サイト内検索

アダルトメディア年表

AV 風俗・世相・その他
1981 ●初のビデオ生撮り作品が発売される。「ビニ本の女・秘奥覗き」「OLワレメ白書・熟した秘園」(日本ビデオ映像)
●宇宙企画が「素人生撮り」シリーズで参入。
●山本竜二、男優デビュー。
●パリ人肉事件。
●「トゥナイト」(テレビ朝日系)放送開始。
1982 ●代々木忠監督「ドキュメント・ザ・オナニー」(日本ビデオ映像)大ヒット。
●VIPエンタープライズ(VIP)、サム(芳友舎、h.m.p)、日本ビデオ出版(トロイ)、アートビデオなどが次々と参入。
●「オレンジ通信」(東京三世社)創刊。以降、AV情報誌はフルーツを誌名につけることが流行。
●ホテル・ニュージャパン火災。
●初の美少女ゲーム「ロ○ータ」(PSK)発売。
1983 ●「隣のお姉さん」(ポニー)で八神廉子がデビュー。ビデオアイドル第1号。
●「少女M」(日本ビデオ映像)が発売。ロ○ータブームを巻き起こす。
●アテナ映像、九鬼(KUKI)などが参入。
●「ビデオ・ザ・ワールド」(白夜書房)創刊。
●大韓航空機撃墜事件。
●愛人バンク「夕暮れ族」摘発。
●素人女子大生を売りにしたキャバクラ第1号「ブスっ子倶楽部」が六本木にオープン。
●「オールナイトフジ」(フジテレビ系)放送開始。
1984 ●「ミス本番・裕美子19歳」(宇宙企画)発売。美少女本番ブームに。
●「私を女優にしてください」(宇宙企画)で竹下ゆかりがデビュー。
●アダルトアニメ「くりぃむれもん」シリーズ(フェアリーダスト)がスタート。大ヒット。
●クリスタル映像参入。
●宇宙企画がビデオメーカーとして初めて公然わいせつ容疑で摘発される。
●グリコ・森永事件。
●トルコ風呂がソープランドと名称変更。
●歌舞伎町「クリスタル2」がマジックミラー顔見世システムを導入。
●「TV海賊チャンネル」(日本テレビ系)「ミッドナイトin六本木」「グッドモーニング」(テレビ朝日系)放送開始。
1985 ●裏本で絶大な人気を得ていた渡瀬ミクがAVデビュー。
●日本ビデオ映像が倒産。
●豊田薫監督が「少女うさぎ・腰ひねり絶頂」(KUKI)でデビュー。8月には話題作「マクロボディ 奥まで覗いて」を発売。
●元祖AVアイドルグループ「セクシー4」結成。
●元祖セルAVとも言えるブラックパックが人気を集める。
●高田馬場にAVショップ「タイヨー」オープン。マニアビデオの聖地となる。
●吉沢由希子(早見瞳)、永井陽子、中川えり子、早川愛美、中沢慶子
●ロス疑惑。
●新風俗営業法施行。
●高田馬場ヘルス「サテンドール」に早川愛美入店。風俗アイドルとしてTVにまで登場。のちにAVデビュー。
●歌舞伎町にテレクラ第1号「アトリエキーホール」開店。
1986 ●黒木香が「SMっぽいの好き」(クリスタル映像)でデビュー。大きな話題を呼ぶ。
●V&Rプランニング参入。
●レンタルビデオ店が1万軒を突破。
●ブラックパックがエスカレートしたスーパーブラック登場。
●秋元ともみ、小林ひとみ、新田恵美
●チェルノブイリ原発事故。
●NTTの伝言ダイヤルが出会い系メディアとして話題に。
1987 ●大陸書房が書店ルートで廉価版AV「ピラミッドビデオ」シリーズを発売。
●かわいさとみのデビュー作「ぼくの太陽」(宇宙企画)がオリコンのビデオチャートのベスト10入り。
●黒木香「小娘日和」、小林ひとみ「ピンクのカーテン」などAVアイドルのレコードデビュー相次ぐ。
●桂木麻也子、斉藤唯、葉山みどり、前原祐子、立原友香、美穂由紀、東清美
●国内で初のAIDS患者死亡。
1988 ●大阪にて新日本ビデオ倫理審査協議会(通称 第2ビデ倫)が発足されるも、すぐに消滅。
●豊丸が「吸引力」(サム)でデビュー。淫乱ブームを牽引する。
●元アイドルの葉山レイコが「処女宮」(ミスクリスティーヌ)でデビュー。斉藤唯・葉山みどり・冴島奈緒がRacco組を結成しレコードデビュー。
●村西とおる監督がダイヤモンド映像を設立。
●ほぼ全編をハメ撮りで撮影した伊勢鱗太郎監督の「勝手にしやがれ」(KUKI)が発売。
●カンパニー松尾監督「危ない放課後2」(V&Rプランニング)でデビュー。
●「ザ・ナンパスペシャル」(アリーナ)スタート。190作(2006年現在)まで続く世界最長シリーズに。
●加藤鷹、男優デビュー。
●にっかつロマンポルノ終了。
●松本まりな、鮎川真理、後藤えり子
●リクルート疑惑。
1989 ●インクスティック芝浦ファクトリーにて「宇宙少女レビュー」開催。
●松坂季実子が「でっか〜いの、めっけ!」(ダイヤモンド映像)でデビュー。巨乳ブームへ。
●実相寺昭雄監督が1500万円の製作費をかけた大作「アリエッタ」(KUKI)を発売。
●ゴールドマン監督「なま」(アートビデオ)発売。8ミリビデオによる主観撮り映像で業界に衝撃を与える。
●樹まり子、林由美香、小沢奈美
●昭和天皇死去、平成に。
●ベルリンの壁崩壊。
●宮崎勤事件。
●ダイヤルQ2スタート。
1990 ●代々木忠監督「チャネリングFUCK 悪霊と精霊たち」が話題に。
●初の女性向けAV「シンデレラになりたくて」(JVD)発売。
●バクシーシ山下監督「女犯」(V&Rプランニング)でデビュー。
●ラッシャーみよしのインディーズレーベル、ハウスギルドがスタート。
●チョコボール向井、男優デビュー。
●星野ひかる、桜樹ルイ、あいだもも、藤本聖名子、野坂なつみ、卑弥呼、白石ひとみ
●イラクがクウェートに侵攻。
●「11PM」放送終了。
●美少女ゲーム「同級生」(エルフ)が大ヒット。
●有害コミック規制騒動。
1991 ●第1回「ビデオソフトメーカー感謝祭」が豪華客船を借り切って行われる。
●カンパニー松尾監督「私を女優にして下さい」(V&Rプランニング)シリーズがスタート。
●「性感Xテクニック」(アテナ映像)でSEXYエステティシャン南智子がそのテクニックを披露し話題に。
●ダイヤモンド映像が事実上の倒産。
●レンタル店が1万6千店から1万店以下に。
●朝岡実嶺、森川いづみ
●湾岸戦争勃発。
●「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)放送開始。
●篠山紀信撮影の樋口可南子の写真集「ウォーターフルーツ」(朝日出版社)発売。さらに宮沢りえ「サンタ・フェ」(朝日出版社)の発売により事実上のヘア解禁。
1992 ●バクシーシ山下監督「ボディコン労働者階級」(V&Rプランニング)が話題に。
●予算削減の影響か企画モノが急増。
●松下一夫監督の「美少女スパイくすぐり拷問」シリーズ、佐藤義明監督の「SMマニア撮り」シリーズなど、自主制作の通販ビデオが人気を集める。
●アロマ企画リリース開始。
●浅倉舞、憂木瞳、飯島愛
●バブル崩壊。
●コンピューターソフトウェア倫理機構発足。
●池袋に性感マッサージ「乱コーポレーション」開店。
●ランジェリーパブが人気を集める。
●C.C.ガールズ、Tバックスなどセクシーグループがブームに。
●「クリーム」(ミリオン出版 現ワイレア出版)創刊。
●風俗求人誌「てぃんくる」(しょういん)創刊。
1993 ●フェミニズム団体が「女犯2」を問題視する。
●ブルネイ王国売春問題で村上麗奈が注目される。
●ブルセラショップのオリジナルビデオが話題に。
●BROADが「真・M女の昼」「真・M女の夜」をリリース、97年まで続く野外露出ブームの先駆け。
●辻幸雄「制服美少女たちの放課後」シリーズをリリース。ブルセラの帝王と呼ばれるが逮捕。
●美里真理、松本コンチータ、氷高小夜
●細川連立内閣発足。
●池袋に性感ヘルス「すっぽん」開店。
●日本初のアダルトCD-ROM「HYPER AV」(ステップス)発売。
1994 ●黒木香がホテルから転落事故。
●豊田薫監督、ヘアビデオ「メリージェーン」(主演:河合メリージェ−ン)発売。
●井上あんりを党首とする「AV新党」結成。
●セルビデオチェーン「ビデオ安売王」がフランチャイズ展開。セルビデオ時代を切り開く。
●桃太郎映像設立。
●麻宮淳子、風吹あんな、日吉亜衣、細川しのぶ、細川百合子
●大江健三郎にノーベル文学賞。
●可愛手翔、高田馬場「ウィズユー」入店。フードルブーム。
●アダルトCD-ROMブーム。
●「Beppin」「スコラ」の編集責任者ら計4人がわいせつ図画販売の疑いで書類送検される。
1995 ●「ビデオ安売王」事実上崩壊。
●ソフト・オン・デマンド、シャトルジャパン、ワイルドサイド設立。
●「ザ・フーゾク」(クリスタル映像)など風俗AVがブームに。
●宮木汐音、北原梨奈、夕樹舞子
●阪神大震災。
●地下鉄サリン事件。
●渋谷のストリップ劇場「道頓堀劇場」閉館。
●池袋の性感ヘルス「コント402号」でコンニャク素股プレイが。
1996 ●豊田薫監督のセルレーベル「リア王」始動。
●アダルトDVD第1作「桃艶かぐた姫危機一髪 小室友里」(芳友メディアプロデュース)発売。
●松本和彦監督、エムズビデオより「一期一会」全12作を発売。大ヒットを記録する。
●フードル、可愛手翔がAVデビュー。
●瞳リョウ、矢沢ようこ、光月小夜、加納瑞穂
●ペルー日本大使館公邸人質事件。
●テレクラ規制本格化。
●志摩紫光、公然わいせつ罪で逮捕。
●「出勤!!ミニスカポリス」(テレビ東京系)放送開始。
1997 ●香港での夕樹舞子のサイン会にファンが殺到し大パニック。
●平野勝之監督の「わくわく不倫旅行」が「由美香」と改題されて劇場公開される。
●メディア倫理協会発足。
●若菜瀬名
●神戸連続児童殺傷事件。
●「A女E女」(フジテレビ系)放送開始。
1998 ●森下くるみがソフト・オン・デマンドと12本契約の専属女優としてデビュー。
●ハリウッドフィルムから小室友里出演の薄消しで話題になった「ルームサービス」シリーズが発売。
●「THE カウントダウンスペルマ」(エムズビデオ)に出演していた麻生香が日テレ系の現役アナウンサーだったことが話題に。
●ワープエンターテイメント発足。
●鈴木麻奈美、椎名舞
●長野オリンピック。
●渋谷イメクラ「年中夢中」摘発、そのまんま東が事情聴取される。
●カップル喫茶が過激化してブーム。
●「ギルガメッシュないと」放送終了。
●CSでアダルト専門の「チェリーボム」「パラダイステレビ」放送開始。
●風俗誌全盛期。30誌以上が発行された。
1999 ●「COOL」「ハメっ娘倶楽部」など超薄消しビデオがブームになるも摘発が相次ぐ。
●川奈まり子32歳でデビュー。熟女ブーム。
●桃太郎映像がデジ消しを開発。
●80年代AVがビンテージものとしてプレミア価格で取引され始める。
●オーロラプロジェクトが人気を集める。
●ナチュラルハイ、ディープス発足。
●赤外線盗撮ビデオが人気を集めるが8月に水泳大会を赤外線盗撮して大分の教師が逮捕。
●川島和津美、広末奈緒
●東海村核燃料工場で臨界事故。
●改正風営法施行。デリヘルが認可される。
●人妻風俗が人気に。
●裏風俗ブーム。
●児童ポルノ法施行。
●バイアグラ国内発売。
2000 ●WATARUX監督の「素人ギャルLEVEL:A」(エロティカ)シリーズが大ヒット。
●アダルトDVDリリース本格化。
●MOODYZ発足。
●鮎川あみ、聖さやか、うさみ恭香
●佐賀バスジャック事件。
●東京都ぼったくり条例施行。
●飯島愛「プラトニック・セックス」(小学館)がベストセラーに。
●出会い系サイト全盛期。
●携帯電話向けアダルトサイトが急増。
2001 ●歌手・倉木麻衣の実父が「倉本麻衣」をデビューさせて話題に。
●ターボ向後監督「girlfriends」(h.m.p)シリーズが大ヒット。
●長瀬愛、笠木忍、堤さやか、桃井望ら企画単体ブーム。
●もも太郎映像がデジタルモザイク(デジ消し)を発売。
●高橋がなり、TV番組「マネーの虎」出演で一躍注目を集める。
●TOHJIRO監督、ソフト・オン・デマンドでDogmaレーベルを発足。翌年、メーカーとして独立。
●及川奈央、遠野小春、早坂ひとみ
●アメリカ同時多発テロ。
●歌舞伎町風俗ビル火災。44人死亡。
2002 ●美竹涼子「初熱してる。」(アリスJAPAN)でデビュー。前代未聞の32本契約。
●桃井望が変死。
●ケイ・エム・プロデュース発足。
●ソフト・オン・デマンド4000円だった定価を2980円に値下げ。
●南波杏、朝河蘭、紋舞らん、小沢菜穂
●日朝首脳会議。
●「トゥナイト2」放送終了。
2003 ●ビジュアルソフトコンテンツ事業組合(VSIC)が通産省に協同組合として正式に認可される。
●加護あいの露天風呂盗撮、モーニング娘。のトイレ盗撮が話題に。
●大手AV問屋「コスモス」倒産。
●春菜まい、高樹マリア、古都ひかる、三上翔子
●米軍がイラクに侵攻。
●温泉コンパニオン遊びブーム。
2004 ●元アイドルの小沢なつきがAVに転向。
●蒼井そら「ギリギリモザイク セル初」が10万本以上のセールスを記録。
●カンパニー松尾監督らの自主メーカーHMJMがリリース開始。
●チョコボール向井、ハプニングバーで逮捕。
●S1発足。
●夏目ナナ、如月カレン、天宮まなみ、萩原舞、立花里子
●自衛隊イラク派兵。
●都内風俗店一斉摘発。
●ドールデリヘル登場。
●付録にDVDをつける雑誌が増える。
2005 ●トライハートコーポレーション、クリスタル映像がビデ倫脱退。
●ドグマ主催の監督対抗戦「D-1クライマックス」開催。
●GLAY'sが初のアダルトUMD「巨乳ナース 天衣みつ」他を発売。
●林由美香急死。
●麻美ゆま、みひろ、天衣みつ
●AV女優のブログが急増。
●JR福知山線脱線事故。
●西川口摘発。
●TENGA発売。
2006 ●メーカー16社対抗「AV OPEN」開催。
●現役アイドル・青木りんAVデビュー。
●ビデ倫、ヘア・アナル解禁。
●GLAY'sが世界初のアダルトHDDVD「立花里子の奴隷部屋 野々宮りん」を発売。
●溜池ゴロー、なでしこ、WOMANなど熟女専門メーカーが続々登場。第二期美熟女ブーム。以降、熟女人気は完全に定着する。
●「anan」のセックス特集号で夏目ナナ主演のDVDがつく。
●紅音ほたる、範田紗々、柚木ティナ(Rio)
●ライブドア、証券取引法違反容疑で堀江貴文社長ら幹部を逮捕。
●耐震強度偽装問題が発覚。
2007 ●ビデ倫、わいせつ図画頒布幇助の容疑で家宅捜査。
●過激なイカセ物がブームに。
●ニューハーフがマニア層以外でも受け入れられるように。
●プレステージが人気メーカーに。
●そっくりさんAVが次々作られる。
●松野ゆい、琴乃、浅尾リカ
●アップルよりiPhone発売。
●宮崎県知事選挙でそのまんま東が当選。
2008 ●ビデ倫事実上消滅。
●恵比寿マスカッツ結成。
●芸能人専門メーカーMUTEKI登場。
●AV出身の鼠先輩がブレイク。
●希志あいの、辰巳ゆい、Hitomi
●東芝、HD DVD事業から撤退。次世代DVDはブルーレイに一本化される。
●秋葉原歩行者天国で大量殺傷通り魔事件。
●リーマン・ブラザーズ破産
2009 ●老舗AV誌「オレンジ通信」が休刊。
●ブルーレイAVリリース本格化。
●微乳女優が人気に。
●小澤マリア、蒼井そらなどが海外で話題に。
●原紗央莉、藤浦めぐ、あいださくら
●オバマ大統領就任。
●民主党、国民新党、社民党による政権発足。
●酒井法子、覚せい剤所持で逮捕。
●マイケル・ジャクソン急死。
2010 ●旧ビデ倫とCSAが統合し映像倫に。
●Twitterを始めるAV女優が激増。
●エスワンが日本初のアダルト3D作品「3D×佳山三花」「3D×麻美ゆま」を発売。
●やまぐちりこAVデビュー、空前の大ヒット。
●ほしのあすか、瑠川リナ、仁科百華
●小惑星探査機「はやぶさ」帰還。
●113年間で最も暑い夏だと気象庁が発表。
●尖閣諸島中国漁船衝突事件。
2011 ●小向美奈子AVデビュー。
●AKBそっくりさんAVが多数リリース。
●「YOYOCHU」「監督失格」などAV関係の映画が劇場公開される。
●ソフトオンデマンドがニコファーレで「SOD大賞」をネットで生中継。
●成瀬心美、絵色千佳、由愛可奈
●東日本大震災と東電福島第1原発事故。
●サッカー女子W杯で、なでしこジャパンが世界一に。
●アナログTV放送終了。
●北朝鮮の金正日総書記急死。

AV30特設トップページへ