サイト内検索

  • 完結

柔肌みだれ壷

お気に入り登録数 30

作家/出演者
シリーズ
  • 柔肌みだれ壷
平均評価
レビューを書く
旅の途中で雨に降られ、小屋で雨宿りする粋な女。若い男と一緒になり、気に入ってまぐわってしまう。一緒に旅を続け、金を稼ぐために女は身体を売るが、客の馬喰は女を縛って犯そうとした。淫乱な母の間男を刺した過去のある若い男は、馬喰を殺して…。「妖艶みだれ花」他に「色芝居」「弔い疼き」「痴色の夢」「金髪淫ら壺」「たたり化粧」「可憐花散らし肉」「熟れ尻磯巾着」「巫女肉体崩し」「穴詣でみそぎ肉」「比丘尼の柔尻」を収録した現代の浮世絵師が放つ、官能時代劇。
読める期間で選ぶ
1,080円
324円
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/01/13 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
237ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
67.60MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家
  1. ソースコードにアフィリエイトIDを追加する(任意)

    アフィリエイトIDをお持ちの方は、ソースコードにIDを追加することができます。
    アフィリエイトについて
  2. サイズを選択する

    サイズを選択し、表示されたソースコードをコピーして貼り付けてください。
    ソースコードの変更はできません。
    120×240
    柔肌みだれ壷 柔肌みだれ壷 立ち読み
    150×250
    柔肌みだれ壷 柔肌みだれ壷 立ち読み

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう