーン毎に休憩しないとキツかった。VR酔いしやすい人は特に要注意。

それらの「VRの課題」以外にも「男優の手・指がやたら汚くて不快」とか「入浴シーンで左レンズの真ん中に水滴がついてシーン中ずっとそのままで立体視の邪魔」とか細かい問題点も多い。志?と女優の容姿だけに星2つ

2人中、2人が参考になったと投票しています。

ネタバレ 悪くないけどあっちもこっちももう一歩足りない

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
まず画質的にはこのメーカーの最近のいつもの
「他メーカーの高画質な作品には劣るけど
初期作品に比べれば断然マシで十分使用に耐える。
ただしやっぱり女優が小人」なクオリティ。
小人化はキスの時が特に顕著なので、
左右のカメラが遠いんじゃないかな?

内容面では、「こちらが主導権握って責めてく」展開自体
VRでは希少で、このシリーズには個人的に大変期待していて
概ね期待通りの内容にはなっている。

ただ最初から最後まで「顔は完全に嫌がってる」のに
「拒絶は口だけでほぼ言いなり」って状態なのが
なんとも中途半端で単調。
嫌がるんだったら、もっと拒絶・抵抗してくる所を
縛ったり叩いたり向こうの上司に手伝わせたりして
ねじ伏せる展開にして欲しいし、
言いなりに動くならいわゆる「口では嫌がってても
身体は正直」な描写を入れて欲しいし、
理想を言えば「だんだん堕ちてく」変化の過程を描いて欲しい。

2Dでならその辺をちゃんと描いてる作品は普通にあるので
VRで同じ事が出来ない理由はないかと。

レビューを表示する

1人中、1人が参考になったと投票しています。

【VR】奴隷ちゃん 埴生みこ

2018/02/10 - ビデオ(動画)

シリーズ:奴隷ちゃん

ネタバレ VRでは珍しい「ちゃんと責めてる」作品。ただし全体に雑

※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
基本「100%調教済み」には否定的なんだけど、
この作品は女優が割と「必死に求めて」て男も「相応に責めてあげてる」ので「調教済み」モノにありがちな物足りなさ・歯がゆさはあまりなかった。

ただ作りは全体に雑。
「イく時は必ず『イってもいいですか』と聞く」様に躾けられてるんだけどVRなんで応えはなく聞くだけ聞いてあっさりイっっちゃってお咎めもなし。
一方でスパンキングは「叩いてください」「ありがとうございます」なんで「頼まれて叩いてる」だけ感が強い。
「ご主人様がイくまでイくな。イったらお仕置き(スパンキング)」で綺麗にまとまるのでは?
あと「いきなりベロチュウ」は雰囲気ぶち壊し。後半テンション上がって「立場忘れてむしゃぶりついてくる」ならともかく。

てかやっぱり調教度合90%とかにならんかなぁ。
「最近スパンキングが気持ちよくなってきたのを認めたがらない」とか「イキ過ぎると怖くなって抵抗してくる」とかだけでいいんで。
バックへの移行のとこ、「ねだってくる」んじゃなくて、怖くなってソファに逃げてへたり込んだとこに「まだ終わってないぞ」とのしかかる、とかだけで大分空気変わるかと。

内容以外に触れると、見ての通り尺は短め、価格は強気。
そして画質は時代遅れ。
それ以前に左右のカメラのホワイトバランスが完全に違ってる。何か違和感感じてゴーグル外してSBS画像見たら右と左で別人レベルに肌の色が違う。
更に、視界正面に強い点光源を置いてるせいで画面中央付近にゴーストが出てる。
画面奥の光源由来のゴーストだから「立体視上の位置は奥なのに像は女優の顔より手前」なので立体化の邪魔。
映像チェックとかしないの?
つかカメラについての最低限の基礎知識あるスタッフがいれば撮影前にこんなミス防げるはず。

縄の扱いも雑で、巻き込んである縄尻を序盤でほぐしちゃって以降ずっとビロビロ垂れっぱなし、後ろ手拘束の位置が低過ぎてスパンキングの時に手を掠める、胸の肉が縄の上下に余ってる。
縛りへの愛やこだわりがないなら手枷とかで後ろ手拘束する方が楽だし調整もし易いのに。
特に手の位置はマジで怪我しかねないから雑な仕事やめて。

他社がVRでは中々やらない(特にSM系の)作品を出してくれるのは良いんだけど、
完成度と価格が毎度こんなんで「VRでSM系の挑戦的作品を出しても売れない」と思われそうで心配。

レビューを表示する

0人中、0人が参考になったと投票しています。

【VR】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR

2018/02/04 - ビデオ(動画)

企画は評価するが色々と雑

まずメインのソファの配置。
この作品の見せ場のはずの「1人は自分に跨って、もう1人は後ろのソファで他の男達にヤられてる」という状況で
女性2人がモロ被りになっていて後ろの絡みはほぼ男しか見えない。
「VRで男を見たくない」という極論には「ならこんなタイトル買うなw」としか言えないが、こんなタイトルを好んで買う奴の多くはおそらく自分同様「ヤられてる女を客観的にも見たい」のであって「女をヤってる男達(だけ)を見たい」って奴はほぼいないと思うのでこれは大減点。何のためにソファを2つも置いたのか。

脚本も全般的に雑。
「そんな言い方じゃダメだ」と何度言われても「『自分には何をしてもいいから』娘に手を出すな」と繰り返す母親。そして
約束をさっさと放棄する男共。
そこは「娘を盾に母親にアレやコレや卑猥な要求を自分からさせて身も心も散々弄んだところで、ハイお疲れさん、と娘をやっちゃう」のがテンプレじゃないの?
テンプレ外してテンプレよりショボくなってどうする。
そして何より「自分」の中途半端な扱い。
この状況で1人どっかり座りっぱなしなんだから素直に「男達の親玉」ポジションにすりゃいいのでは?

あと個人的な好みを言えば「男4女2」はちと絵面がムサいので、仕切り役は女にして欲しかったかな。
テンション上がって母娘に足やら股間やら舐めさせたりすれば絵的にも展開的にも変化がつくし。

この企画をVRで完成させた事は最大限評価しつつも全体に雑過ぎるので星2つ減点で。

0人中、0人が参考になったと投票しています。