サイト内検索

作品カテゴリから探す

ジャンル

ランキング

シリーズ

題材

対応デバイス

  • CG

【20%OFF】 せっかくできた彼女が寝取られました。黒髪JK大野友香里

トータル販売数
120
( - 件)
お気に入り登録者数:131人

ショートストーリー全108ページのオリジナルフルカラーCG集です。

★DMMユーザー限定プレゼントCG!
作品購入&ファンユーザーの方へプレゼントCGをご用意しました!
本編購入後、ぜひファン登録をお願いします!
※詳細はサンプル画像4枚目もしくは同梱している画像の情報をご覧ください。

★あらすじ
僕はある日、大野友香里(おおのゆかり)というクラスメイトに告白した。
子供のころから友達で、クラスメイトだ。
髪は短くボーイッシュな雰囲気で、僕はこれまで男友達のように接してきた。
しかし最近になり異性として彼女のことを意識するようになっている自分がいた。
そしてとうとう、彼女に告白することに決めたのだ。
友香里は突然の告白に驚いたようだが、すぐにOKしてくれた。
彼女も、僕のことを昔から好きだったらしい。

そんなある日の放課後、彼女が使われていない体育倉庫へと向かっているのを目撃する。

そのただならない雰囲気に体育倉庫の中をのぞくと、男性教師に身体をまさぐられている友香里の姿が目に入る。
友香里はいわゆる「JKリフレ」といういかがわしいお店で働いていた。
しかもお小遣いのために裏オプで本番までやっていることが発覚。
その時のことが男性教師に知られ、脅迫されて身体を自由にされているのだという。

男性教師は友香里をレイプし、その後さらにほかの男子生徒たちとともに輪姦されるのだった。
それを彼氏に見られていると知らないまま。

友香里は彼氏の目の前で、身も心も犯し抜かれる。

★全108ページのショートストーリー付き!
本編のショートストーリー版は全108ページ
彼氏のが見ている前で寝取られるJKの姿をお楽しみください。

★基本CG12枚(全108ページ)
○SS版:ショートストーリー版、全108ページ、画像サイズ:1600×1200px
○CG版:セリフ効果音無し版、全106ページ、画像サイズ:1600×1200px
それぞれJPG・PDFを同梱しております。

【内容】全12枚、エロ10シーン。
・大野友香里の幼馴染、友香里に告白(非エロ)
・告白成就。いっしょに手をつないで帰る二人(非エロ)
・体育倉庫にて男性教師に脅迫されながら愛撫される友香里。
・友香里がJKリフレで働いていることが発覚。ラブホで教師とエッチする友香里
・友香里、体育倉庫で手マン&電マで潮吹き
・いやいやフェラチオしながら口の中で射精
・正常位で生ハメセックス
・自分からお尻を向けて雌犬のようにバックから生ハメ
・種付けプレス。肉奴隷扱いされる友香里
・「公衆便女」と落書きされて生ハメ&膣内射精
・男5人がかりで輪姦。自らエッチを求めるように。
・精液まみれになり、教師に向かって肉奴隷宣言する友香里。

★サンプルについて
予告作品・サンプルデータをご用意しております。
購入前の表示確認などはこちらで行ってください。

20%OFF

サークル設定価格 648円

価格

518

クレジットカード決済なら:5pt獲得

新着通知設定

このサークルの新作が配信された際に、メールでお知らせいたします。

サークル

  • B
  • t
  • f
対応OS
Windows:2000/xp/vista/7/8/10
Macintosh
動作ブラウザ
ブラウザ視聴作品はInternet Explorer8以降、Firefox3.6以降、Safari4以降対応

補足

Adobe Reader
JPEGローダー

※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
※Windows2000、XP(SP1、SP2)、2000以前のWindowsOSはDMMサポート対象外とさせていただきます。
※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、DMMサポート対象外とさせていただきます。
※ブラウザ視聴可能なコンテンツは容量などを考慮してDMMで決定しています。
 それ以外のファイルはPCからダウンロードしてお楽しみください。
※マイライブラリ(購入済み作品一覧)の動作環境はiOS9以上を推奨しています。
 それより古いバージョンはサポート対象外とさせていただきます。

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
同人サービスご利用方法説明ページへ   会員登録

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう