サイト内検索

通販のご利用について

DMM通販を初めて利用される場合は、まずはガイドをチェック!DMM通販では予約商品の価格保証や郵便局・コンビニエンスストア受取りの他、追加料金なしに時間指定などをご利用できます。
商品は中身がわからないよう、無地の箱でお届けします。送付状の表記も6種類からお選びいただけます。
アダルトオークション 6周年記念オークション
C-more所属モデル 激レア厳選私物オークション

あなた、許して…。 官能小説のように 浅野えみ【アウトレット】

お気に入り登録数49

種類: DVD
発売日: 2017/07/06
収録時間: 110分
出演者: 浅野えみ
監督: なぎら健造
シリーズ: あなた、許して…。
メーカー: アタッカーズ
レーベル: プレジャーアウトレット
ジャンル: 人妻 巨乳 単体作品 寝取り・寝取られ ドラマ サンプル動画 アウトレット
品番: 7adn062
平均評価: 4点レビューを見る
この作品の出演女優の最新情報をメールでお知らせ!アラートに登録

愛する夫・茂が念願の小説家デビューを果たし、幸せいっぱいの彩乃。そんな二人へ密かに嫉妬の眼差しをおくる男が。茂をデビューさせた敏腕編集者の織田は美しい彩乃に魅せられ、真面目な茂の目を盗んでは純粋な彩乃に迫る…。

※本商品は人気メーカー過去作品をお得な値段でお買い求めいただける、未開封・未使用の新品商品です。

「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。

ご注文前にこちらの商品もチェック!

サンプル画像

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。

雑誌掲載コメント

夫のためにと身体を開き夫を裏切る哀れな若妻
浅野えみとんがアタッカーズのヒロインをここまで完璧に演じるとは感動的だ。役は新進小説家の貞淑な妻。旦那は今度のサスペンス大賞の候補。ロマンスグレーの編集者の男がえみとんに魅了され、「賞は根回しで決まる。旦那さんの小説は女性に魅力がない。奥さんが地味だからだ」と髪ゴムをほどき、化粧をさせ「旦那さんのためにもっと大胆な女になるのだ!」との詭弁でレイプ、イラマチオ、中出しと一直線。地味なえみとんは途中から綺麗になっても、フェラは泣きながらぎこちない、という、もう僕たちが守ってあげたい、でもヤりたい、そんな真面目な人妻、理想像をここに完成させてくれたよ! (月刊DMM - 沢木)

AVライターコメント

演技はなかなか、これが最初の人妻役
SODを退社して女優となった「浅野えみ」が初めて官能寝取られドラマに挑戦。夫を小説家としてデビューさせた敏腕編集者に、その幸せな夫婦生活を妬まれ犯されます。まだ駆け出し女優ですから、ベテラン女優たちの艶っぽさと比べるとまだまだですが、それでもなかなかの演技をしてくれてます。男が白髪なので、NTRを手ほどきされているとも見れた。四つん這いで腰を反りながら咥え、同時にケツを男に掴まれる画がエロい。
 

ご購入はこちらから

参考価格 1,512円
販売価格 1,134円(25%OFF)
送料無料 (全国一律)

クレジットカード決済なら
11pt獲得

注文方法の説明はこちら

※価格は全て税込み表示です

DMMマーケットプレイス

マーケットプレイスでこの商品を買おう
新品 (15件) 861円 より
ユーズド商品 (3件) 800円 より
コレクター商品 (1件) 10,000円 より
マーケットプレイス予約注文
マーケットプレイスでこの商品を売ろう
マーケットプレイスに出品

DMMマーケットプレイスの説明はこちら

  • B
  • t
  • f
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 4.04点

総評価数 25(12件のコメント)

並び替え

  
  •   良かった

    やっぱりおっさんの目には前田敦子の妹か何かに見える。しかも可愛い。
    乳の形が良く、乳首が程良くエロく張っててすごく良い。

    話はあな許とあな愛をミックスさせた感じで、おっさん(冴山トシキ)が言葉巧みに「奥さんがエロくならないと旦那さんが良い小説を書けない」みたいな事を言ってファックに持ち込む。
    経験の少ないうぶで真面目な若妻が旦那の為にエロくならなきゃいけないのかしらと洗脳される設定なので、終始おどおどしたピチピチ肌の人妻をおっさんが手玉に取りつつ手懐けてゆく感じ。小娘を堕とす中年の姿がとてもエロかった。

    ソファー、キッチン、ベッドと3カラミで場所を変えているし、ここ一年ほどひどかった撮影中の雑音も解消されている。
    あと、イラマの際の従順さも良かった。ベテラン女優だとわざと唾液を吐いたり派手にむせたりを必ずするが、そういう悪い癖を仕込まれる事もなく、すごく自然で可愛らしかった。

    niku_nameさんのレビュー -ビデオ(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    18人中、16人が参考になったと投票しています。

  •   最高の演技

    筋書きはいつもどおりですが、えみちゃんがとてもカワイイです。地味な人妻を熱演しています。表情がいいし、絡みシーンがエロくてたまりませんね。
    さすがのナギラ作品ですね。

    エスプレッサさんのレビュー -ビデオ(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    13人中、9人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ シナリオ、女優さんの演技、共に最高級の作品

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    シナリオですがちゃんと「メリハリ」用意している。
    凌辱前のセクハラ行為

    凌辱

    抵抗がやや弱まった凌辱

    台所でのイラマチオ

    仕上げの凌辱
    ですね。

    あと
    ①凌辱の際、織田の万年筆が落ちているのを後で旦那さんが突っ込む

    ②受賞後、織田が映画化の話をして奥さんの話題に触れ「誰が見ても貞淑な女性が大胆になる瞬間。そこにドラマがあるじゃないですか」と彩乃に自分とのSEXを思い出させるような発言をする。

    ③寝室で旦那さんが「織田が嫌いなんだろ」とドキッとするような発言をする

    ④最終チャプターで何気にパンティが無造作であるかのように膝の手前にある
    等、細かい点にも配慮を。

    いつもながら凄いです。
    この辺が人気シリーズになっている秘密なんでしょうね。

    彼女ですが、清純で貞淑そうな若奥様ぶり、よく演じていたと思います。
    所々に映像がありましたが、旦那さん想いで一歩引いて支えている点が伺えました。
    「良妻賢母」とはまさにこの事。
    エプロン姿も似合ってましたし、雰囲気が出ていて良かったです。

    それが一番の大きな理由なのか?。
    織田に凌辱されている際、各チャプター、徐々に堕ちていく過程で凄くエロく感じました。
    ごく普通の可愛い若奥様が男に凌辱されている。
    彼の言葉責めと上手くミックスされた感じ。

    お尻とか胸とか彼を見つめる目とか表情とか。
    それ等を含めて全部。

    自分が織田になったかのように彼女を征服してみたい、自分のものにしたい、とすら感じさせる「魔力」のようなものを感じました。
    「是非映像を見て下さい」としか言い様が無い位、言葉では表現し尽くせない程のエロさ。
    良かったです。

    結局は旦那さんに見つからないまま、悟られないままドラマは終了してしまいましたが、話の中で既に突っ込まれていた「最近セクシーになった」の延長上で「お前最近派手な下着を身につけるようになったな」と何時かツッコまれそう。

    果たしてそこから織田まで辿り着ける事が出来るのかどうかまでは分かりませんが、妄想であれこれ考えるだけでも面白いですね。
    それ程秀逸なシナリオだったという事で。

    彼女の初のドラマもの出演、初の若奥様の設定も想像より遥かに良かったです。
    また何時か拝見したいですね。

    シナリオ、女優さんの演技、共に最高級の作品。
    自信を持っておススメ致します。

    レビューを表示する

    ジョイクンさんのレビュー -DVD(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    11人中、9人が参考になったと投票しています。

  •   官能小説っぽくはないが、なぎらクオリティ

    まず、「官能小説のように」は夫が小説家だったことからついたサブタイトルだが、夫役の青木はいつものようにセックスには淡泊なキャラで、書いている小説はサスペンスものだが「登場する女性から色気が感じられない」と評されているくらい。

    編集者がそこにつけ込んで、小説家の妻であるヒロインに
    「あなたは清楚で可愛い人なんだけれど、色気は足りない。一番身近なあなたがもっと色っぽくなればインスピレーションが沸いて、ドラマ化や映画化といった大きなチャンスを得られるようになる。だからこれは旦那さんのためなんですよ!」
    と迫っていく流れで、レイプといっても暴力性は低く、話の展開もあまり感応小説っぽくはないので、『官能小説ファンだから買う』というのはお勧めしない。

    でもって、ヒロインは約半年前までSOD社員だった浅野えみさん、ドラマっぽい作品と言えばドキュメンタリー風のものが1本あったくらいで、いきなり「大人のドラマ」は厳しいかもと思ったけれども、

    「言いくるめられて上手く丸め込まれてしまい、次第に従順に深みにはまっていく」

    という、行動や感情の波が激しくない役柄をあてて、かつ夫役との交流シーンもおとなしいものとしたので、演技力の不足を目立たせなかったのは作戦成功。
    また、彼女は『イキ顔キンタロー。』(笑)とも称される前田敦子似の顔立ちだが、パケ写ではそこは追求せずEカップのバストを強調している。実際、3回あるHシーンでもちょっと肉感的なボディは目立っているし、変にAKB似を強調しては興味のない人が手を伸ばさなくなるかもしれないのでこれはこれであり。

    他方で、犯し役の編集者・織田を演じた冴山は従来のアタッカーズ作品では「黒髪でオールバックの小悪党」イメージだったが黒染めしていたのをやめてイメージチェンジしてロマンスグレーの髪に眼鏡という知的な役柄になっている・・・が、風貌がちょっと貧相なので大物っぽい訳や暴力的な訳は似合わずない感じ。その点、この作品の編集者役はかなりはまっていた。

    男女ともに使い方が簡単ではない役者の欠点を消すプロットで、なぎら監督クオリティを確保して撮っており、傑作とは言えないがシリーズの水準をキープしているので4点で。

    ちなみに、なぎらクオリティなので女優より男優が先に裸になるのもいつもの通りです(^-^;

    寝取りスキーさんのレビュー -DVD(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、8人が参考になったと投票しています。

  •   素晴らしい

    本当に素晴らしかった。

    あなた許してシリーズの中でも上位に入るレベルだろう。

    浅野えみファンさんのレビュー -ビデオ(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、7人が参考になったと投票しています。