午後の紅潮

お気に入り登録数 35

作家/出演者
シリーズ
  • 午後の紅潮(単話)
平均評価
レビューを書く
人妻の弥生は夫を愛していたが、最近夫の仕事が忙しくてアッチのほうがご無沙汰気味。しかたなくエッチな下着でオナニーをしていたが、それを彼女に憧れている少年、直樹に見られてしまう。このことは誰にも言わないからと直樹は弥生にセックスを迫る。最初、本番は駄目だと口でだけしてくれた弥生だが、そこに夫が帰ってきてしまい、二人でトイレに隠れる。夫に見つかるかもしれないというスリルが彼女のスイッチを入れる。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/09/08 09:50
紙書籍
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.60MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう