サイト内検索

愛の渦 R18

愛の渦 R18

お気に入り登録数2068

対応デバイス: パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV/Fire TV Stick、Apple TV、PS4/PS Vita
配信開始日: 2014/12/05
収録時間: 122分
出演者: 門脇麦 三津谷葉子 中村映里子 赤澤ムック 信江勇 / 池松壮亮 新井浩文 滝藤賢一 駒木根隆介 田中哲司 ▼すべて表示する
監督: 三浦大輔
原作者: 三浦大輔
シリーズ: ----
メーカー: マイシアターD.D.
レーベル: ----
ジャンル: サンプル動画  ラブ&H  ドラマ  成人映画
品番: 5267ainouzu00001
平均評価: レビューを見る
閑静な住宅街にあるマンションの一室。バスタオル1枚で気まずそうに思い思いの場所に座っている男女8人。ここは「セックスがしたくてたまらない人たちが集まる」店。行為に及ぶまで、ぎこちないやり取りがあるが、一度してしまえば、欲望は気持ちいいほど剥き出しになっていく。しかし同時に、「やりたい相手」と「やりたくない相手」、それにともなう駆け引きや嫉妬など、それぞれの本音も露わになっていく。そんな中、ニートは女子大生に特別な感情を持ち始める。
サンプル画像

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 

ご購入はこちらから

※価格は全て税込み表示です

  • t
  • B
  • f

ユーザーレビュー

平均評価 4.67点

総評価数 3(3件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   三津谷葉子の長時間の喘ぎ声がそそる

    ■女優
     ・門脇麦ちゃんは、ペッティングシーンでは良い声だしてたのにSEXシーン
      はうるさいだけで演技に問題あり。監督は演技指導しないと。
     ・三津谷葉子ちゃんは、往年のグラビアでお世話になった身からすると
      露出少なめで残念。但し5分にも及ぶ彼女の喘ぎ声はエロい。
      それと一瞬しか映りませんが、バックからのエロ尻を使った高速腰振りも
      エロかった。
     ・文字数が足りないので他の女優さんは割愛致します。
    ■俳優
     ・新井浩文さん。この方のチャラい演技は格別。いい感じのゲスさが演じられて
      いたと思います。
     ・駒木根隆介さん。この映画に最も貢献したと思われる役者さんの一人ですね。
      童貞には見えませんが、エロしかないこの映画に唯一の笑いを提供して
      もらって感謝しています。
     ・田中哲司さん。出演時間は短いのに最も心に残った演技をされています。
      ネタバレにならない様に言うと、彼の彼女に対する優しさや嫉妬を
      上手く顔だけで表現出来るその演技力はさすがですね。
     ・文字数が足りないので他の俳優さんは割愛致します。
    ■企画・演出
     ・とりあえず女優脱がせたいだけ、という企画意図であれば大成功です。
      特に脚本らしい脚本も無いですし。
      但し、ここまでやらせるのならば、もっとエロの演技指導をいれても
      良かった。
     ・三津谷葉子ファンとしては、彼女が乳を見せないのならそれでもいいので
      全裸腰振りの彼女単体映像を撮って欲しかった。なんでカメラ回転
      させるの?無意味だし一所懸命腰振ってる彼女が可哀想。
    ■映像
     ・普通です。
    ■総合評価
     ・映画というかこれはエロビデオです。その意味では不満もあるのですが、
      三津谷葉子の長時間の喘ぎ声を聴かせてくれてありがとう!
      との感謝を含め、★5とさせて頂きました。

    r157さんのレビュー -成人映画(動画) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ セックスシーンも大事だよ

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    知人が似たような店で働いてたけど、まずあんなナメた態度のスタッフありえないからw サクラもまるでやる気ないし客全員が初体験、って攻略難易度高すぎだろ.
    そりゃおっぱじめるまで時間も掛かるわな。

    封切前からいろいろ煽ってた濡れ場は案外で、覚えたての高校生みたいな主人公のサルセックスに申し訳程度の2人、残りはイロモノ扱いと絡みそのものの表現はあまり重要視されてない感じ(少なくとも乱交ではないよ)。裸を見せるのが作品の目的じゃないとしても、身も心も裸にし欲望とエゴで剥き出しの本性を晒け出すのなら、その欲とエゴに溺れている姿まで描き切ってナンボでは。

    主役のふたり(池松壮亮・門脇麦)が気弱な性格で終始受け身のままダラダラ終わるのかと思いきや、ラスト10分くらいで流れが二転三転。特に最後に交わした会話がじわじわくる。

    『あそこにいた自分がほんとうの自分』欲望だけじゃ存在そのものが剥き出しだったという意味ではおそらく間違ってない。彼女もそれは理解してるから、パートナー交換に割って入りつつも強気に出られるとあっさり「その気はない」と取り繕ったのがほんとうのニート君、と気づいてしまったのだろう。そこでもう“つかの間の出来事”と彼女の中では整理がついていたにもかかわらず「オレいいこと言った!」と呑気な決め台詞を吐くニート池松。ひとこと『いいですねぇ』でダメ出しするJD門脇麦。

    そんなわけで、表向きはニート君のバッドエンドだけど、絶望感を味わったのはむしろ彼女のほう、というお話。たぶん。

    レビューを表示する

    はじめ男爵さんのレビュー -成人映画(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   成人映画指定がもったいない

     一言でいうと感動しました。あとエロくはないです。この映画ほど観たあとでほっこりさせてくれた成人映画はみたことありません。普通、こんな批評なんてしない私が、どうしても*いいね*をいれざるをいない、心からみてよかったありがとう作品です。なぜダウンロードがないのか、キレる寸前ですw

    ひろっすさんのレビュー -成人映画(動画) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
成人映画サービスご利用方法説明ページへ 会員登録
※月額動画会員の方はこの作品を購入する場合、月額料金に加え別途料金が必要となりますのでご注意ください。